相方のアメリカ赴任についてきてしまった、英語力ゼロ、収入ゼロのプー太郎の雑記です。カリフォルニア州サンマテオ郊外の田舎町在住。
by koguren
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
全体
一時帰国
運転免許、交通関係
WHOLE FOODS
ヨーグルト
英会話ESL@サンマテオアダルトスクール
TRADER JOE'S
歯医者
食材・食品等
お菓子・ジュース等
習い事・趣味
お出かけ・ショッピング・レストラン等
サンフランシスコ
サンマテオカレッジ
旅行
未分類
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
フォロー中のブログ
shina_poohな日...
ひとりぼっちランチ
Santa Clara ...
ベンチュラ郡の青い空
ひとりごと いん かりふ...
Yokohama Bay...
最新のコメント
> さわさん コメント..
by koguren at 04:49
しみじみ。 奥が深いな..
by さわ at 21:37
> Webleyさん ..
by koguren at 05:23
こぐれんさん、とりあえず..
by Webley at 04:10
> こうよしさん ホン..
by koguren at 03:05
ブログ2周年記念、おめで..
by こうよし at 22:57
> JPNSFOさん ..
by koguren at 14:15
ブログ2周年おめでとうご..
by JPNSFO at 13:24
> るいこりnさん あ..
by koguren at 11:25
ブログ2周年記念おめでと..
by るいこりn at 09:40
メモ帳
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusha..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ブログ引っ越します
at 2017-06-14 12:14
ブログ始めて約2年経ちました
at 2017-06-13 11:47
サンフランシスコ ~デ・ヤン..
at 2017-06-12 14:18
サムトランスバス SamTr..
at 2017-06-11 16:47
サムトランスバス SamTr..
at 2017-06-10 15:09
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
つぶやき
海外生活
画像一覧

<   2016年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧

セドナ旅行(6)エアポートメサ

さて、テラカパキのカフェでのんびりしたボクらは、本日のクライマックス、エアポートメサへ向かいます。
夕方なので、そろそろウーバーつかまるかな…と期待したものの、あえなく撃沈。
仕方ないのでタクシーに電話したら…なんと、留守電。
って、足がないじゃんかよ~

どーすっぺ。

地図上では徒歩で1時間ちょっとって出てきました、うーん、今から歩けば間に合うけど…

でも、サンセットを見たかったら今日しかないし、それでなくともエアポートメサにはいっときたい。
しゃーない、歩くべし。

歩いてみてわかったのですが、テラカパキからザ・ワイと呼ばれる分岐地点まで北上し、ウエストセドナを突っ切る89Aを西に歩く間は、すべて車道と段差のある歩道が整備されていました、なので、明るければ難なく歩けます。
夜になるといくら道がわかっていても、ちょっと歩きたくないかも、ほとんど街灯がないので。

最後、89Aからエアポートメサに向かって南下する、ゆるい登りのエアポートロードの部分だけが、段差のある歩道がありませんでした、ここはちょっと緊張したね、歩いてる人いないしね。
e0351841_16520395.jpg
なだらかな登りで、振り返ると結構登ってきてることがわかります。
e0351841_16520271.jpg
結局テラカパキを出てから1時間もかからずに、エアポートメサの入り口に到着。
e0351841_17000677.jpg
歩いてよかったね。

エアポートメサはこじんまり、10分程度で頂上です。
e0351841_17000623.jpg
ボクらは1時間疑似トレイルしたような感じだったけど、車でパーキングまで来ちゃえばすぐ頂上です。
そのお手軽さの割には、パワーは強いらしいんだけど。
e0351841_17000522.jpg
この辺の木は、そのパワーを受けてねじれてるという話だよね。

実際、友人はここでまたも、カセドラルロックを登った時のように足がどんどん前に進み、頂上でどーっと何かが降りてきて、ぶわーっと涙が出る体験をしていた模様。

相変わらずボクは、気持ちいいな~間に合ってよかったな~赤土に夕焼けっていいな~とかしか思わないのですが…
とりあえず、ぐるっと1周…
e0351841_17000495.jpg
e0351841_17000515.jpg
e0351841_17124966.jpg
e0351841_17125005.jpg
e0351841_17000613.jpg
…したつもりだったけど、明らかに写真がつながってないじゃんね(汗)まぁ、とりあえず大パノラマだったってことで。
太陽はまだ高さがあるかな。
e0351841_17125024.jpg
この日は6時半過ぎに日没だったので、あと20分くらい。

友人は、日の光がダイレクトに当たるスポットに落ち着きポイントを見つけたらしく、まばゆい光の中に腰を落ち着けて日没を待っている様子。
後から聞いたら、光ではなく、カセドラルロック同様、風の通り道だったことがはまった理由だったそうな。

とりあえずパワーはよくわかんないので、眩しくない裏側でちと時間つぶそ。
ヨガやってる人、瞑想してる人、ごろんとしてる人、立ってる人、皆思い思いの格好で待ってます。

あ、この景色、いいね。
手前の左側の山に隠れて、右側の明るい岩に押しやられてるようにも見える、真ん中の奥にひっそり見えているあの岩、なんかすごくシンパシー感じるなぁ。
e0351841_17180637.jpg
実際には赤色がもっと鮮やかで、もっととがった感じの岩で、だけどすごく奥にあって、なんか気になる岩。

腰を下ろしてのんびり眺めていたら、あー明日の今頃はリーディング終わったころかぁとか、またごにょごにょ考え始めちゃいました。

きっとね、こういう時に、頭を空っぽにして、ほ~って感じられないのがボクの弱点なんだろうなぁ、と思ったり。
スピリチュアルを感じまくっている友人と行動しているので、何にも感じない自分に、複雑な気持ちがないといえば嘘になります。
ボクひねくれぼーだからな、なんか大事なものを受け取れてないのかも、とか。

ひねくれぼーな証拠に、あの岩を見て、就職試験の面接訓練を思い出しました、いつの話だよ(笑)。

当時集団面接が流行っていて、仕切り役をうまくやると得点高しってことで、いかに仕切るかって練習をさせられたんだよね。
でも、ボクは最初から仕切り役は諦めてました、中心になって引っ張るタイプじゃないし、簡潔に議論をまとめるのも苦手だし。
そんなボクがトレーナーから指摘されたのが、オピニオンリーダーになれ、ってことでした。
つまり、仕切らないけど流れを変える発言をして、採用担当者に印象付けろ、ってテク。

あの奥の岩は、大してインパクトないでしょ?
だけど、あることによって、この絵に動きが出てるというか、ベタさがなくなっているような気がするんだよね。
なんかオピニオンリーダーみたいな岩だなぁ、って思って。

あーあ、結局ごちゃごちゃ考えているうちに、かなり日が落ちてきました、見に行かなきゃ。
e0351841_17434024.jpg
e0351841_17434127.jpg
最後一点キラッと光ったと思ったら、沈んじゃうのね。
e0351841_17434060.jpg
沈んだ後は一時こーんもり明るくなって、不思議な光景。

余韻に浸っていたかったけど、ここからは一気に暗くなるので、歩きのボクたちは早々に下りて、昨日も行ったスーパーWHOLE FOODSホールフーズへと向かって歩きました。
ここからホールフーズまでは、ゆるい下りを歩いて大通り89Aにぶつかったら割とすぐなので、難なく歩けました。

ホールフーズに来たのは、ガイドに載っていて狙っていたのに買うのを忘れた、セドナ限定ハーブティーとボルテックスのエネルギーが入っているというスプレーを再度探すため。

ハーブティーの棚は、ウチの近くにある商品と同じものがずらっと並んでて、セドナのなんて…あ、あった。
e0351841_17561668.jpg
よーくよくみないと、埋もれてるので見落としちゃいます。
セドナ限定とか目立つようにしといてくれたら、もっと売れると思うんだけど…

Sedona Sunset BlendとBell Rock BlendとCathedral Rock Blendの3種類があり、さらに3種類が少しずつ入ったTea Samplerがありました。

スプレーは自力で見つけられず、これまたガイドの写真を店員さんに見せたら、おー来た来た!みたいな反応?でありかを教えてくれました。
e0351841_17561766.jpg
ところが、これ、裏をよく見ると
e0351841_17561719.jpg
日本語…?
どうやら、日本に輸入されて売られてるモノみたいです。
とすると、ここで売っているのは、日本から来てる…?わけないよな、日本人観光客向けに取り置きしてんのか?

よくわかりませんが、とりあえず日本では3500円で売ってるみたいですよ。
ここでは18ドルでした(笑)。

テスターを試したら、友人は緑色のボトルが気に入ったみたいでしたが、残念ながら品切れ。
ボクは、試したら匂いが混ざってもう何が何だかわからない…
というわけで、スプレーは共に購入断念。

さて、ハーブティーを買ったところで、今度こそウーバー!
呼べましたよ、だけど、昨日と同じ運転手さん来ました、Youが働いてくれててよかった、ホントに。

この日の夕飯はタイ飯レストラン、タイ・パレス・アップタウンへ。
e0351841_18124194.jpg
いかにもタイ?なお庭。
e0351841_18124267.jpg
建物も雰囲気ありました。
e0351841_18124105.jpg
タイ風焼きそばと、エビとなにやら(忘れた)のサラダ。
e0351841_18124231.jpg
庭の席なので、暗くて全然わかんないね、でも、美味しかった。
焼きそばの麺がもちっと伸びてフィットする感じ、トッピングに選んだ揚げた豆腐もカリッとして香ばしさがプラスされました。
ピーナッツの砕いたのがタイらしい味にしてるなぁと思ったり。

こっから歩いて帰れるんだ、やれやれ、ビバ!アップタウンホテル。
今日も一日お疲れさまでした…😊

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by koguren | 2016-09-30 18:32 | 旅行 | Comments(0)

セドナ旅行(5)テラカパキとその周辺

さて、ボイントンキャニオンからトロリーでアップタウンに戻ってきたボクたちは、着替えてお昼にありつきに出かけます。

今日は、絶景ランチと教えてもらった、ル・オーベルジュ・レストラン・オーククリークへ。
e0351841_14504368.jpg
…行ったのですが、確かに絶景なのですが、ブランチビュッフェが1人54ドル、しかもビュッフェだから自分で取りに行かなきゃいけなくて落ち着かない感じなのです。

どうも、日曜の特別バージョンらしい。

聞いたら、朝8時から9時半までは朝食タイムだとか。

うーん、明日出直す?ホテルの朝食、変わり映えしなかったもんね、ってことで話がまとまりました。

が、問題はこの先、今日の昼、どうする??

このレストラン、川べりの絶景にあるのはいいのですが、歩きのボクたちにはちょっと遠いんだよね。
直接川の方向に下りれれば近そうなんだけど、ぐるっと回る道しかない。
そして、来るときになだらかな下りだったということは、こっちからは上り坂…

あーあ、歩きたくないけど、この近辺何もないので戻るしかありません。

と、重い足取りで歩き始めたその時、なんと、1台の救世主がボクたちの前に!
「乗ってく?」
えー、マジですか~~女神たちよ、ありがとう(涙)

まぁこんなとこ歩いてりゃ、この先長い一本道を上まで行くんだろうなってバレバレなのですが、まさかヒッチハイク?させてもらえるとは思わなんだ。

見ず知らずの人の車に乗って大丈夫なのか?とのご意見はごもっともですが、まぁ相手は女性2人組だし、ここセドナだし(ってなんだよ?)、なんら疑わず乗せて頂きました。

どこ行くの?って話で、次の候補だったレストランが載ってるガイドのページを見せたものの、その女神たちもセドナは初めてとかで、いくら住所が英語で書いてあってもよくわからない様子。

とりあえず、なんか店が集まってるポイントに来たので、あ、もういいです、ここでオッケー、あと何とかします、って降りようとしたら友人が
「あ、ここだよ、レストラン!」
e0351841_14345627.jpg
いやー、セドナパワー、感謝感激雨あられ。

到着したのは、これまたテラス席が人気とガイドに書いてあった、クリークサイド・セドナ。
e0351841_14244247.jpg
e0351841_14244371.jpg
e0351841_14244309.jpg
森の中で食事をしているような雰囲気が味わえる、ロケーション抜群のモダンビストロ
←ガイドの文章のパクリです、なんかうまいと思った?
e0351841_14313763.jpg
スペアリブとキヌアのサラダ。
スペアリブは、ちょっと甘めの、日本人にはなじみのある味付けで美味でした。

すぐ隣が紅茶の専門店で
e0351841_14345712.jpg
e0351841_14345762.jpg
セドナのボルテックスのシールが貼られた袋に入った、たーっくさんの種類のブレンドティーが売ってました。
e0351841_14345638.jpg
丸い透明の容器に入っているのが、香りのテスターなので、お気に入りを探すことができます、が、いっぱいありすぎてどれがよかったのが忘れちゃうよ状態。

ここで友人は、そこにいた見ず知らずのお客さんの子どもになつかれ、ひょいって抱っこしてました、その子のお父さんもニコニコして写真撮ってるし。

なんか、みんなが仲間なセドナ、な感じ全開です。

さて、腹ごしらえ&お土産購入もしたところで、少し歩いたところにあるショッピングモール、テラカパキ・アーツ&クラフツヴィレッジへ。
e0351841_14501188.jpg
ガイドによれば、メキシコの古い街並みを再現しているらしい。
e0351841_14501147.jpg
え、メキシコ?
e0351841_14592489.jpg
ま、いろんなお店があるってことです。
e0351841_14590843.jpg
結構広いのね。
でも、歩き回るにはちょっと疲れちゃったな…
e0351841_14490370.jpg
あーっ、そうそう、アイス食べたかったんだよ。
e0351841_14490304.jpg
コーヒーシェイク、いいね、これにしよう。
店の中はチョコやグミがいっぱい。
e0351841_14490549.jpg
e0351841_14490445.jpg
なのですが、肝心のコーヒーシェイク、コーヒーアイスを切らしていてできないんだって…
そんなら看板しまっといてよぉ、ぐすん。

なんかコーヒー味以外のアイスって気分にもならなかったので、大人しくカフェに行きました。
e0351841_14545353.jpg
気持ちいい席でしたよ。
e0351841_14490551.jpg
のんびりしてたら、あぁ、なんか明日で終わっちゃうのか、みたいな気分になりました。
e0351841_15014534.jpg
モ~、じゃないな、パオ~ン、でもないな、なんて鳴くの、キミ?

さて、まったりモードですが、今日はこの後もう一仕事、エアポートメサにサンセットを見に行きますよ!
明日はリーディングで行けないから、今日しかないのです。
というわけで、セドナ旅行(6)に続く…😉

[PR]
by koguren | 2016-09-29 15:11 | 旅行 | Comments(0)

セドナ旅行(4)ボイントンキャニオン

さて、初日にカセドラルロックに登ったボクは、案の定筋肉痛にさいなまれながら、今日はボイントンキャニオンに向かいます。

足が筋肉痛なのはわかるんだけどさ、腕が足以上に痛いんだよねー。
這いつくばって登った時に、腕にもだいぶ力かかってたんだね。

さて、今日は朝9時のトロリーバスに乗って、4大ボルテックスの2つ目、ボイントンキャニオンに向かいます。
朝9時は始発の便で、お客さんも3組だけ、新婚旅行(だと思われる)日本人のカップルと、テキサスから来たという初老のご夫婦でした。

このトロリーバス、単なる移動手段ではなくて、はとバス?みたいなものらしく、走っている間、陽気な運転手さんがいろいろ解説してくれます、もっち英語なんでよくわかんなかったけど。
e0351841_06514171.jpg
歴史の話やボルテックスの話、地元の郵便局の話や高校の話もしてました。
郵便局は、なんか作るの大変だったみたい、ワシントンがどうこうって言ってた気がするけど、何だったんだろ。
高校は、なんかのスポーツが強いって言ってた気がする、忘れてしまった。

三本のフィンガーって言ってた岩
e0351841_06555200.jpg
途中、絶景スポットの駐車場で止まって、写真撮影のお時間も
e0351841_06490873.jpg
e0351841_06555265.jpg
一瞬、こんなところで降ろされてもトレイルヘッドがどこかわからん!って思ったけど、途中でした。

というわけで、ここからもうしばらく乗って、ボイントンキャニオンに到着。
e0351841_07155381.jpg
e0351841_07155330.jpg
平坦な道ってか、むしろ若干の下り坂もありつつの緩いトレイルをしばらく歩くと、分岐点です。
e0351841_07203141.jpg
今回は2時間後のトロリーに乗らなきゃなのと、カチーナウーマン・ロックが目的だったので、直進のビスタ・トレイルへ。
この付近からは上りになりますが、もう普通のスニーカーでも行けるレベルです、筋肉痛さえなければ…

ここは、女性性をつかさどるカチーナウーマンと
e0351841_07144219.jpg
男性性をつかさどるウォリアー
e0351841_07123625.jpg
が向かい合わせになっているので
e0351841_07123686.jpg
両方のエネルギーが渦巻くパワーの強いボルテックスらしい。
うーん、なんだか右のウォリアー君が求婚してるみたいに見えるのはボクだけ…?

途中でこんなものをいくつも見つけました
e0351841_07320501.jpg
実はここ以外でも、セドナで時折見かけた、この石を積んだ塔。
ボクには、地獄絵巻に出てくる、三途の川で、親より先に死んだ子供たちが積んでいるという石の塔にしか見えないのですが…
それとは違うと思うので、誰が、何の目的で積んでるのか気になるところ。

さて、ここはあっさりエンドオブトレイルにつきます。
e0351841_07423037.jpg
反対を見やれば、目的地カチーナウーマン
e0351841_07472516.jpg
近づいてみましょう
e0351841_07481731.jpg
友人は、この割れ目にすっぽりはまる感じで気持ちよか~と顔をうずめていました。

反対側の日の当たらない部分に回ると、絶景が広がっていました。
e0351841_07422938.jpg
あんなとこに人住んでんの?でも、なんか施設みたいだなぁ。
はっきりとはわかりませんが、位置的には、世界のセレブ御用達とか言うホテル、エンチャントメント・リゾートではなかろうかと推測。

ここは岩がひんやりして気持ちいいうえ、ごろんとするのにちょうどよいくぼみがあって、しばし空を仰いで休憩。
e0351841_07425683.jpg
うーん、ほんっとーに気持ちよかったんだけど、この写真じゃ何を撮ったかわからんばい。

うつらうつらすること30分くらいいたのかなぁ、突然、スマイリーな男の人に話しかけられました。

その人は、ハート型の石💛をボクらにくれて、胸に手を合わせて、この石を持ち帰って、ラブとピースを広めてください、お会いできたことに感謝します、みたいなことを言ってて。

ボクは最初牧師さん?って思ったんだけど、しばらくするとその人は岩のてっぺんまで行って、リコーダーのでっかいヤツを吹き始めて、儀式らしいものを始めました。

あー、ガイドで見た、ネイティブアメリカンの儀式、みたいなので、あの人はその儀式を司る人だったのか…と納得。

この笛の音が、澄み切った空気にすごく丸く柔らかく、ボクは心の底から聞き入ってしまいました。

…が、友人はというと、せーっかくいい気持で感じていたのに、なんかちょっとジャマされちゃったな…って感じだったらしい(笑)。

いやー、本当に、同じものを見聞きしても、感じ方って人それぞれなんだなぁと、改めて気付かされました。

多分友人は、ボルテックスでパワーというかスピリチュアルを感じまくっているので、どこまでも正直に、自分の感性で自分のペースで感じ切りたかったのかなと。
ボクはといえば、あんまりそういう感じがない分、儀式とか納得させられる形式の方がわかりやすかったのかなぁ、とか。
あと、ボクはもともと人との関係性で生じる出来事に弱いのかもとか、単純にオカリナ奏者宗次郎が好きなくらいなので、この手の笛の音に弱いのかもとか、まぁ答えは出ませんが、すごく面白い出来事でした。

友人の直感は、ハートの石もここに返していきなさい、とささやいたそうで、地面にお返しして帰りました。
e0351841_07440233.jpg
あ、ボクは後生大事に持って帰ってきてます(笑)。

そろそろトロリーの時間もあるので、帰るとしますか。
反対側のウォリアーにも近づけるのですが、友人はこっちのパワーとはそりが合わないのか、なんだか近づく気にならないとのこと。
ボクはなんも感じないので、てててっと近づいて、タッチ
e0351841_08134727.jpg
そうねぇ、確かに、カチーナウーマン的気持ちよさはないかもしれないなぁとは思いました。

さっきのスマイリーおじちゃんは、まだ笛を吹いてました。
e0351841_07440268.jpg
おそらく、傍らにいる2人のための儀式なんだろうね。
上まで行くのはイレギュラーなルートだと思われるので、ガイドなしでは行かれないと思います。

空気が澄んでいるせいか、おりる間もかなり遠くまで、笛の音は聞こえていました…
e0351841_08392359.jpg
セドナって赤土の砂漠なイメージだったけど、実は緑多いよね。

到着の9時半から2時間後の11時半についたトロリーは、なんと満席でした、しかも、降りてハイキングする人がほとんどいない。
席があるのか心配になりましたが、ちょうど4つ空いていてぴったりだったので、一応数は把握して売ってるのかな。
この日は日曜日だったからだと思いますが、11時発くらいのトロリーをお考えであれば、切符を早めに押さえたほうが良いかもしれません。

なんだか、すごーく疲れが取れたボイントンキャニオンでした、筋肉痛は取れなかったけど…

[PR]
by koguren | 2016-09-29 08:47 | 旅行 | Comments(0)

セドナ旅行(3)アップタウンとWHOLE FOODS

最難関カセドラルロックを無事登ってきたボクたちを迎えてくれたのは、行きに送ってくれた犬付きのタクシーではなく、オープンカーでボロボロの配線がむき出しになった、今にも廃車になりそうな車…

運転手さんが同じ人なので、というか、どうも彼がひとりでやってる会社らしいとわかってきたのだが、なのでこれに乗るらしいとわかったものの、なんだかビミョー。

おいしいハンバーガー屋さんがあるけど、案内しようか?と聞かれたものの、とりあえず着替えたかったので、ホテルに戻ってもらうことに。

そしたら、途中ですごーい渋滞だから、大回りして帰るよって言われて…
なんと!オープンカーで、多分軽く100キロ以上はぶっ飛ばして、田舎の一本道を大疾走!!

セドナに行ったことがある方なら、いや、行ってなくても地図を見ればわかるのだが、カセドラルロックからホテルまでは、どう見ても1本道、迂回のしようがありません。

今どこ走ってんのか??と思ったら、コットンウッドの表示が…

ほへーっ、隣の街じゃん?コットンウッドって…

ボクはほんのちょっぴり、まさか誘拐されてるとかいうオチはないよなぁ…と思ったほど、遠方に来てしまいました。
運転手さんはノリノリで、ビーフジャーキーとかくれるんだけど、これは餌付けか…みたいな(爆)

途中にワイナリーがあるとかいう説明をのんきにしているので、さすがに誘拐ではなさそうだなぁとか。
むき出しの配線から発火しないかなぁとか。

行きはホテルから20ドルだったけど、帰りはいくらになってしまうのか…等々途中までは心配してましたが、もうどうでもよくなって、まぁせっかくだから楽しも~と思って、景色眺めてました、日差しが暑かったけどね。
e0351841_14135713.jpg
e0351841_15570245.jpg
で、ドライブを満喫したなーってくらいの時間?走って、無事渋滞に巻き込まれずホテルに到着。
そしたら、帰りも20ドルでした、渋滞で遠回りしたんだから、関係ないよって。
ある意味超お得なドライブでした、ピンクジープツアーに興味あったけど、もう疾走系はいいやってくらい堪能しました。

でもさ、いっこだけ突っ込んでいい?
友人とも一致したんだけど、多分渋滞に並んだほうが早く着いたよね、ってくらいの大回りでした。

さて、ホテルで街歩きモードに切り替えて、もう3時くらいだったけどお昼を食べに再びアップタウンへ。
地元でも評判のベーカリーってガイドに書いてあった、ワイルドフラワー・ブレッドカンパニーへ行きました。
セドナのスタバのテラス席が絶景って教えてもらったので、その並びにあるこの店でも同じような感じかな、って期待して行ったら
e0351841_14135868.jpg
確かに、絶景のテラス席でした、気候的にもちょうどよくて最高。
e0351841_14135739.jpg
パスタとサラダをシェアするつもりが、勘違いしててサンドイッチでしたが、ローストビーフたっぷりだけど酸味の効いたさっぱりした味付けで、パスタも野菜がたっぷりで、人気店というのも納得。

もうなんか、午前に一仕事しちゃったので、のんびりモード。
この時に、ちょっと考えさせられる話になって。

今ボクは、自分は何がしたいのかとか、何が好きなのかとか、何してると嬉しいのかとか、どうなりたいのかとか、実はよくわかんないんだよね。
で、これは今までずーっとそうだったような気もするんだけど、今、時間があるから考えちゃうんだよね、要はヒマなんすよ。

あーでもないこーでもないの紆余曲折の会話を経て、この時ボクがいたった暫定結論が、
「ボクは、人が喜ぶ姿を見たくて、そのために何かをするのが好きだ」ってこと。

自分がこれがしたいってのが強烈にあるわけじゃないんだけど、誰かが喜んでくれるなら、そのために何かをしたい、っていうか。

「お客様の笑顔に会いたくて」というキャッチフレーズは、わりと理解出来ました、そんなきれいごとでもなく、ホントに見たいよな、みたいな、そんな気持ちはありました。

偽善者だと言われるかもしれないけど…

でも自分が今までしてきたことは、どっちかというと、自分はこれがやりたいはずだと(信じて)選んできたことで、どうも「笑顔に会う」ことからは遠かったのかも…とか。

そんなことをぐっちゃらぐっちゃら話しました、けど、この話が後から蒸し返される?ことになるとは、この時は思いませんでした。

さて、今日中にやっときたいこと、明日以降の行動のお膳立てです。

まずは北のボルテックス、ボイントンキャニオンへ連れて行ってくれるというトロリーバス乗り場を確認。
e0351841_15072162.jpg
これこれ、チケット売り場。
翌日分も買えるというので、9時出発で2時間のトレイル後に拾ってもらうパターンの切符を買いました。
e0351841_14135840.jpg
置物かと思ったら、生きてる鳥でした…あーびっくりした。

そしてもひとつ、もしリーディングやらヒーリングやらを受けるのであれば、早めに手配したほうがいいかも、といいつつ、受けるかどうかも迷っているという状態で。

とりあえず、ホテルのすぐ近くにあるショッピングモールみたいなところ
e0351841_14135639.jpg
e0351841_14135721.jpg
この中にあって、ガイドにも載っている
e0351841_14135616.jpg
ボディブリス・ファクトリーダイレクトを覗いてみました。
ここはセドナ定番のパワーストーンはもちろん
e0351841_15135319.jpg
化粧品やボディケア用品の類も売っていて、しかもそんなに高くなくてなかなかグッド。
e0351841_15135372.jpg
日本人の店員さんがいて、日本語で説明をしてもらえたので、今使いたいってモノをゲットできました。
が、アメリカ国内旅行で、手荷物はすべて機内持ち込みにされる場合、100ml以上のモノは買えないのでご注意を!
一番小さくても100mlを超えていたために、買うのを断念したモノもありました。

行く前から買おうと思っていたバスソルトも、ここでゲット。
e0351841_15135493.jpg
さて、この店に来た一番の理由は、このお店でもリーディングを受けられると、ガイドに書いてあったから。
オーナーのチャンダさんが、パワーストーンのオラクルカードを使ったリーディングや、自分を知るアロマ占いをやっているらしい。
で、お店にそのチャンダさんもいらしたのですが、結構はっきり言いそうな感じ…に見えて、ちょっと受ける自信ないかも、今、何言われても落ち込むし…というのが第一印象。

うーん…と思っているボクを横目に、リーディングについて聞いている友人。

まぁアロマ占いの方だったら、受けてもいいかなぁ…

と思いながらパワーストーンを見ていたら、日本人の店員さんから、気になるのを選んでみては、と言われたので、選んでみました。
それは、多分上の写真の左端に写ってる、白と青と茶色が層になっている石でした。
そしたら、面白い石を選びますね、って。
今、何か変化している時ですか?心がざわざわしてませんか?って言われて…
はぁ、まぁ、いつもざわざわしてますけど、まぁこんなもんだと思ってますけど、いつもそうなんで、って話したら、本来は落ち着いた状態でいられるはずで、この石はその落ち着きを取り戻す石です、みたいなことを言われ。

うーん、なんか、読まれてるよな、この石選んだのボクだしな…
人によっちゃ、これは騙されているとゆーのかもですが、こーゆーとこはボク素直なので、一気にパワーストーンのリーディングへの興味が全開。
受けるとしてもアロマ占いかな、なんて思っていたのはどこへやら…

というわけで、もともとスピリチュアってた友人もろとも、リーディングを受けることになりました。
日本語の通訳を、その店員さんがやってくれるというのもいいなと思った点でした、ちゃんと背景を理解して真摯に通訳してくれる人だというのがわかったので。

予約が取れたのが2日後、セドナ最後の夜となる日の5時~30分ずつ。
気になることや聞きたいことがあれば聞いてもよいし、なければないでもよいとのこと。
って、そんなこと言われたら、ありますよ、聞きたいこと、だけどな、考えちゃうなぁ。

さて、とりあえず段取りが済んだところで、もうすっかり夕方。
e0351841_14135936.jpg
e0351841_14135980.jpg
昼がガッツり&遅かったので、この日はWHOLE FOODSホールフーズで買って、ホテルで食べることにしました。
この時間帯はウーバー使えました。
e0351841_15454323.jpg
扱ってるモノはウチの近くのホールフーズとかぶりますが、店内の雰囲気はちょっとこの辺りにはない、ベタなスーパーな雰囲気でした。
e0351841_15454399.jpg
e0351841_15454480.jpg
e0351841_15454492.jpg
e0351841_15474087.jpg
日本人がいっぱいいて、同じように量り売りのお惣菜を買ってました。
e0351841_15454233.jpg
そう、セドナ、日本人多いです、ホント。
ボクはアメリカに来て、初めて、中国人より日本人が多い現象を見た気がします…
実際、中国人のクラスメートにセドナの話をしても、全然通じないので、流行は局所的なことなのかも…

買い物して、帰りに再びウーバーを呼んだら、同じ車が来ました…やっぱ少ないのね。

というわけで
e0351841_15515321.jpg
お疲れさまでした😇


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by koguren | 2016-09-28 16:17 | 旅行 | Comments(0)

セドナ旅行(2)カセドラルロック

セドナ、2日目、ま、初日は移動で終わりだったので、観光は実質1日目。

部屋の前の眺めが、何気に絶景。
e0351841_14430621.jpg
朝は逆光だったので、写真は昼に一度戻ってきて撮ったものだけど。
ちゃんと眺める用意もしてあって。
e0351841_15161078.jpg
筋肉痛で歩けなくなったら、ここでのんびりしててもいいや、くらいな眺め。

そう、セドナで有名な4大ボルテックス(要はパワースポットですわな)のうち、一番登山難易度が高いというカセドラルロックを、初日に制覇してしまおうって計画なのです、筋肉痛がないうちに(笑)。

ここは朝食付きだったので、とりあえず腹ごしらえ。
ガイドに書いてあったみたいに、ワッフル焼く機械もあったり
e0351841_15165969.jpg
e0351841_15165934.jpg
しぼりたてヨーグルト?!なわけないのだが、そんな感じにさせる機械があったり
e0351841_15165924.jpg
e0351841_15170093.jpg
とまぁ悪くはないのですが、ちょっと野菜がないんだよねぇ
e0351841_15170091.jpg
メロンばっか食べました…
マフィンやらパンやらは豊富なんだけど。
e0351841_15165940.jpg
さて、ホテルから表に出ると、いかにもセドナらしい景色が広がってます、ホントに、町全体がセドナしてるね。
e0351841_14430347.jpg
e0351841_14430310.jpg
ホテルの向かいが教会でした。
e0351841_14430240.jpg
ホントはこの日飲む水を調達してから出かけたかったんだけど、朝10時前だと店がことごとく閉まってる…
こういう時、車がないと不便ではあります、いわゆるスーパーはアップタウンにはないので。

ホテルの自販機で水を売ってたので、割高ですが1日目は自販機で調達…したら、つり銭切れなのか1ドル札しか受け付けず、無駄にチップ用の1ドル札を食われてしまいました。

さて、さっそくUBERウーバー(下※)を呼ぼう…と思ってアプリを立ち上げたら、ウーバー0台、さ、さすがセドナ…
昨日の夜は走ってるの確認したんだけど、朝からウーバーで稼いでる人はいないのか、ここは。

※UBERウーバー:近年、老舗のタクシー会社をぶっ潰すほどに成長しているグローバルなシステムで、個人の車がタクシーのように利用できる。運転手側は登録制で、客側は専用のアプリを使えば、自国語の画面で配車を手配できる。基本料金設定がタクシーよりも安く、チップも不要、登録したクレジットカードで自動決済される。Air B&B同様、運転手側と客側、双方が相手を評価するため、悪い評価がつくと利用しづらくなる。日本では白タク扱いとなり法的に認められておらず、ウーバーアプリで配車を頼むと、特定のタクシー会社につながるシステムになっているらしい。料金的にもタクシーなので、日本人が日本国内で利用するメリットは皆無と思われる。

仕方がないので、タクシー会社に電話…したのだが、ガイドに載ってた1社目は別の会社に電話しろと言い、言われた2社目に電話したら、30~40分かかるという…

うーむ、困った…

というわけで、ホテルのフロントで事情を話してさらに別のタクシー会社にあたってもらったら、やっぱり30分…もう待つしかないね、ってことで、そこを頼んでもらってホテルのロビーで待ちました。

昨日は夜だから気づかなかったけど、味のあるロビーだったのね。
e0351841_14430400.jpg
で、待つこと30分、タクシーというイメージとは程遠い普通のワゴン車が来て、しかもその車の助手席にいたのが…
e0351841_15311861.jpg
え…犬?

これでタクシーっていわれても、全然意味わかんないんですけど…

たまたま相乗りになった日本人の方が、ボクたちの行き先を確認してくれたので、頼んだタクシーらしいってことがわかったのですが、そうじゃなかったらホントに乗っていいのか超悩んだ気がする。

でもこのわんこ、とってもいい子。
e0351841_15165970.jpg
ちょこなんと、ドライバーのお供です。

途中で相乗りの日本人の方を降ろし、さらに南下してカセドラルロックに到着。
ちなみに、英語の発音はカシードラルロック(シ~にアクセント)って感じ。
e0351841_15435656.jpg
この左矢印のEASYに騙されることなく、まっすぐの王道トレイルに行かれることをお勧めします。
ボクら左に行ったら、人も道しるべも少なく、最後ぜってー無理!な崖にぶつかって引き返しました…多分迷ったってことなんだろうと。
どうせ一番大変な上の部分は1本に集約されるので、こんなところでイージーしなくてもよかったっす。

こいつが道しるべなり。
e0351841_14430646.jpg
肉厚でうまそうな?サボテンなり。
e0351841_14430503.jpg
おー、近づいてきたなり。
e0351841_16011997.jpg
振り返れば、ここでも十分いい眺めなり。
e0351841_15591493.jpg
って、写真じゃどーにもこーにも伝わらないねぇ…まぁボクの腕のなさとスマホカメラの限界ってのもあるんだろうけど、実際にはかなりな壮大感です。

さて、ここから先が難易度高しといわれるゆえん。
e0351841_16020932.jpg
これ行くのかぁ…ガイドで見てはいたけど、あの写真、誇張じゃなかったのか…
えー、登れる気しないんですけど…
e0351841_16082130.jpg
いやーネガティブなことばっか書いてて申し訳ないのだが、ここ来るまでにいろいろありすぎて、もうこの辺りでヘロヘロ…

とはいえ、登り始めてみたら、見ているよりはラク。
みんなが登っているので、足場が出来上がっているのです。

逆に、みんなが登っているからこそ表面がつるっつる、なので、特にボクみたいに普段運動なぞしない人は、靴だけでもいいものを履いてったほうが無難です、あと軍手(手袋)も必須。
ボクは今回、足首までの高さのあるハイキング用の靴を新調していったので、その点は安心でした。
捻挫癖のない人なら高さは不要かもですが、靴底はちゃんと地面を噛んでくれるモノがよいかも。

ホントに不安になるようなクライミングってる個所は2、3か所だったかな、後は延々山道が続くって感じ。

で、ついに!
e0351841_16212576.jpg
キターっ、えんどおぶとれいるっ。
e0351841_16264273.jpg
ここは景色もいいけど、それ以上に風がすこぶる気持ちいい。
なんせ左がこれで
e0351841_17002091.jpg
右がこれ
e0351841_17000432.jpg
だから、ちょうど真ん中が風の通り道なんだね、となりのトトロのサントラの「風の通り道」を思い起こさせるような。

ボクは、ふつーにヘロヘロになって、ふつーにすごく気持ちよかった(笑)
なんじゃそりゃって?

一緒に登った友人は、スピリチュアルにパワーがみなぎって、スピリチュアルに泣けたらしい。
←あくまでボクの表現です、言葉にできない何かを感じた、という方が正しいのだろうと思われます。

なんかさ、途中から見えなくなっちゃったんだよね、いやー普段から鍛えてる人は違うなぁと思ってたのだけど…
友人曰く、頑張ったんじゃなくて、なにかに導かれるように足が勝手に動いて、待とうにも待てないほどどんどん進んでしまって、全然疲れずに上までついて、ついたら何かがどーっときた、ということらしい。

うーん、恐るべしパワースポット、ボクはなーんも感じまへんでしたが、感じる人が近くにいると疑似体験できておもしろいもんです。

ちなみに、友人が感じたのは、エンドオブトレイルの道しるべのすぐ右側の、足元三角スポットのところらしい。
そして、確かにここは、一番風が気持ちいいポイントでした、それは、ボクでも感じられました。
e0351841_17000426.jpg
上まで登った暁には、ぜひお気に入りポイントを見つけてみてくださいまし。

さて、実は行きのタクシー、2時間後に迎えに来てくれることになってたんだけど、道に迷ったりしたせいで既に1時間半が経過…
というわけで、なんと頂上から電話する羽目に…といっても、電話通じるんだよねー、それもどうなのさだけど。
あっさり1時間延長でオッケー、ゆっくり降りることができました。

登るのが大変だったポイントは、降りるのも結構気合いりました。
でも、狭いところはみんな待ってくれて順番に降りるし、そーゆーとこいいなぁと思ったり。

上から見ると、割と細かく道しるべあったのね。
e0351841_15591428.jpg
途中の平らなところで、マット引いてヨガやってる集団がいましたけど、めっちゃ暑そうでした、日差し痛いしね。
ヴォルテックスでのヨガ体験をご予定の方は、季節を選んだほうがよいやもしれませぬ。

4大ボルテックスの1つを制覇した、2日目の午前中でした、長かったけどね、まだ半日😌


人気ブログランキングへ
[PR]
by koguren | 2016-09-27 17:23 | 旅行 | Comments(4)

セドナ旅行(1)導入編

セドナ、行ってきました。
しばらく、セドナ旅行記にお付き合いくだされ。

今、日本でもパワースポットブームで、セドナも流行ってるらしいけど、そもそもボクがセドナを知ったのは、啓蒙本行脚から。
この本なんだけど。
e0351841_15153657.jpg
内容に興味のある方は、「セドナメソッド」で検索すると、個人のブログ等で解説されていたりするので、だいたいの概要はわかるかと思います。
やることは至ってシンプルで、感情をどこかにぶつけるのでも抑え込むのでもなく、解放してしまいましょう、という誘い。
ボク的にポイント高かったのは、こじつけプラス思考じゃないことと、悪い感情だけでなくいい感情も手放しましょう、というところ。
何となく、悪いほうだけやっつける、というのは違うんじゃないか、と思っていたところにピンときたというか。

ま、何事もシンプルなものほど奥が深く、ボクも全然実践が追い付いてないのが実情ではありますが…

とにかく、このセドナメソッドが発展した地としてのセドナを知ったのが、最初の接点でした。

今回、日本から来る友人と合流して、このセドナに行くことになりました。

まぁ、行く前は不安だらけでしたよ、なんせ、英語ダメでしょ、ハイキングもダメでしょ、装備一式そろえたけどさ、どーすんの?宿つけんの?あるけんの?

終わった今だからのんきにブログなんか書いてますけど、どーなることかと思ってました。
クラスメートでセドナ経験がある人がいっぱいいたので、かなり参考にさせてもらいました、ありがとうございました。

さて、一般的にはレンタカーが便利でお得なセドナらしいのですが、なんせ車では痛い目見てるし、友人乗せて事故ったらシャレになんないんで、今回は宿泊を便利なアップタウンにして、レンタカーなしでプランを組みました。

初日はサンフランシスコ国際空港で友人と合流、そして、フェニックス空港行きのユナイテッド航空でアリゾナ入り…
とあっさり書きましたが、実は飛行機に乗り遅れそうになって、係員に探されました…
いや、だってさ、ディスプレイ表示が別の行き先になってたからさー、遅れてんのかなくらいに思ってました…乗れてよかった。

左右2列ずつしかない、本当に小さな飛行機で、機内持ち込みサイズ制限ぎりぎりのボクのカバンは、ホントに荷物入れぎりぎりサイズでした、やれやれ。

空港からはシャトルバスを手配してあったので、着いて早々運転手から電話かかってきて、難なく拾ってもらえました、あ、電話は難でしたけど…
メジャーなガイドには出てないシャトル会社だったせいか、乗り合いになった他3人は全員地元民と、地元民を訪ねてきた友人らしき人で、いわゆる観光客はボクたちだけ。
この日はなんと満月だったらしく、それに絡んでいろいろ会話も弾みました、いや、正確には話しかけられました、こっちは大して返事もできず…
ボクと違ってスピリチュアルパワー全開の友人は、この満月から何やら感じていた模様。

ちなみに使用したシャトル会社はAce Xpress shuttle service。
298 S. 6th St., Cottonwood, AZ 86326 Email: info@acexshuttle.com
2~3週間前までなら、自分たちの日程に合わせてカスタマイズしてくれますが、その後はすでに組まれている予定に入れるとのことで、最終的には乗り合いになります。
往復で1人$109、今回はスペシャルで$99でした、何がスペシャルなのかは不明…

2時間半くらいかかって、ようやく宿に到着したときにはもう8時頃、周囲のお店はことごとくしまっていましたが、レストランの類はやってました。
はぁ、中心部のアップタウンにしといてよかった…
レンタカーなしプランの方は、絶対にアップタウンに宿泊することをお勧めします、若干高めにはなりますが。
宿泊施設が多く、スーパーもあるウエストセドナ地区は、地図的には近そうですが距離あるし、夜、しかも道わかってなかったら歩けません、真っ暗闇

結局近くで明々と電気がついてた、こちらのお店でメキシカンを堪能。
e0351841_15165733.jpg
e0351841_15572272.jpg

e0351841_15153677.jpg
ウチの近辺で食べるのと変わらなかったので、レストランのレベルは悪くなさそうです、お値段はこの近辺よりちょっと安めかな。

ホテルも夜は幻想的な感じで、フロントも遅くてもちゃんと人いるし、悪くないチョイスだったかなと。
e0351841_15153742.jpg
e0351841_15153769.jpg
e0351841_15153892.jpg
アメニティの質も、固形石鹸以外のシャンプー、リンスは悪くなかったです。
さくらの器がおしゃれだったんだけど…見づらいかな。

ここは日本で一般的に出回ってるガイドには、しっかり載ってるホテルです。
e0351841_15165669.jpg
ベストウエスタン・プラス・アロヨローブリホテル&クリークサイドヴィラ
最後まで名前が覚えきれず、運転手にガイドを見せて連れて行ってもらう始末…

ってなわけで、とりあえず何とかたどり着けた1日目、でした。
そう、まだ1日目だよ、先長いねぇ😁

[PR]
by koguren | 2016-09-26 15:38 | 旅行 | Comments(1)

セレブログ

お友だちと素敵なオーガニックのカフェでランチしてきました016.gif


バーリンゲームアベニューって素敵な通りにあるオシャレなカフェ063.gif

新鮮で安心なお野菜がいっぱい
e0351841_17565268.jpg
ケールとか、ビーツとか、日本では珍しいお野菜も060.gif

ターキーのサンドイッチ
e0351841_17552489.jpg
オーガニックのスムージー
e0351841_17551599.jpg
甘さ控えめ、とーってもヘルシー069.gif

カフェラッテもふ~わふわ
e0351841_17553930.jpg
お話もいっぱいして、元気もらいました049.gif

またよろしくね~053.gif053.gif


ーセレブここまでー

どおどお?セレブっぽいブログになった???
ってか、何がしたいのかわからんって?へい、すんません…

なんかさ、ボクには似合わないおしゃれーなカフェに連れてってもらったので、ちょっとそのノリで書きたかったんだよねー。
だけど、普段使わない表現を使うから、全然文章が書けない…

日本語でも、使わない表現は、読めても使えない
当然、英語だったらなおさら、使わない表現や単語は、読めても使えない。
会話はアウトプットの練習だってことに、こんなところで納得。

そして、エモーティコンね、使えた、ボクのパソコンでも。
みんなどーやって出してんだろうと思ってたけど、ちゃんとアイコンあった、見落としてた。
最近はエモーティコンって表現もメジャーだけど、一昔前、文字通り絵文字だったころ
(^^;)←これみたいにね
どうやらアメリカでも”Emoji”って言われてたらしい。
結構日本語ってそのまま使われてたりすんだよね、sushiとかさ。

で、普通に書きたいこと書きます、店の話ね。
バーリンゲーム以外にも、いくつかお店出してるみたいなんだけど、軽食もあるカフェ、みたいな雰囲気のお店。
サラダもスムージーも、1品の中に何種類もの野菜や果物が使われていて、それがメニューに全部英語で書いてあるから、決めんのに超時間かかってしまう。
特にスムージーは、その10種類以上のモノがシェイクされるとどうなるのか、想像しだしたらキリがない(笑)。
こういう時に、チャングムみたいな味を描く能力があったらいいなーと思ったり。

チャングム知らない?
韓国のドラマで、冬のソナタがブレイクした後?くらいに放映されていた、宮廷料理人のドラマの主人公の女性。
詳しい話は忘れちゃったけど、彼女の師匠が絶賛した能力ってのが、この「味を描く能力」ってシロモノ。

ってかさ、そんな能力駆使しなくても、単純に好きな果物入ってるヤツ飲めば?って感じなんだけど。

結局ボクが頼んだスムージーは、バナナ、アサイー他10種類くらい?入ってるヤツ。
酸味が効いてて、バナナ入ってるのかな?って思うほどあっさりさっぱり
ミルク系のもの、アーモンドミルクとかココナッツミルクとか入ってるのだと、完全にシェイクみたいな見た目。
でも、砂糖使ってないから、あっさり軽めで、最後までおいしいらしい。

サンドイッチはシェアしたいって頼んだら、マグロの解体ショーか?なデカさの包丁をおにーちゃんが持ってきて、切ってくれました。

このおにーちゃんが面白くて、何かとフレンドリーに話しかけてきた挙句に、キミたちジャパニーズ?一緒に写真撮ろう!って、他の店員に頼んで、集合写真撮らせてたよ、なんじゃらほい。

ってか、この手の、店員さんそんなテキトーでよいのですか?みたいなことには、さすがに慣れてきちゃいました、アメリカだとよくあるので。
これに慣れると、日本の店員さんが慇懃無礼に感じなくもない…

そんなこんなで、たのしぃひとときを過ごさせていただきました。

またよろしくね~053.gif053.gif


人気ブログランキングへ
[PR]
by koguren | 2016-09-13 13:27 | お出かけ・ショッピング・レストラン等 | Comments(2)

発砲事件@サンマテオ

ヒルズデールショッピングセンター向かいのTRADER JOE'Sで買い物した帰り道、渋滞に巻き込まれてるさなかに、すさまじぃサイレンの音とともに何台ものパトカーが!

っつーかさ、そんなにガンガン鳴らしても、渋滞なんすよ、よける場所ないし、あんたら車でかいし。

でも、まぁこっちは比較的道が広いので、みんなでどうにかこうにかスペース作ってやり過ごしました。
…と思ったらまたパト来るし、バイクも来るし、うるせー

ってか、ちょっと異常じゃない?このパトの量。
サイレンに加えてクラクションも押しっぱなしだったし。

って思ってたら、帰ってきた相方が
「今日ヒルズデール行ったりした?発砲事件あったらしいけど。」

なぬー!もしやあのパトカーは、それ??


リンク内の動画部分がそのニュース。

相変わらず残念なボクの英語力では、詳しいことはわかりませんが、とりあえず発砲があったのは午後7時ころらしい。

え…多分いたね、その時、その辺りに(汗)
TRADER JOE'Sの中にいたか、駐車場にいたか、駐車場出た直後くらいか、だね。

さらに住所的にはヒルズデールショッピングセンターのすぐ南、ってことは、まさにその駐車場の辺りじゃん!

ひょええ~~ん、恐ろしや、今更ながら。

記事によれば not a random act つまり無差別発砲ではないらしいので、一般市民が巻き込まれてはいないものの、近くにいたら流れ弾って可能性もあるし、油断も隙もありゃしない。

ホント、この辺りは銃を見ることもないし、夜歩いてても平気だし、日本かと思う平和っぷり…と思ってたけど、いや、実際そうなんだけど、でもやっぱり気をつけなきゃいけないなぁと。

とはいえ、午後7時のあの近辺なら、今ならまだ明るいし、普通にみんな買い物してるし、無差別に撃たれたら気をつけるもへったくれもないのだが…

とりあえず警察とのカーチェイスの後に犯人は逮捕されたらしいので、ま、だいじょぶか。
1年住んで初めてだから、この先1年は起こらないんじゃない…って、事件って等間隔に起こるもんじゃないべしよ、まったく😕

[PR]
by koguren | 2016-09-07 17:53 | Comments(4)