相方のアメリカ赴任についてきてしまった、英語力ゼロ、収入ゼロのプー太郎の雑記です。カリフォルニア州サンマテオ郊外の田舎町在住。
by koguren
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カテゴリ
全体
一時帰国
運転免許、交通関係
WHOLE FOODS
ヨーグルト
英会話ESL@サンマテオアダルトスクール
TRADER JOE'S
歯医者
食材・食品等
お菓子・ジュース等
習い事・趣味
お出かけ・ショッピング・レストラン等
サンフランシスコ
サンマテオカレッジ
旅行
未分類
以前の記事
2018年 10月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
フォロー中のブログ
shina_poohな日...
ひとりぼっちランチ
Santa Clara ...
ベンチュラ郡の青い空
ひとりごと 。
Yokohama Bay...
最新のコメント
> さわさん コメント..
by koguren at 04:49
しみじみ。 奥が深いな..
by さわ at 21:37
> Webleyさん ..
by koguren at 05:23
こぐれんさん、とりあえず..
by Webley at 04:10
> こうよしさん ホン..
by koguren at 03:05
ブログ2周年記念、おめで..
by こうよし at 22:57
> JPNSFOさん ..
by koguren at 14:15
ブログ2周年おめでとうご..
by JPNSFO at 13:24
> るいこりnさん あ..
by koguren at 11:25
ブログ2周年記念おめでと..
by るいこりn at 09:40
メモ帳
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusha..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ブログ日本版のご紹介
at 2018-10-21 19:34
ブログ引っ越します
at 2017-06-14 12:14
ブログ始めて約2年経ちました
at 2017-06-13 11:47
サンフランシスコ ~デ・ヤン..
at 2017-06-12 14:18
サムトランスバス SamTr..
at 2017-06-11 16:47
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
つぶやき
海外生活
画像一覧

さよならラスベガス

また会う日まで。
e0351841_03053269.jpg

e0351841_03073374.jpg
まあ、また来ることになるだろうけど。

アダルトスクールに戻ってクラスメートと話したら、1回目はいいよ~2回目以降はつまんないよーって言われちまったぜぃ。

まぁ、そんな気もする、だけど、ショーは見たいなぁ。

あとは、足を伸ばして一日観光ツアーみたいなのとかに行ってみるとかね。

帰りの飛行機が暗くなってからの離陸だったので、不思議な光景を見ました。

普通、夜の明かりが切れて真っ暗になるのって、陸と海の境だよね?
だから、中心街から明かりが段々フェードアウトしていって、最後、海岸線の辺りでぐにゃぐにゃした線を描いて、明かりがなくなる、よね?伝わるかな。

でも、ラスベガスって人工都市なので、中心街だけメチャ明るくて、あと急に暗くなって、さらに、ある直線ラインから先、プツっとまっくらけーになる

そのラインから先、砂漠なのね、っていう。
ラインの境界って、地上に立ったらどんな光景なんだろう?
人の家があって、その塀の隣から砂漠、とかなわけ?

すごーくふしぎ、そこ、行ってみたい。

今回、アメリカ国内旅行は初めて、しかもラスベガスってカリフォルニア州じゃなくてネバダ州なので、普段と違う体験もしました。

まず、アメリカの飛行機は国内路線でもセキュリティチェックが海外旅行並み。
そもそも、日本からアメリカ来る時もビックリしたけど、靴まで脱がされるんだよね、イギリスは脱がなかった気がするんだけど(定かではありませんが)。

今回使用したのはユナイテッド航空で、ANAとの提携があるためか、チェックインの画面が日本語対応なのはありがたいところ。

機内は狭く、ラスベガスの1時間半程度ならまだしも、これでニューヨーク6時間かと思うと、日本の高速バス東京ー名古屋6時間より、遥かに拷問です。
来年は行きたいんだけど、ニューヨーク。

機内の飲み物はどっちも選択をミスって、行きのトマトジュースは塩辛く、帰りのクランベリーアップルは甘すぎ、次は大人しくコーヒーにします。

ネバダ州はカリフォルニア州と違って、ビニールの買い物袋が普通に使えます。

あ、前提のお話が先ですね。
カリフォルニア州は何年か前に、環境問題の視点から、ビニールの買い物袋の使用が禁止になり、代わりにこんなごっつい紙袋が使われるようになったのだとか。
e0351841_05484136.jpg
これが使いにくい上、日本円にすると30~40円くらいするんです、だから、皆エコバックを持ち歩くようになってて。
店員も決まり文句のように、Do you need a bag?って聞いてきます。

今回、普段からよく行くチェーン店のドラッグストアに行ったら、何も聞かれずに買い物袋に入れられて、あ、お金かかるって思ったのですが、レシート見てもお金は取られてませんでした。

しかも、この店のビニール袋なんて初めて見た、新鮮。
e0351841_05485035.jpg
あ、カリフォルニア在住以外の人には、まーったく珍しくないね(^^;

ラスベガスは意外と、海外旅行に慣れていない人にも行きやすいかも。
それは、全貌の把握しやすさに加え、治安のよさ
少なくとも観光客がウロウロするホテル街の中心部はコンパクトにまとまっているし、夜でも危ない感じがしません。
さらに、ショッピングセンターではしょっちゅうガードマンに出会います

サンフランシスコほどごみごみしてないので、スリとかの危険も低そう。

日本に比べれば驚くこともあるとは思いますが、1人でぷらぷらしていても大丈夫な街です。

特に、カリフォルニアから行くとギリギリ時差がないので、サンフランシスコやロサンゼルスと組み合わせて足を伸ばすと、負担のないプランが組みやすいと思われます。

物価は観光地相場でちょっと高めかなという感じ。
東京より高いカリフォルニア州から見てもそうなので、日本から来ると日用品などはかなり高く感じるかもしれません。

買わなきゃいいのですが、水とかは買わないわけにはいきません。
そもそも砂漠地帯で無理して水を引いてるらしく、うがいするだけでもへんな味します。
初日はホテル内で買ったら、普段は2ドルしない水が5ドルしたので、翌日はドラッグストアで買いました。
それでも2.5ドルしました。

あと、ボクが今回一番ミスったのが、パジャマがないっ
もう旅行先では浴衣とか必ずある日本の旅行準備しか頭になかったので、パジャマがなくて愕然としました。
ホテルによってはバスローブとかパジャマ様のものがあったりしますが(実際、去年サンフランシスコのホテルに泊まった時は困らなかったはずなので)、持ち歩く方が無難です。

ちなみに去年旅行で来た時にミスったのは、歯ブラシがないっ
アメリカのホテルは歯ブラシはありません、ご注意を。
シャンプー等はあります。
さらに、売ってる歯ブラシもデカいので、日本でも小さいサイズをご使用の方は、こちらでは入手困難です。
行きの機内で気づけば、航空会社によっては機内で貰えたりしますけどね…

とまあ、相方はアメリカ旅行慣れてんだから、事前に言ってくれよって思うのですが、相方の必要なものとボクの必需品との間に大きな乖離があるので、気づかないらしい、ま、そりゃそーだよね。

自分がしっかりするしかありません。

相方が事前に気づいてくれたのは、室内用スリッパ
アメリカは靴を脱ぐ文化がないので、これもホテルにはないことの方が多いです。
ずっと靴はしんどいので、使い捨てでもあると便利です。

ってなわけで、アメリカ国内旅行で気づいたあれこれでした、あれ?題名とだいぶ違うじゃんね😌

にほんブログ村 海外生活ブログへ


[PR]
by koguren | 2015-12-06 06:04 | 旅行 | Comments(0)