相方のアメリカ赴任についてきてしまった、英語力ゼロ、収入ゼロのプー太郎の雑記です。カリフォルニア州サンマテオ郊外の田舎町在住。
by koguren
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
全体
一時帰国
運転免許、交通関係
WHOLE FOODS
ヨーグルト
英会話ESL@サンマテオアダルトスクール
TRADER JOE'S
歯医者
食材・食品等
お菓子・ジュース等
習い事・趣味
お出かけ・ショッピング・レストラン等
サンフランシスコ
サンマテオカレッジ
旅行
未分類
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
フォロー中のブログ
shina_poohな日...
ひとりぼっちランチ
Santa Clara ...
ベンチュラ郡の青い空
ひとりごと いん かりふ...
Yokohama Bay...
最新のコメント
> さわさん コメント..
by koguren at 04:49
しみじみ。 奥が深いな..
by さわ at 21:37
> Webleyさん ..
by koguren at 05:23
こぐれんさん、とりあえず..
by Webley at 04:10
> こうよしさん ホン..
by koguren at 03:05
ブログ2周年記念、おめで..
by こうよし at 22:57
> JPNSFOさん ..
by koguren at 14:15
ブログ2周年おめでとうご..
by JPNSFO at 13:24
> るいこりnさん あ..
by koguren at 11:25
ブログ2周年記念おめでと..
by るいこりn at 09:40
メモ帳
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusha..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ブログ引っ越します
at 2017-06-14 12:14
ブログ始めて約2年経ちました
at 2017-06-13 11:47
サンフランシスコ ~デ・ヤン..
at 2017-06-12 14:18
サムトランスバス SamTr..
at 2017-06-11 16:47
サムトランスバス SamTr..
at 2017-06-10 15:09
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
つぶやき
海外生活
画像一覧

<   2016年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

日系スーパー

何かと便利な日系スーパー、日本の食生活を再現しようと思ったら欠かせません!
…なんだけど、ボク自身は現地スーパーと中華系スーパーで済ませちゃってて、あんま行ってまへん。

とゆーのも、若干場所が不便なんだよね、ウチからだと、というのがひとつ。

単純に現地スーパーの方が面白くて、それに慣れちゃったから、ってのもありーの。

あとは…薄切り肉とかこま切れ肉みたいに、日系スーパーにしかない!というモノを使わないから、ってのもあるかな。
メキシカンのタコス用の肉とかが割と細かいので、それで代用しちゃってんだよね。
日本レベルの薄切りはさすがにないけど、棒状になってる肉で代用、あれホントの用途はなんじゃろな。

とかごちゃごちゃ言いましたが、一応、行くことはあります、たまーにね。
一番最近行ったのが…春頃?(笑)

とりあえず、ウチから一番近いのは、サンマテオにあるニジヤマーケット。
e0351841_17243422.jpg
ニンジャって読む人続出らしい。
ここはアメリカでも西側に多く展開しているチェーン店で、マウンテンビューにあるのが大きいって話を聞きました、そこは行ったことないんだけど。
e0351841_17243419.jpg
サンマテオのはこじんまりしてますが、一通りそろってるって感じかな。
日本でよく見かける種類の魚の切り身とか。
e0351841_17243524.jpg
こっちのスーパーの魚って、サーモンとかマグロとかカジキとか、全部でーっかくて、全体的に脂っぽいのが難点。
ここのも、日本から持ってきてるわけじゃないものが多いらしいけど、なんか日本ぽくなってるから不思議。
e0351841_17243557.jpg
豆腐はいっぱいあって、白い筒型の容器に入ってる
e0351841_17243594.jpg
このサンノゼ豆腐なるものは有名らしいんだけど、なんかデッカクてちょっと…。

こういうのは、確かに現地スーパーじゃ見ないね。
e0351841_17243562.jpg
タケノコの水煮。中華系スーパーで、パッキングされてるのだったらあったかな。
e0351841_17243542.jpg
ドラえもんって、結構有名&人気。
e0351841_17243310.jpg
お米もいろいろ、中華系スーパーだとアメリカ産こしひかり、みたいなのしかないけど、ここは日本から入ってきてるお米があります。
e0351841_16385713.jpg
BENTOボックスもありますよ~ここは夜9時までやってるので、一人暮らしの強い味方?!らしい。
e0351841_16385741.jpg
完全に日本。
ちょっと気になってチェック。
e0351841_16385823.jpg
つゆは(E)イーストでした、こっちが標準値扱いなのかな。
実は関東と関西とで、つゆが変えてあるって知ってました?
関東が(E)イースト、関西に行くと(W)ウエスト、になってます。
名古屋は(E)だったはず、なので、どこで変わるんだろ、三重のどっか??
一度並べて食べ比べてみたいんだけど、多分20年前くらいには知ってたはずなのに、いまだ実現せず。

こんなレア?ものも。
e0351841_16385711.jpg
愛知の宝、キリンラーメン^0^
ここで見るとは思わなんだ。
e0351841_17243403.jpg
ここで買わんでも…と思いつつ、なんだか買ってしまう日本のペットボトル。

ここに来ると、レシピやお役立ち情報が載ってる日本語のフリーペーパーもあったりして、なかなか便利。

サンマテオには、中心部のダウンタウンエリアにスルキって日系スーパーもあって、小さいながら便利らしいのですが、専用の駐車場がないのが難点。
こっちに住むようになってからは行ってないかも…

ではお次、アップル本社の近くにあるスーパー、マルカイ。
e0351841_17230022.jpg
e0351841_17223999.jpg
なんか、ひとむかし前の日本のスーパー、って感じがボクにはしました。
こうしてみると、日本のスーパーの雰囲気も変わりつつある気がします。
e0351841_17223910.jpg
お醤油飛んでるし。
e0351841_17223907.jpg
いろいろ飛んでるし。

お刺身を買いに行くよーなんて方もいらしたのですが
e0351841_17224009.jpg
わー、ホントいろいろ。
日本ほど夏が暑くないのですが、たまにはいいかも、日本の味。
e0351841_17224075.jpg
こっちのおでんの方が、この辺りの気候にはよく合うかも。
e0351841_17224195.jpg
カット野菜!この辺りの現地スーパーではホント見ません、ビバ半分!
全体的に葉物野菜が高いみたいで、日本にいる時ほどキャベツも食べないかなぁ。
e0351841_17223990.jpg
たまたま試食販売やってました、英語と日本語、両方話してたな~

酒もあるぞよ
e0351841_17224061.jpg
お高めですが、ちょっとした酒屋くらいの品ぞろえはあります。

この日は悩んだ末、鍋の材料を中心に購入…
e0351841_17223645.jpg
ごっついお豆腐、結構おいしかった。
e0351841_17223807.jpg
ゴンベイ豆腐。もーめーんーなお豆腐でした。

さて、もひとつはサンノゼにあるミツワってところ。
e0351841_17161075.jpg
e0351841_17201277.jpg
ウチから行かれる範囲では最大じゃないかと思われます。
アメリカにあるダイソーを初めて見たのもここで
e0351841_17161145.jpg
喜び勇んで中に入ったら、なんか日本と変わらなくてがっかり、ってか、変わらないことを求めて入ったんだろうに…
でも1.5ドルなので、まぁ150円ショップ、というところでしょうか。
ちなみに、マルカイの隣にもダイソーありましたね、同じく1.5ドルショップ。

ここは、専門店が入ってるのが特徴的で
e0351841_17161017.jpg
e0351841_17161177.jpg
山頭火並んでますね~
e0351841_17161187.jpg
日本の本や雑誌があります、割高ではありますが。
e0351841_17231466.jpg
積み方がなんとなく無造作…
e0351841_17231591.jpg
これは、日本なんだかよくわからない気もするけど。
e0351841_17160906.jpg
ロイズここまで来たか!気候的にはあってるよな。
e0351841_17161259.jpg
e0351841_17203523.jpg
のれんとかね、日本っぽいよね。

あとは日本のモノが一通りあります。
薄切り肉とか。
e0351841_17301061.jpg
お寿司にお惣菜。
e0351841_17312298.jpg
e0351841_17294302.jpg
お惣菜の種類は豊富だったかな。
e0351841_17303350.jpg
うなぎとかもあるし、まぁなんでもあるね、ホント。

ん?
e0351841_17290906.jpg
なぜに1本だけ??見回しても仲間が見当たらず。
e0351841_17305572.jpg
あ、5月だったんだ、行ったの(笑)。
やっぱり売れるってことは、それだけ日本人が住んでるってことだよね、こればっかりはアメリカ人買わないだろうし。

この日はお刺身買ってみました。
e0351841_17161153.jpg
このイカはうまかった、びっくり。
上の菜の花のお浸しは、ちょっと辛かったね。

というわけで、日系スーパーめぐりでした。
やっぱり日本人率高くて、日本語もよく聞こえてきました。
ただ、中国人も結構多かった気がする、ボクが中華系スーパーでいろいろ調達できるから、当然逆で同じことが起こってるんだろうね。
あと、アジア系以外の顔もそれなりに見ました、和食ブームとかもあるのかしらん。

注意事項をひとつ。
日本から旅行で来た方は行かないように、多分、海外の気分がふっとんじゃうから。
経験者は語る…😕

[PR]
by koguren | 2016-08-30 18:05 | お出かけ・ショッピング・レストラン等 | Comments(2)

ギフトレシート

アメリカらしいなぁ、と思うのですが。
こちらではプレゼントに、ギフトレシートなるシロモノを添えてあげる文化があるらしいのです。
聞いた話では、そのプレゼントが気に入らなかった場合、そのレシートと品物を持っていけば、返品や交換に応じてくれるのだとか。

そのときは、へ~って程度だったのですが、いざ自分が買い物して「ギフトレシートいる?」って聞かれて、ホントだーとびっくりしました。
前に聞いてなきゃなんのことかさっぱりわかんなかったなーと思って冷や汗だった次第。

交換の可能性はない状況だったので、いらないって言ったら、え?ホントにNOなの?って聞き返されました。
ってことは、かなり一般的に普及してるってことなのかなぁ。

今頃になって、こっちでギフト買うなんてめったにないから(笑)、もらって見とけばよかったなぁと思ったり。

そのレシートは普通のレシートのようなのですが、金額が書いてないらしい。
とはいっても、交換でお店に行ったり、商品券にしたらわかっちゃうとは思うのですが。

そもそもは、洋服や靴などのプレゼントについていて、サイズや色が気に入らなかった時に交換できるように、ってことだったという話もありますが、現実には結構いろんなものにつけられるレシートらしい。

クリスマスが終わると、そのギフトレシートの交換専用カウンターができる店もあるとか。

実際どの程度使われているのかは、ネットで見ても、半数以上だとかいう調査結果や、自分は全部つけるとか、自分はギフトレシートもらわないだとか、いろんな説があるのでよくわかりません。

ただ、この国は返品が割となんでも簡単にできる国らしい。
日本でもユニクロが、割と簡単に返品できてびっくりしたんだけど、これからは日本もそうなるのかな。
でも、人が一度手にしたものが、またどっかに出回るということに対する抵抗感のようなものは、アメリカ人より日本人の方が強い気がするけど、どうだろ。

いらないモノを持っていても仕方ないので、贈り物にもレシートつけちゃうってのは合理的だなとは思います。
でも、ホントに合理性を追求するなら、最初から商品券とかあげればいいんだけど、それはしないんでしょ?いったんはモノをあげるってとこが面白いなと。

これはボクの私見ですが、アメリカ人って、そんなにドストレートに表現しない気がします。
日本にいた時に、アメリカ人はイエス、ノーがはっきりしてて、嫌いなものは嫌いって言わないと、まぁまぁなんて言ったら好きって誤解される、みたいな話を聞いたことがあったんだけど。
たしかに、イエス、ノーははっきり言わないとってとこはある。
あと、察するって感じはあまりないので、そこは全部言語化しないとダメとか。

だけど、前に会話のクラスにいた時に、あるデパートが好きだって言った人に対して、別の人がそこ私は好きじゃない、って言ったんだよね。
そしたらティーチャーが、いやいや、彼女は好きだって言ってるんだから、にっこり笑っておきましょうよ、って。
嫌いなものは嫌い、って必ずしも言わないんだ、と思ったり。

あと、前セメスターの終わりに、次のクラスのティーチャーを選べるっていうシステムになってだんだよね。
それで、そのとき教えてもらってたティーチャーで継続か、違うティーチャーにするかを選ばなきゃいけなくて。
なんか、お世話になったティーチャーの目の前で違うティーチャー選びにくいよね、と思うのは、なにも日本人だけじゃなくて。
ティーチャー自身が、私のことは気にしなくていいから、違う先生には違うスタイルもあるし、自分の気持ちで選んでいいからって言ったんだよね。

この辺りは個人差も状況もあるから一概には言えないけど、どうも前に自分が抱いていたイメージよりは、よっぽどソフトだなという印象。

ただ、英作文となると、これが超一本道
前回初めて英作文の講座を受けたのですが、メインアイディアを含むトピックセンテンスが頭に来て、その後はそのトピックを説明するサポートセンテンス、さらにそのサポートセンテンスを説明するマイナーサポートセンテンス、最後に結論、というのが基本構造。
それ以外のセンテンスは関係ないから削除!って全部消されてしまう。
ボクのブログを英訳したら崩壊します、話が飛びすぎ。
あ、日本語でも崩壊してました?失礼…

もちろん、小説はこの限りではないらしいのですが。

こういうのを感じていくと、比較文化っておもしろそうって思う。
言葉を習得するのも大切だけど、やっぱり訳せない部分があるよね、話の背景みたいな。
アメリカってこうだ、と思ったり、あーやっぱり個人差だと思ったり、でも大きく見たら国の違いだと思ったり、でも地域によってだいぶ違うんだよねとか。
旅行だったら、この国ってこうなんだーで終わるところが、住んでると何回も行ったり来たりするよね、国か、地域か、個人か…
まさに心理でいうところの類型論と特性論の話でして。

えっと、何の話してたんだっけ…あ、ギフトレシートだ。
ってことは、メインアイディアはギフトレシート、サポートセンテンスは…って考えていったら、このブログは下半分全削除(笑)。
まぁいつか仕事する日が来たら、もちょっと結論から先に話すようにしたいと思いまふ😖

[PR]
by koguren | 2016-08-29 18:05 | Comments(2)

m&m's

m&m'sって日本にもあるし、ってか、日本でも食べないし(笑)。
なんだけど、去年のハロウィンの時かな、もらって食べたら、何となく糖衣の部分が日本より甘くて、色もビビッドなような…

ってことで、一層体に悪そうな気がして、こっちでも食べてなかったのですが、こんなフレーバーを見つけて、つい買ってしまった。
e0351841_16050752.jpg
ピーナッツバター。
日本にもあった?覚えてないんだけど。
こっちでは、ピーナッツクリームが中に入ってるチョコって結構見るので、その一味かな。
断面図アップ
e0351841_16051861.jpg
これはね、ホントにピーナッツバター部分が、単独でピーナッツバターとして成立するなって感じの、ちゃんとした味わいでした、バター部分だけなら甘すぎず。

1つ食べたら他のも試してみたくなるってもんで。
e0351841_16052835.jpg
プレッツェル。
e0351841_16082823.jpg
これは、しっかり塩味のプレッチェルが入ってます、丸型の。
食べごたえもしっかりあって、むしろ塩味勝ちすぎでしょって感じ、ボリボリ食べるm&m's。

ちょっと似てるんだけど、
e0351841_16084108.jpg
こちらはクリスピー。
e0351841_16084866.jpg
クリスピーって、もっと小さいパフがチョコに混ざりこんでるイメージだけどね。
だけど、確かにネタは同じかも、パフパフしてて、こっちはチョコに負けすぎ。

これも、見覚えないんだけど。
e0351841_16123798.jpg
メガサイズ。
e0351841_16124873.jpg
これを食べた時に気づいちゃったんだけど。
m&m'sって、糖衣と一緒にパリポリ食べるから、食べられるんだね。
このくらいデカくなると、なめたくなるわけ、そーすると、チョコの味がもろにわかって…
まぁ好みはあります、人それぞれ、だけど、おいしいチョコとはいい難い…
もそっと甘いだけ?カカオの含有量低そうだなぁと。

ってか、なめんなよ!って?いや、そのなめるじゃなくて、物理的になめるの方ね。

ところで、ホントに3倍なのかなぁ。
e0351841_16130528.jpg
ノーマルなのね。
e0351841_16131694.jpg
3倍と並べろやって、確かに。
e0351841_16132341.jpg
どお?
いちおね、1グラムと2~3グラムでした、まぁ秤も1グラム単位だから誤差のうち、嘘じゃないらしい。
それにしても、真ん中のmの字が、小さい方が大きく見えない?
これぞ、実験心理学の教科書に載ってた錯覚(錯視)ってやつじゃろね。
生活の中に生きてますよ、そう、小さいお皿に盛りつけたほうが、多く見えるんよ、上品じゃないけどね(笑)。

乗りかかった船なので、日本でも食べたピーナッツ。
e0351841_16260898.jpg
e0351841_16262024.jpg
日本でもこんなに凸凹してたっけ、もちょっと滑らかな楕円だった気がするのは幻想かな。

これも日本にあったかな。
e0351841_16272833.jpg
ミント、あんま好きじゃないんだけど。
やっぱジャンクチョコは甘くないとね。
e0351841_16273490.jpg
これ、チョコが2層になってて、外側はビターなんだよね、ちゃんとミントと合わせてある。
そして、カラフルがウリのm&m'sなのに、ミントは緑系統しかないんだ、気付いてなかった。

メガがあったらミニもあって
e0351841_16294179.jpg
e0351841_16294793.jpg
なんかね、最初に食べたらよかったかもだけど、ここまで来て食べたら超物足りない。
こうして舌がアメリカ慣れして、甘みにニブくなっちまってるよーな。

今年は75周年なんだって、復刻版みたいなパッケージのも売り出されてました。
e0351841_16312404.jpg
なんかキャラクターが若干歴史を感じさせる表情かね?
これは箱入りのなんだけど、こっちでよくあるパターンで
e0351841_16313420.jpg
箱の中に袋も何にもなくて、いきなりざざって入ってるんだよね。
日本だったら、なんかの間違いかと思っちゃいそうな。

ま、この近辺の気候なら溶けることもないのでいいんだろうけど、アメリカでも南の方だとベタベタしちゃうんじゃないかなぁ。

というわけで、いつものごとく散々食べてから言うのもなんですけど…
多分ね、多分だけどね、ボク、マーブルチョコの方が好きだ😂
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村


[PR]
by koguren | 2016-08-25 16:44 | お菓子・ジュース等 | Comments(0)

サンマテオアダルトスクール秋セメスター開講!

ちゃんと朝起きれたよー、クモさんのおかげで…

だってさ、朝目覚ましが鳴って、ぽやっとしてるボクの目の前の壁を、何やら黒い物体がツツツーっと。
ひーっ、クモ、クモ、クモぉぉぉ。
一発で起きた、絶対二度寝しないね、フロイトの無意識どころの騒ぎじゃないよ。

なんかさ、この辺クモ多いんだよね、ウチだけじゃないらしい。
前セメスターのティーチャーは、私クモ好きだから、クモの巣もビューティフルだと思うから、そのままにしておくの、って、ひー、マジ勘弁。

そんなこんなで、始まっちゃえば楽しいっす、アダルトスクール。
昨日のつぶやきは何だよーって?はい、3歩歩いたら忘れるっす。

ただね、ちょっとビビった、だって、かなり話せる人しかいないんだもん。
恐るべし、ハイアドバンス。

今までもクラスは1つずつ上がってきたので、そのたびに、あ、単語難しくなったな、とか、会話が続く人が多いな、とかは感じてきたけど、今回は半端ない、急にレベル上がった感じ。
そんな感想をクラスメートに話したら、ハイアドバンスはそれより上のクラスがないので、あるレベル以上の人がみんな集まってるからじゃないかしらん、って聞かせてもらって、妙に納得。
ホント、学校くる必要ないでしょー、な人もいるもん(笑)。
でも、上達するほどに足りないものがわかる面はあって、本人的にはまだまだって思うのもホントなんだろうけど。

カレッジの英語学校に行くとか、アダルトスクールの後の道もあるのですが、きっちり通える人じゃないと難しい面もあるみたいで。
アダルトスクールは、仕事や家庭の都合で時々しか来られない人でも、フレキシブルに通えるのがいいところ。

さて、もしかしてこれからアダルトスクールに通おうと思ってらっしゃって、間違ってこのブログに迷い込んじゃった方のために(笑)、ボクの知ってる範囲で、どんなクラスがあるかつぶやきます。
ちなみに、2016年秋現在。

基本となるクラスは午前のクラスになります。
文法、リスニング、発音、会話、英作文、全部やりますって書いてあるけど、まぁやり方はティーチャーによります。
大きく分けて、アドバンス advance、インターミーディエット intermediate、ビギニング bigining、の3つ、それぞれがさらにハイ hi とロー low に分かれてます。
要は6段階です。
サンマテオのアダルトスクールは、それぞれのレベルが2クラスずつくらい開講されてます。
他にもフォスターシティとか、いくつか分校があって、分校は開講数や種類が減ります。

さらにアドバンスのクラスだけはちょっと複雑
前半はコアクラスといって、通常のクラスで授業をしますが、後半はそれぞれの苦手な分野、必要な分野を強化するということで、また選択式になります。
リスニング・スピーキング又はリーディングから1つ選択、ライティング又はボキャブラリーから1つ選択して、それぞれ週2回ずつ受講します。
金曜日だけは、後半もコアクラスが続きます。

午後のクラスは、分野別になってます。
基本的に毎日開講されてるのが、会話のクラス、これも4段階かな?あります。
夏は3段階に減ってたんだけど、秋は戻ってるんじゃないかな。

後は週2日ずつ、発音、リーディング、ライティングがあって、その他特殊クラス、例えば仕事探すクラスとか、グリーンカードをとるためのクラスとかもあります。

自分の取りたいクラスと、開講時間とを調整して、時間割?的なモノを組みます、全部は物理的に不可能なので。

もちろん、午前だけ、午後だけ、午前と午後の一部だけ、とりあえず全部埋めてあとサボる(コラッ)とか、まぁいろいろできます。
ボクは前回、午後をリーディングだけにしたけど、今回は昨日決意したようにリーディングでブルーになるのを回避して、会話のクラスと特殊クラスでも取ろっかなというのが目下の計画。

初めての方はわかりづらいと思うので、どっかで日本語が聞こえたら、話しかけて聞いてみたらいいと思います、カリキュラムや先生に詳しい方もいらっしゃいます。
かくいうボクも、去年はたまたま知り合った日本人の人に教えてもらって、やっとシステムがわかったような次第でした。

秋セメスターは、ハロウィンとか、サンクスギビングとか、行事の多いセメスター
行事はいいんだけど、持ち寄りパーティーになるのが困っちゃうんだよね…各国料理を食べるのは楽しいけど、自分が作るのがね、トホホ。
三角のおにぎりが全部丸にしか作れなくて怒られた頃から、なーんも進化してません。

とかなんとかつぶやいてるうちに、今日も日付変わっちゃったよ。
秋セメスターとともに、ブログもちょっとマメに更新しようなどと思ったプー太郎でした、さぁ、いつまで続くかな😆


人気ブログランキングへ


[PR]
by koguren | 2016-08-24 16:09 | 英会話ESL@サンマテオアダルトスクール | Comments(0)

あ~夏休み終わっちゃった…

つぶやきです、単なる。
どこのがきんちょだよ、まったく…

明日から学校です、アダルトスクールです。

夏休み終わっちゃった…

不思議だよね。
別に学校なんて行かなくてもいいんだよ?
時々行って、さぼればいいじゃん。
そもそも、毎日予定がないとだーらだーらして困るから、学校行ってんじゃないの?
なんかやりたいことあるんだったら、そっちやればいいじゃん、etc.

でもさ、行くんでしょ?学校。
うん。
憂鬱なのに?
うん。
変なの。
うん。

よくよく考えたら、別に憂鬱なことなど、なにひとつないんだよね。
多少朝早いけど、通勤ラッシュがあるわけじゃなし。
授業おもしろいし、特に今回は先生が誰かもわかってるから、何の不安もないし。
クラスメートとも話せるし。

結局さ、毎日行く、ってなったら嫌なんだよね、毎日行くとこがないと、それはそれで困るくせに、なんつーあまのじゃく

と思いつつ、いつの頃からか心に決めてることがあって。

金曜の夜が楽しみで、日曜の夜が憂鬱で、こんな人生はイヤだ~~いつかやめてやる!!
というもの。

で、プー太郎になった今、めでたくそれを手に入れた…はずが、結局同じことしてんじゃん(笑)。
しかも、強制されてるわけでもないのに。

いやー、落ち着いて考えたら、ホントに変なの。

じゃあなんで学校行くのか、って話。

そりゃーもちろん、英語話せるようになりたいから。
…なんだけど、実際に1年がっつり通っても、じぇんじぇん話せるようになりません。
リスニングは多少はマシになったかな、それでも、学校を出るとやっぱりわかりません、ティーチャーたちの英語はやっぱりキレイなのです。

つまり、仕事でもないしストレスなことがあるわけでもないのに憂鬱なのは、行ってる割には目標に全然近づかないから、ということなんじゃねーの?

じゃ、なんで近づかないのか?

もちろん、努力が足りない、そりゃあるね。
だけど、じゃあ努力しましょう、では多分ムリ、だって、1年ムリだったもんねー。
じゃ話になんないので、この1年で何に気付いたのか振り返ってみると…

(1)やっぱ私は英語アレルギーだ(笑)、文字を見るのがもう嫌だ。
(2)特定の話題にはついて行けるけど、一般的な雑談にはついていけない、でも、実は日本でも同じ
(3)自分の時間をとって、じっくり復習をしようとしたら、毎日昼寝した(爆)
(4)ぶっちゃけ、喋れたほうがいいけど、喋れなくても死にゃしない

さて、どうしようね、このダメダメな言い分
(1)の対策、リーディングをやめる、ってなんてネガティブな対策なんだ、と思いつつも、ちょっと会話重視のカリキュラムにしようかなと。
あと、ウルトラCとして、アレルギーが少ない言語の勉強でもしてみる、ボクの場合は中国語をやる、ってことかな。
(2)の対策、興味ある分野がどーこーはもはや英語の問題ではないので、自分のついて行ける分野の英語に特化してやってみる、つまり、英語で何かを学ぶという方向に振る。
(3)の対策、自分の時間を作るな!というわけで、予定詰め込む、但し、憂鬱度は増す危険アリ…
(4)がねー、困ったね、まぁそりゃ死んだら困るので死にゃしないでいいんだけどさ。
喋れたほうがいい、というか、ぜひ喋りたい、と思った場面って、なんだろうね?
ボクの場合は、日本の文化の話とかを聞かれたときに、うわー超説明したいのに全然言えねー、みたいなことが多かった気がする。
英語で日本を紹介してる本とかも増えているので、ちょっとその手のを眺めてみようかな。

とまぁ、分析した割に大した答えも出てないけど、一応明日からのセメスターでどう授業を組もうか、というのを考えてみたつもり。
とかなんとかやってるうちに、日付変わっちゃったよ。
明日起きれなくて、初日行けなかったよ、じゃ小学生以下じゃん。
いや、これがフロイトの言う、無意識のなんとやらで、起きれなかったことには深い意味があって…
って、もし起きられなかったら考えます(爆)、今日のところはおやふみなはい😑


[PR]
by koguren | 2016-08-23 16:07 | Comments(0)

大学の街、バークレーBerkeley

日本でもけっこー有名なんじゃないかと思われるバークレー。

ウチからだと車で1時間くらいで行けるけど、やっぱサンフランシスコよりさらに先、車でもサンマテオブリッジって橋を渡らなきゃいけないので、精神的に遠いんだよね。

こんな感じの
e0351841_13204670.jpg
って、普通の道路だわな。

これならどうよ
e0351841_13205585.jpg
ちょっと水の上っぽいね。

休日なんでこんなガラガラですが、平日の通勤時間ともなると渋滞ノロノロ。
近年、ペニンシュラと呼ばれるこの辺りは家賃の値上がりが半端ないので、仕方なく橋を渡った東側、イーストベイに引っ越す人が増え、でも橋はこれしかないので、みんながここに殺到するというカラクリ。

イーストベイの都市、オークランドのダウンタウン
e0351841_17594960.jpg
これだけ見てるときれいだけど、橋の西側、ペニンシュラよりは治安が落ちるという話。

ここを通り過ぎて少し行くと、バークレーに到着。
e0351841_16243712.jpg
e0351841_15152696.jpg
バークレー自体は、どうだろう、サンマテオよりは都会だけどサンフランシスコよりは田舎、って感じかなぁ。
名古屋よりは都会だけど新宿よりは田舎、どこだよそれ?!横浜か?
比喩って難しいね…
おいしいレストランを目当てに来たり、中心街よりやや北の方に大きな公園とかもあるらしい。
e0351841_15142954.jpg
まぁ大学の街、という意味では、イギリスのケンブリッジとかのイメージが近いかもしれません。

とりあえず、有名な大学の入口。
e0351841_17595017.jpg
そう、あくまでUniversity of California カリフォルニア大学、です。

カリフォルニアと名の付く大学はなんだか複雑で、
カリフォルニア州立大学(公立)と
カリフォルニア大学(私立)があるらしい。

さらに、地域ごとに大学があるので、有名なバークレーやUCLAは、それぞれ私立カリフォルニア大学のバークレー校だったりロサンゼルス校だったりするらしい。

そして日本でも時々出てくる「サンフランシスコ州立大学」ってのは、公立カリフォルニア州立大学のサンフランシスコ校。

そもそもサンフランシスコ州って言い方が変なのですが、これはどうも地元での略称である「S.F.State Univ.」を直訳したせいらしい。

とまぁゴタクはこのくらいにして、中に入りませう。
e0351841_17595065.jpg
なんだか別荘地みたい。
e0351841_17595189.jpg
生命科学科の棟、かな。
e0351841_17595178.jpg
野イチゴみーっけ。
e0351841_17595296.jpg
この建物がSather Tower、ま、時計台?!
e0351841_17595227.jpg
3ドルで上がれるらしいので、行ってみることに。
正面から。
e0351841_15202303.jpg
エレベーターの中で流れていた解説によると、1日3回ベルが鳴るんだって。
これか~
e0351841_17595321.jpg
いやーここで鳴ったらかなりうるさそうだよね…と思ってたら

ごぉぉぉ~ん!

まじで?すげータイミング、ちょうど午後4時でした。
お子ちゃまとか、泣きそうな顔で耳ふさいでた、かなりの音量。

おっきいの、ちっちゃいのいろいろあるんだけど、一瞬のこと過ぎて、どれが鳴ったのかわからずじまい。
e0351841_17595448.jpg
オルガンみたいなのもありました。
e0351841_15223625.jpg
上からの眺めはなかなかのもの。
e0351841_15280262.jpg
向こうにかすんで見えるのが、サンフランシスコのビル群、そこに続く橋がベイブリッジ(‡ゴールデンゲートブリッジ)。
e0351841_18062482.jpg
まーすぐの一本道の向こうに見えるのが、さっきも出てきたオークランド。
e0351841_17595445.jpg
なんかさ、すべての道はオークランドに通ず(笑)。

プールとかテニスコートとか、いろいろあんね。
e0351841_15255655.jpg
この向こう側、かなり向こう側ですが、ワインで有名なナパらしい。
e0351841_15262606.jpg
ナパもまだ行ってないんだよねー、でも、ワイン飲まないからな、必要に迫られない…

というわけで、気持ちいいね、以上!のことは何もないのですが、なぜかのぼりたくなる高い場所、高所高揚症。
記念の?チケット。
e0351841_18062401.jpg
昔だったらとっときますが、この手のものは後になるほど溜まるし捨てづらいという自身の性分に気付いたので、今はさようなら。

アメリカではよく見かけるリス、ここにもいました。
e0351841_18062510.jpg
が、普通は人が近づくと逃げるんだけど、このリスは逃げないどころかしゃがんだボクに近寄ってきて
e0351841_18062529.jpg
えーっ!!こんなの初めて見た、お手?タッチ?おねだり?それとも威嚇?
いんやーかわゆい、なんかあげたくなっちゃうね。
しかもボクがスマホの画面タッチした瞬間に、ちゅるって逃げて行っちゃった。
もう芸人ならぬ芸リスとしか思えない。

バークレー校もアメリカの大学のご多分に漏れず、自然いっぱい広々の素敵な大学でした。

バークレーといえば、こっちではスタバと並んでよく見かけるPEET’S Coffee発祥の場所。
お値段的にも、店舗数的にも、北カリフォルニアではほぼ同列です、全米に浸透してるわけじゃないみたいだけど。
そして、その1号店があるって情報をゲットしたので行ってみました。

とうちゃーく。
e0351841_18062545.jpg
普通、看板が出てるのですぐわかるのですが、なぜかここ1号店は看板がない!
一瞬ここであってるのか不安になっちゃいました。

店内にある気合の入ったプレートが、50年の歴史を感じさせます。
e0351841_15371761.jpg
店の奥には、客席と並んでいろいろ歴史的な展示もありました。

豆をなんかする機械かな。
e0351841_18062500.jpg
e0351841_16175863.jpg
コーヒーのマップとか
e0351841_15395836.jpg
農園の写真?とか
e0351841_15404850.jpg
日本でも復刻版みたいなのあるけど、そんな感じの古いパッケージ
e0351841_15410560.jpg
e0351841_15415129.jpg
これは40周年なので10年位前のかな、割と今のデザインに似てます。
e0351841_15420543.jpg
まぁメニューは全く一緒だったんだけど、来たぞーって自己満足。
こっちに来てからスタバよりもピーツ派なので、ちょっと来たかったんだよね。

バークレーまで来てコーヒーだけじゃなんなので、人気というメキシカンレストランで
e0351841_16400633.jpg
メニューの名前が覚えられなかったこんなシロモノを食しました。
e0351841_16241559.jpg
おいしかったけど、酸っぱかったな、ライムかな、ちょっと不思議な味。

ではでは、帰ります。
帰りに6車線の高速を走りました、見えるかな?さすがのアメリカでも広々感あり。
e0351841_16232290.jpg
イーストベイから帰る、ということは、帰りは西日ということ。

前方のあの橋、再び渡ります、ってか、今走ってる盛り上がってないところも海の上、橋の一部なんだけどね。
e0351841_16231422.jpg
この橋は、東→西に渡るときだけ5ドルの通行料をとられます。
ほとんどの車は往復する、と考えれば効率の良いシステム。
どうしてもお金を払いたくなければ、ぐるっとサンノゼまで回って、陸続きで帰ればかからないという話…

大学に関していうと、作りこまれた感のあるスタンフォード大学の雰囲気の方が、個人的には好きかなぁ。
ほら、来世はアメリカ人かもしれないし、英語ペラぺ~ラな日本人かもしれないし、ちゃんと考えとかないと…
って、ボクの来世?頭のレベルが届かないっつーの🙁


人気ブログランキングへ
[PR]
by koguren | 2016-08-17 16:40 | お出かけ・ショッピング・レストラン等 | Comments(2)

ハーフムーンベイ Half Moon Bay

その名も半月の湾。

まさに西海岸の西端、太平洋に面しているこの北カリフォルニアの湾は、地元民の観光地であり別荘地みたいなところらしい。
霧が出ると超寒いのですが、海岸でバーベキューしたり、サーフィンしたり、おいしいお店もあったりと、週末はいつも賑やか。

今回は、断崖絶壁を見に行くのら!という意味不明なコンセプトのもと出かけました。

ジャーン。
e0351841_16074794.jpg
ぜっぺきぃ~
生で見ると結構すごいんだけどな。
霧で見づらいけど、海岸の白いラインが、弧を描くように画面左上方に抜けて行ってるのわかるかな。
これが半月のカタチ、というわけ。
e0351841_16092828.jpg
ここ降りてくと、海岸に出られます。
通る人がいるからびっくり。
e0351841_16081850.jpg
いやー人いるけどさむそー。
体感的には晩秋の寒さでした、今日。
この海渡ったら日本だよ~

大昔に海外に渡った日本人は、こうして海を眺めて、その先の日本を思って涙したりしたんだろうなぁ…ってそれ遣唐使の話じゃない?中国じゃん、まったく。
仲麻呂くんは結局日本に帰れなかったんだよね、ぐすん。

絶壁に緑があるエリアも
e0351841_16081791.jpg
どうやって根付いたんだろうと思うと不思議。

すすきのお化け。
e0351841_16091449.jpg
見た目的にはよく似てますが、実際には2メートル近くありました。

なんか、沖縄の残波岬とか、日本海側の断崖絶壁とかに似てるなぁと思いつつも、何かが違う、どっか違う…と思いながら見ていたのですが、この角度で見た時に大きな違いに気付きました。
e0351841_16090198.jpg
あー!!そっか、下、砂浜なんだ、ということに。
日本の断崖絶壁って、海に突き出してるから、下、波打ちつける海なんだよね。
ここみたいに砂浜からニョッキってしてないんだ。
あーすっきりした、ってか、最初に気付いてもよさそうだけどね…
自殺の名所にならなくてよいかも、砂浜目指して飛び降りづらいよね。

周辺はトレイルにもなっていて、ハイキングとかもできるらしいけど、あまりの寒さに退散。

せっかくここまで来たので、前に絵ハガキで見つけた、中世のお城みたいなホテルに行ってみることに。
e0351841_01434875.jpg
これこれ、調べたら宿泊代めっちゃ高くて、物価高のこの近辺のホテルと比べても数倍します。
ちょっと泊まれないよなぁと思いつつも、飛行機使ってどっか行ったつもりで記念に1泊するのもありかなぁ、などと夢膨らませていたのですが…
e0351841_16101958.jpg
は?ここ?これ宣伝に偽りありじゃん。
しばし呆然…

まぁ絵はがきのちょうど反対側から撮ってること、天気悪かったことなどを勘案してよくよく見ると、形は間違ってないし、一番下の階だけ外壁の色が濃いのもはがきと同じ。

角度の妙と天気と、おそらくは色の多少の修正、それでつじつまが合うらしいと納得しました…

うーん、ちょっと残念。

ボクはゴルフもしないので、ここに泊まる意味もないしなぁ。
記念に1泊案は完全に吹き飛びました。

ここに来るときの問題は、ウチの近辺からここへ抜ける道が一本しかないこと。
え?迷わなくていいじゃんって?
ま、そーゆー考え方もありますが、ここ車社会アメリカ、みんなが車で1本しかない道に殺到。
つまりは大渋滞&駐車場プロブレム。
たまにお祭りとかもあって面白いらしいんだけど、別に絶壁を見たいだけなら、なんもない日の方がねらい目。
ってか、絶壁を見にだけ来る奴なんていないっちゅーの、だっちゅーの😘

[PR]
by koguren | 2016-08-14 16:51 | お出かけ・ショッピング・レストラン等 | Comments(0)