相方のアメリカ赴任についてきてしまった、英語力ゼロ、収入ゼロのプー太郎の雑記です。カリフォルニア州サンマテオ郊外の田舎町在住。
by koguren
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
全体
一時帰国
運転免許、交通関係
WHOLE FOODS
ヨーグルト
英会話ESL@サンマテオアダルトスクール
TRADER JOE'S
歯医者
食材・食品等
お菓子・ジュース等
習い事・趣味
お出かけ・ショッピング・レストラン等
サンフランシスコ
サンマテオカレッジ
旅行
未分類
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
フォロー中のブログ
shina_poohな日...
ひとりぼっちランチ
Santa Clara ...
ベンチュラ郡の青い空
ひとりごと いん かりふ...
Yokohama Bay...
最新のコメント
> さわさん コメント..
by koguren at 04:49
しみじみ。 奥が深いな..
by さわ at 21:37
> Webleyさん ..
by koguren at 05:23
こぐれんさん、とりあえず..
by Webley at 04:10
> こうよしさん ホン..
by koguren at 03:05
ブログ2周年記念、おめで..
by こうよし at 22:57
> JPNSFOさん ..
by koguren at 14:15
ブログ2周年おめでとうご..
by JPNSFO at 13:24
> るいこりnさん あ..
by koguren at 11:25
ブログ2周年記念おめでと..
by るいこりn at 09:40
メモ帳
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusha..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ブログ引っ越します
at 2017-06-14 12:14
ブログ始めて約2年経ちました
at 2017-06-13 11:47
サンフランシスコ ~デ・ヤン..
at 2017-06-12 14:18
サムトランスバス SamTr..
at 2017-06-11 16:47
サムトランスバス SamTr..
at 2017-06-10 15:09
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
つぶやき
海外生活
画像一覧

カテゴリ:習い事・趣味( 8 )

中国語会話クラスでのこと

土曜日の初級中国語会話クラスでの出来事。

今日のテーマが、時間割を使っての時間の表現。

例えば
星期三、上午八点、上什么課?
(水曜日の、午前8時は、何の授業ですか?)

こうやって見ると、やっぱり中国語ってわかりやすいと思いません?

What kind of class do you have on Tuesday?
の方が難易度高いでしょ?

というのは余談で、この上午って単語、午前って意味なんだけど。
ということは午後は?→下午、日本人には簡単かと。

この上午、下午、っていう単語を覚えさせるために、ティーチャーが、指で上を指したり、下を指したりしながら、何度も練習させたわけ。

ボクはすぐ覚えられたんだけど、他の生徒たちが、何回やっても全然できないわけ。
普段だったら、みんなボクより覚えるの早いのに。

で、しばらくしてある生徒が、なんで上を指したらmorningなわけ?関連性がわからんって。
そしたら別の生徒が、morningは日が昇るから上で、afternoonは日が沈むから下でしょって!

えー違う違う、単に漢字が上と下なんだよって思ったのはティーチャーとボクだけで、それでティーチャーも気付いたわけです、上下の漢字の意味がわかってないのかって(笑)。

だから全然覚えられないんじゃなくて、ジェスチャーに対してどっちを答えればいいかわかんなかったってオチ。

考えたら、何で中国語は上下なんだろうね?
日本語だと、午の前と後だから、理にかなってるよね。

そして英語も、after-noonなのにbefore-noonじゃないんだね、morning。
もっとも、日本語は、朝と午前を分けるからな、朝は夜と対だよね。


今日はいくつかそんなことがあって。
途中でお手洗いに行く生徒がいたから、お手洗いって何ていうの?
→洗手間でbathroom

洗=wash、手=hand、間=roomだよって。

そしたら、トイレって手を洗う場所じゃないじゃん、手も洗うけどって。
広い意味でユニットバスだったら、洗うのは体じゃんって(笑)。

なるほどねー、なんでお手洗いなんだろうね。
直接的表現を避けたんだろうな、って思うんだけど、ボクは。
そして日本語のお手洗いって、きっと中国語から来てるんだよね?偶然にしちゃ一致度が高い。


あとは、服薬。
服はいろんな意味があるけど、ここでは飲む、の意味だって説明したら、じゃあ服茶っていうのかって話で。
言わないよね、確かに。
だけど、一服するっていうじゃん、日本語の場合は。
説明できないけど、わからんでもない、って感じ。


感冒もそう、中国語でも風邪の意味で、漢字も全く同じ。
日本語だと、普通には使わない固い表現(というか、カンボウって何?って思う人もいるのではというレベル)だけど、中国語では口語表現らしい。
これも感はfeelingだけど、冒は…うーん、みたいな話で。

日本語で引くと、冒は「おかす」のニュアンスらしい、「冒険」とか確かに。
感覚をおかすって解釈すると、風邪の症状っていえるのかね。


いやー、言葉って奥が深いね。
言葉を教えてる先生ってすごいと思うわ。

改めて、アダルトスクール時代のティーチャーが
Why? Yes! I know English is crazy!
と言っていたのがわかります、何も英語だけじゃない、言語ってどれも説明できないんだよね、完全には。

英語だと、そもそもわからないから、ネイティブのティーチャーならわかるだろうって思い込みがあったけど、中国語の場合、ある程度日本語に置き換えて考えられるから、確かに意味わからんわ、って感覚がわかるというか。

あと、ボクの場合は、それほど一個一個の漢字の意味を考えて使ってないなーって思った。
「意味」が、意はともかく味って変じゃない?とか考えたこともなかった。
中国人は、漢字しかないからだけど、意味を考えて使ってるよね。

ここで、表音文字なのか表意文字なのかって話になってくるわけで。
そうすると、漢字は当然表意文字だし、アルファベットは表音文字。
日本人はかなと漢字と使うから、両方使ってるんだ、って今更気づいた(笑)。


英語も中国語もできないけど、日本語もちゃんとわかってないね…
でも生きていくのには困らないんだけど。

中国語は、中国語本体の勉強より、日本語を見直したり、アメリカ人がどんな風に捉えるのかなってことの方が、勉強になったような気がします、って本末転倒じゃん。
とりあえず今期はあと1回、ついでなんで今日のレッスンくらい復習しとこっと😝

ご覧いただきありがとうございます!コメント、突っ込み、お気軽にどうぞ。

[PR]
by koguren | 2017-05-14 09:55 | 習い事・趣味 | Comments(0)

中国語会話、Ⅱに突入

土曜日にのんびり通っていた中国語会話Ⅰが先週で終わり、今日からⅡに突入です。
一応別講座で再度申し込みがいるので、やめることもできたのですが、続けることにしました。
ティーチャーが漢字を書いてくれるようになったので楽になったし、便宜上Ⅱだけど続きだから大して変わらないってハナシだったので。

行ってびっくりしました。
人が倍くらいになってる(笑)。
初めて参加する人は1人しかいなくて、他の人は趣味の一環のような感じで、年単位で通っているみたいです。

で、その初めての1人ってのがすごくて、中国語ペラペラ‼
なんと中国に4年間住んでいたんだそうです。
何しに来たの?って感じですが、多分維持のために来たのでしょう。

その方は見た目が完全に欧米人なので、中国語がペラペラというのはちょっと違和感がありました。
アジア人の意地にかけて⁇、負けたくないんだけど(笑)。

そんなペラペラの方でも、漢字はびっくりするくらい読めませんでした、すっごい意外。
漢字を使わない言語を母国語とする人は、本当に音だけで中国語会話をマスターできちゃうんだ…
むしろそっちの方が難しいけど、ボクには。

だけど、その状態で中国に住むとなると、書いてあることはほとんど読めないってことだよね?
それでも暮らせるもんなんだね。

逆に、そこまでペラペラじゃなかったけど、台湾系の企業で働いているという方は漢字が読めてました。
多分仕事で書類を読まなきゃいけないんだろうね。

とまあ、ボク意外全員アメリカ人なのに、妙に多様な集まりです。
って、アメリカ住んでて全然英語喋れないくせに、中国語習いに来てる日本人のボクが、一番外れ値か(笑)。


このところ雨だったので、ひっさびさにぴーかん晴れたと思ったら
e0351841_16081293.jpg
カレッジの桜並木、ほぼ散っちゃってました。
日本のソメイヨシノではないらしくて、一概に比較はできないけど、やっぱりあったかいんだね。

あ、満開の頃見せろやって?
ちょこちょこ撮ったはず…さかのぼっていきましょう。
3月20日
e0351841_16081003.jpg
3月17日
e0351841_16081902.jpg
3月15日
e0351841_16142630.jpg
3月13日
e0351841_16135499.jpg
3月11日
e0351841_16081627.jpg
3月3日
e0351841_16081523.jpg

2月27日
e0351841_16183202.jpg
日本のソメイヨシノみたいに、短期間で一気に花開いて散る、って感じじゃなくて、ぼちぼち咲いて、遅れて葉も出てきて、それから散る、みたいな感じ。
さらに、個体差が大きいよね、条件ほぼ同じだと思うんだけど…やっぱアメリカ育ち⁈

さくらの春、ではなくて新緑の春、がんばっていきましょー、ってことで、ブログもイメチェンしてみました🙂


ご覧いただきありがとうございます!コメントお気軽にどうぞ。


More
[PR]
by koguren | 2017-03-26 16:50 | 習い事・趣味 | Comments(0)

新年好!Chinese happy new year.

4日遅れ?かな、春節、中国の新年。

月の暦なので、毎年少しずつ日にちがずれるんだよね、だいたい1月末から2月頭のどっか。
横浜にいた頃は、中華街が盛り上がってて、爆竹の音とかすごいことになってた。
それで春節ってこの時期なんだなって知りました。

サンフランシスコの中華街もすごいことになってんだろな。

グリーティングカードのコーナーにも、真っ赤なカードが。
e0351841_18153673.jpg
バレンタインのカードも赤いので、なんだか一帯が真っ赤です。


土曜日の中国語のレッスンの時に、中国のお正月に欠かせないという餃子づくりをしました。
e0351841_18093988.jpg
老師(先生)が作ってきてくれた見本。
e0351841_18151535.jpg
なんで餃子が縁起モノなのか?

前にアダルトスクールのクラスメートに聞いた話では、餃子の形が金の塊と似ていて、お金が入ってくるという意味があるから、ってことでした。


この教室では火は使えないので、皮を作って包むとこまでで、あとはお持ち帰り。
e0351841_18091916.jpg
これをおウチに帰っていざ焼こうとしたら
e0351841_18090205.jpg
はんにゃ~ひとつになっちゃったよ(笑)。

確かに、包んでる時に、すっごい柔らかい皮だな、とは思った。
さらに、ボクも含めてみんな慣れてないから、皮がうまくまとまらなくて、べっちゃべっちゃ水つけながら貼り付けてたんだよね。
それらの複合要因かと。

ま、ジャンボギョーザだと思って焼いてみたら、普通に食べられました。

中の餡(←中国語でも同じ漢字)は、すっごいさっぱりで、ちょっと物足りないくらい。
ターキーのひき肉って言ってたので、そのせいかなと。
日本のレシピでもポークが多いよね。
さすがに中国ではターキーじゃないよな、きっと。


ちょうど春節の前日、バスを待ってたら、珍しくチャイニーズのおばさまに英語で話しかけられました。
「珍しく」というのは、チャイニーズは高い確率で中国語で話しかけてくる、というのがボクの実感だからです。

常々思ってました、どうして彼らは中国人と日本人の見分けがつかないのだろうか…と。
たまに迷う人はいても、だいたいわかると思うのです。

しかーし、このおばさまと話していて、見分けがつかない、ってのとも違うらしいと思ったのです。


このおばさまは息子さんがこちらで働いていて、お正月を一緒にお祝いするために、1週間だけ来たのだという。
ボクより英語うまかったが…

で、どこから来たの?って聞かれて、ジャパンって言ったら、あーそんな気がした、みたいな返事で。
ってことは、チャイニーズ側から見ても、日本人ってある程度見分けられる、ってことだよね。
(サンプル数1人ですが…)

いきなり中国語で話しかけてくるのは、この近辺に住んでいるチャイニーズ特有の現象なのかも?という気がしてきました。


確率論で、この近辺でアジア人を見たら、中国語で話しかければ8~9割方通じるわけです。
住人なら、そのこと知ってる。
そうして成功体験?を積み重ねた結果、迷ってもとりあえず中国語で話しかけてみる、というスタイルが確立しているのではないかと。

もちろん国民性もあるとは思いますが…


で、そのおばさまはこの近辺に慣れてなくて、バスを降りる場所を聞きたかったみたい。
だけど、家がどこかご本人もわかってないっぽいんだよね、ちとびっくり。

フォスターシティの中心の施設の近く、ポリスがとかファイヤーがって話でだいたいわかったので、持ってたマップ見せて、ボクそこの手前で降りるから、ボク降りた次で降りたらいいよ、って英語で説明したつもりでした。

だけど、全然伝わらなかったのか、信用されてなかったのか(汗)、運転手さんに聞きに行きました。
そして、ボクからしたら、すんごい手前で降りて行っちゃった…

運転手さんとのやりとりはわかりませんが、あんなところで降りて帰りつけたのかなぁ…
暗くなってきてたのでちょっと心配でしたが、携帯は持ってただろうからだいじょぶか。

きっと今頃は、もう中国に戻ってるでしょう。

なんか中国のお正月を身近に感じたこの数日でした🙂

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by koguren | 2017-01-30 19:00 | 習い事・趣味 | Comments(0)

英語で中国語を習うと…

土曜日のカレッジで開講されている、趣味の講座的お時間で、中国語会話を取ってみることにしました。
サンマテオ近辺にお住まいであれば、こんなパンフレットがポストに届くのではないかと。
e0351841_16561961.jpg
開いてみると、ちょっと本格的なお勉強講座から趣味の講座まで様々です。

今回ボクがとったのは、Chinese ConversationⅠという講座、毎週土曜日の10時~12時。

アダルトスクールに通って、中国人多いな~、この会話わかったらおもしろそうだな~と思ってて。
学生の頃にちょっとやってたし、初級会話なら英語で授業されても何とかなるかな、と思って行ったのですよ。

そしたらね…

ni hao = Hello
zao = Good morning.
ke yi kaishi ma? = Can we start?

って書かれて。

えー、なんかコレ、超簡単な中国語だと思うんだけど、なんか全然意味わかんないんだけどなんで???

気付きました?中国語なのに、漢字が出てこない!!

そりゃわかるわけないっちゅーに。



中国語をかじったことがない方のために、簡単に解説いたしますと…

中国語の発音記号、ピンインと呼ばれるものがあります。
英語の発音とも違うのですが、使用するのはアルファベットになります。

このアルファベットの上に、四声(音の高低)を表わす記号を付けて、発音を表わします。
←ボクのパソコンでは、この記号は付記できないので省略しています。

ni hao は言われてみればわかりました、ニーハオ、你好、なのでHallo.
zao はツァオ、早、でおはよう、Good morning.
ke yi kai shi ma? は クゥーイーカイシーマ 可以開始〇(←疑問を表わす「マ」の漢字出ません)?で始めていいですか、なのでCan we start?

つまり、ボクにとってだけは、漢字で書いてくれた方が(多少違う字もありますが)超簡単。
ピンインだけで表記されると、どっちが英語なのかさえ一瞬わからない上、頭の中で何回も訳す羽目になるのです。

よもやこう来るとは思いませんでした。
むしろカレッジの中国文学の講義を取って、漢字付きで体系的に授業してくれた方が簡単だったかも…


先生の話では、ここは会話の授業で読み書きはしないので、音に絞って学習します、ということらしい。
そのくらい、アメリカ人(だけじゃなく漢字を使わない人にとって)、漢字の壁は高いということなのでしょう。

アメリカ人の頭の中で、漢字抜きの中国語がどんな様子で積み上げられていくのか、ボクには全く想像できないのですが…


あまりにボクがポカンとしていたので、先生が気を使ってくれて、質問ありますか?すごく難しいですか?って聞かれて。

いや、今やってること昔習ったと思う、だけど、漢字が出てこないとさっぱりわからない、って言ってみました。

そしたら先生はすごーく納得して、それから時々、漢字を併記してくれました。
はぁ、やっと中国語に会えたよ…

心理学の講義がわからん、ってのとは全然違う方向からのパンチでした。


とはいえ、クラス自体は10人足らずのこじんまり、アットホームで楽しい雰囲気でした。
習ったフレーズをすぐに使って練習するので、少しずつですが覚えていくこともできます。

先生は中国語ネイティブ、中国人とわかるアクセントはあるものの英語はペラペラです。
習いに来ている方は、相方が中国人とか、親族が中国で働いている、といった方から、広東語はできるけど北京語を習いたくて、といったような方まで、これぞ多様性!と思わせる面々でした。

しかも、ホントに初めてって方はいなかったみたいで、皆さんあいさつ程度はすらすら言えてる感じ。
ボクも昔の参考書持ってきたし見返してみよ。

カレッジ3日目にして、ようやく雨から脱出。
e0351841_16561748.jpg
といっても曇ってるけどね、結局この後、ひと雨降ったし。

土曜日は人が少なくてカフェテリアもやってないのですが、午後は音楽関係の講座が開講されてて、ウクレレの音とか聞こえてきました。
これはこれで、平和でよかったかも、なんて思って、また来週から頑張りまふ🙂

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by koguren | 2017-01-22 18:10 | 習い事・趣味 | Comments(2)

サンマテオの絵葉書

アメリカは郵便がイマイチ信頼できないらしく、誤配、不配はしょっちゅうらしい。
なので、大事なビジネスの郵送物は、日本でいう書留みたいにして送るらしい。

そんなことと関係あるのかなぁと勝手に思ってるのですが、葉書が少ない
カードの類は腐るほどあるのに、葉書ってホント見ません。
カードも、父、母の日とか、バースデー、結婚祝い等々、郵送じゃなくて手渡しを想定してるのかな?ってなものが多しです。

イギリスに行った時は、メッチャ変わった絵葉書がたくさんあって大喜びした身としては、なんだかちょっと残念。

と、常々思っていたのですが、なんと!観光地でもなんでもない(と勝手に思ってますが)、サンマテオの絵葉書を発掘しました。
その1
e0351841_01400812.jpg
左上がサンマテオカレッジ、アダルトスクールのESLで一番上まで行くと、次はこのカレッジのESLに行くみたいです。
右上がセントラルパーク内にある日本庭園
実はサンマテオは大阪府豊中市と姉妹友好都市らしい。
この日本庭園はかなり良くできていて、入り口にある奇妙な日本語訳の看板以外は、さながら日本にいるようです。
左下がコヨーテ・ポイント、市内とは思えない大自然。
右下は…ボク全く知りません。

その2
e0351841_01405488.jpg
左上が消防署ですね、どこにあるのかな?
右上が郵便局みたいですが…
普段使う郵便局は、なんの変哲もない建物で、市内の至る所に紛れ込んでいます。
左下がアートセンターらしいのですが、これも行ったことがないので不明。
右下はサンマテオハイスクールとなってます。
多分、アダルトスクールの隣なんですが、どっからどう撮ったらこんな写真になるのかわからないほど、ピンときません。
ちょっと今度探検せんと。

その3
e0351841_01415146.jpg
航空写真です。
真ん中下辺りに見えてるのが、セントラルパーク
日本庭園、テニスコートなんかもあります。
ちょうどダウンタウン、一番の中心街を眼下に見る写真です。

右上から左下に向かって走ってる道路が、エルカミノリアルEl camino real と呼ばれる幹線道路で、サンフランシスコからサンノゼ近くまでを南北に貫いています。
高速道路Free way とほぼ並行して走ってるので、ボクは当初この道ばっか使ってました、高速怖くて。
今でも大事なお友達です。

おまけその1
e0351841_01425115.jpg
ハーフムーンベイ
サンマテオから西へ、西海岸のまさに海岸線の一帯が、半月のようになっている(ようには見えないのですが)ことから、こう呼ぶらしい。
地元民にとってはお手軽な観光地です。
ヨットがたくさんとまっていて、美味しいクラムチャウダーが食べられたり、魚料理もいいとこがあるようです。
地ビールもあるとか。

おまけその2
e0351841_01434875.jpg
同じくハーフムーンベイの有名ホテル、リッツ・カールトン
すんごい高いみたいで、一泊、平日の安い時期でも1人6万位する?!って話。
なんだか中世のお城みたいで泊まってみたいなぁ…
と思う自分に、いやいや、泊まっても中からこの景色見られるわけじゃないでしょ?!って突っ込んでみたり。
多分これ、航空写真だよね。
この手の雰囲気はヨーロッパに多い気がします。

でもさー、こんなマイナーな絵葉書、誰が買うの?
と思いつつ、ボク買っちゃったんだけど、なんだか店員さんの視線を感じたような
ま、自意識過剰ってやつでしょーね😖




[PR]
by koguren | 2015-10-26 02:09 | 習い事・趣味 | Comments(0)

origami club 折り紙クラブ最終日

サンマテオシニアセンターに飛び込みで始めた折り紙クラブ。
来週からサンマテオアダルトスクールでの英会話学校が始まるので、ボクが行かれるのは今日が最後。
なんだかんだで、初めて地元の方と接点を持ったのはこのクラブで、もっと話せたらなぁと思ったのもこのクラブなので、ちょっと思い入れあります。

ちなみに、もっと英語がわからないと死ぬ、と思うのは間違いなく歯医者です、はい。

この日に限って普段の半分、4人しかいなくて…
それがむしろよかったのか、1人のおばさまが、こっちおいで、おしえてあげる、ってハート型の小さな箱の折り方を教えてくれました。
e0351841_16292897.jpg
さらにこのおばさまが言うには、
住むなら英語を勉強することは大事よ、その時はね、訳しちゃダメなのよ
私ドイツに住んでた時、周りの人からそういわれたのよ。
せっかくだから、英語やアメリカのお料理を学んで行きなさい、日本で教えることだってできるわ。

ほー、なるほどねぇ。
ボクは英語はできないので嫌いです、あ、逆なのかな。
料理もレシピ見るのは好きですけど、作るとなぜか味が決まらないから嫌いです。
だけど、どっちもメシのタネになるかもしれない、というハナシ。

正直、やりたいことを仕事にしたいけど、何がしたいかよくわかんないしね(-_-;)
英語も料理も、競技人口は多いので、メシのタネにはならないのではないかと。
だけど、プー太郎の日々のお仕事としては、どっちも悪くないよね、今更ながら。

まさか最終日にして、今後の方向性を示唆されるような話になるとは思わなんだね。

シンクロニシティってあるのかもしんない。

ちなみに、なんでおばさまの言ってることがわかったかって?
(正直あってるかわかんないすよ、ボクの理解はそうだったというだけ。)
英語力ゼロのボクも、多分英単語力はゼロじゃないんです。
おばさまはメチャ丁寧に喋ってくれてるので、たまに知ってる単語があります。
あとは雰囲気と文脈(^.^)
箱ができたところで話し始めたから、折り紙の話じゃないよね。
諭すような口調だから何か教えようとしてくれてるんだな。
English とかlearn みたいだから、英語学習の話?
ん?ドイツにlive?not に指を往復させるジェスチャー。
ははーん、この人ドイツに住んでてドイツ語勉強したんだな、相互に訳しちゃダメってか、なーるね、って感じ。
指の往復は、最初は物理的に行き来しちゃダメってことかと思ったけど、どっかでトランスレートって聞こえた気がしたので、訳しちゃだめ、でいいのではないかと。

ま、とりあえず英会話学校通う前の、ボクの英語力と思考回路の覚え書きでした。
おばさま、おやつと教えとをありがとう😊

にほんブログ村 海外生活ブログへ
[PR]
by koguren | 2015-08-22 16:30 | 習い事・趣味 | Comments(0)

しおり ブックマーカー

サンマテオシニアセンターの折り紙クラブ、今週も行ってまいりました。
相変わらずよくわからないまま、黙々と折っております。
それでも2回目、やっぱり「はじめまして」じゃないんだよね。
お菓子すすめられたり、何年住むのなんて聞かれたり。
これぞ心理学でいうところの「単純接触効果」ってやつだなあとしみじみ。
ま、学問で考えなくても、慣れれば親しくなるだろうって話かもですが(笑)。
ボク、社会心理学は好きでしたね、何となく感じてることが、きちんと解明されていく。
入り口は、そんなの当たり前じゃん?で取っつきやすいが、それ故に奥深い。ボクは表面をさらっただけでしたが、今でも思い出します。
あー心理学辞典、持ってこればよかったな、そうだ、次の帰国の時に取ってこよう!

さて、この日、しおり人形を持ってきた人がいました。
ボクは箱根や熱海のおみやげやさんで見たことがあるのですが、つまようじを芯にして、和紙の着物を着せてミニ人形に仕立て、台紙に貼ってあるものです。
いかにも、海外のおみやげにしたくなるよね。
だけどその人曰く、もらったけど何かわかんないのよーってことみたい。
えっとー、しおりって何て言うの?
お得意のジェスチャー登場
そこにあった折り紙の本に挟んでみました。そしたら、
ブックマーカー!サンキュー!って。
そういえば大英博物館のブックマーカー、お土産にもらったことあったわ、ブックマーカーって書いてあったぽん(笑)
またひとつ賢くなりました☺

[PR]
by koguren | 2015-07-31 12:16 | 習い事・趣味 | Comments(0)

折り紙 origami club@サンマテオシニアセンター

折り紙、好きなんです。
昔からモノを作るのは好きだったけど、絵より陶芸や彫り物、刺繍よりぬいぐるみ、切り絵より飛び出す絵本、どうも立体の方が好き?らしく、折り紙もユニットで立体にするのにハマりまして。

この前、教えて!系の掲示板で、アメリカ在住なら、日本の何かを習いに行くと、英会話に入っていきやすい、という名回答をみまして。
なーる、その手があったか!
というわけで探してみたら、あるじゃないですか、開催場所サンマテオシニアセンター
サンマテオのアクティビティガイドなる冊子にありました。
他の講座は期間も値段も講師も書いてあるけど、これはドロップインで講師もいない、いわゆるクラブらしい、ってことは今からでも入れるのか…な?

というわけで、またもや突撃大作戦

まず、シニアセンターが住宅街に馴染みすぎて、見つけるのに一苦労、さらに、車を降りたら、おじいちゃま、おばあちゃまだらけ。
あれ?もしかして、アンダー何歳立ち入り禁止とかだったりします?
まぁ確かにシニアセンターだからねぇ。
でも、乗りかかった船なので、中へ。
綺麗でした、建物。写真撮り忘れてしまったけど、緊張のあまり(*´з`)
ロビーでは、皆さん談笑していて、まるで日本の病院の待合室のよう。
日本も病院じゃなくて、こういう集える場所がもっとあるといいのに。

さて、いざ受付へ

やっぱり英語はよくわかんなかったけど、そこの部屋でドロップインだから行けっていわれたらしい、go!って言われたから…

ソロ~っと扉を開けて
き、きぁんあいじょいん(can l join)…えーと…
お~ウェルカムほにゃらら…

よくわからないけど、はいれたらしい。

一応、折り紙は持っていってよかった、ってか、日本からオマエはそんなもの持ってきてたのかって?はい、なにか問題でも…

英語のorigami折り紙の本がいっぱいあってビックリ。
お姉さまが貸してくださったので、ひとりもくもくと折るボク。

いや、だって、雑談わかんないだもん。
文字通りクラブだったらしく、みんなお喋りしたりお茶飲んだりおかし食べながら
中には折ってる人もいるって状態。
すごい器用で超大作を作り上げている人もいて、ボクなんて全然かなわないや、すごいなぁーって思った。それは中国の折り紙だって話。あの、細かいパーツを組んで、ギザギザ感のある立体動物を作る折り紙、あれって中国折り紙なんだ。写真撮らせてもらえばよかったな~文字じゃ伝わらないよね(-_-;)

雑談の話に戻って、英語自体はそんなに難しくないような気もするんだけど、
考えたら、日本で同じような年代のお姉さまの折り紙サークルにボクが行ったら
やっぱり浮くよね、話ついていけないよ。
今ここで話わかんないのって、英語の問題だけじゃなく、属性の問題もあるよね。
とか考えながらもくもくと折ってると、それでもたまに話しかけてくれて。
ダイソーって知ってる?
もっちろん…し、しゅあ、あー、ダイソーイズベリーポピュラーインジャパン…
はぁ、もっと喋れたらね
お姉さま方は、ジャパンタウンのダイソーの折り紙が安いのよーといってた。
ボクからしたらダイソー高いけどね、1.5ドルだし、今の相場だと特にね。

皆さん、いろいろなサイズや柄の折り紙持っててびっくり。しかもインチで話してるし。
インチとセンチの互換がわからない以前に、ボク折り紙が何センチかなんて知らんけど…
丸い折り紙とかもあって、それもジャパンタウンのなんとか言う店らしい。
日本の土産物で見かけるような、折鶴のイヤリングとネックレスをしている人もいて、確かに西海岸は日本人には身近なところかもしれない。

でも、これ来週も来るのしんどいなー、って思ってたのに、
帰りぎわに、セイムプレイスセイムタイム(same place. same time)
来週もどうぞ的に聞こえたので(違うかもしれんが)、サンキューって帰ってきた。
来週は確かにまだ暇ではあるんだけど。うーむ。
今度は本も持って完全防備で行こうかしらん(笑)

相方に夜、まさかホントに行くとは思わなかったっていわれた(*_*)
e0351841_05364341.jpg

[PR]
by koguren | 2015-07-24 05:41 | 習い事・趣味 | Comments(0)