相方のアメリカ赴任についてきてしまった、英語力ゼロ、収入ゼロのプー太郎の雑記です。カリフォルニア州サンマテオ郊外の田舎町在住。
by koguren
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
全体
一時帰国
運転免許、交通関係
WHOLE FOODS
ヨーグルト
英会話ESL@サンマテオアダルトスクール
TRADER JOE'S
歯医者
食材・食品等
お菓子・ジュース等
習い事・趣味
お出かけ・ショッピング・レストラン等
サンフランシスコ
サンマテオカレッジ
旅行
未分類
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
フォロー中のブログ
shina_poohな日...
ひとりぼっちランチ
Santa Clara ...
ベンチュラ郡の青い空
ひとりごと いん かりふ...
Yokohama Bay...
最新のコメント
> さわさん コメント..
by koguren at 04:49
しみじみ。 奥が深いな..
by さわ at 21:37
> Webleyさん ..
by koguren at 05:23
こぐれんさん、とりあえず..
by Webley at 04:10
> こうよしさん ホン..
by koguren at 03:05
ブログ2周年記念、おめで..
by こうよし at 22:57
> JPNSFOさん ..
by koguren at 14:15
ブログ2周年おめでとうご..
by JPNSFO at 13:24
> るいこりnさん あ..
by koguren at 11:25
ブログ2周年記念おめでと..
by るいこりn at 09:40
メモ帳
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusha..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ブログ引っ越します
at 2017-06-14 12:14
ブログ始めて約2年経ちました
at 2017-06-13 11:47
サンフランシスコ ~デ・ヤン..
at 2017-06-12 14:18
サムトランスバス SamTr..
at 2017-06-11 16:47
サムトランスバス SamTr..
at 2017-06-10 15:09
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
つぶやき
海外生活
画像一覧

カテゴリ:お菓子・ジュース等( 20 )

ハーブティー ~リラックス編~

さて、ハーブティー特集第3弾、リラックス編。
e0351841_15340048.jpg
何となく、パッケージも青系統で、リラックスを意識しているよーな。

Cup of Calmから。
e0351841_15265087.jpg
直訳すると、穏やかなカップ?!、ってか、一杯、くらいの意味だろうね。
Calmって、穏やかな、みたいな意味。
Y-G性格検査の安定C型ってこれの頭文字っす。

封を切った途端、ミントガムの匂いがふわっとしてきました。
どっちかというと、目覚めさせ系の香りなのだが…
e0351841_15264913.jpg
飲んでみても、匂いが鼻に抜けてスース―する感じ、風邪対策ハーブティーみたいです。
甘みはほとんどなくて、普通のお茶みたいな味ですが、舌の奥に若干苦みを感じる気がします。
すごくクセがあるとは言わないけど、香りと味の感じだけでいうとCalmかはナゾ。


次、Nighty Night
e0351841_15274461.jpg
おやすみ~zzzみたいな意味らしい。
e0351841_15275000.jpg
色も薄いけど、確かに味も薄め、やや酸味めいた味がするかな?しないかな?という味。
お休み前なので、刺激を極力抑えている、という感じはします。
ただ、ボクが思う、アメリカで出会う典型的なハーブティーの味で、薄いけどクセはあるなって感じです。


続けてNighty NightのValerian
e0351841_15281623.jpg
Valerianってなんだろと思ったら、カノコソウとかいう植物だそうで、根を乾燥させた薬が鎮静剤、鎮痙剤として使用されていたのだとか。
e0351841_15281744.jpg
まあ、割と普通のお茶かな、クセもそんなにないかも。
ちょっと舌の奥がスーッとした感じになるかな。

ノーマルのNighty Nightよりボクは好きかも。


これでストレスがなくなったらいいよなーと思うStress Ease
e0351841_15285338.jpg
シナモンって書いてあるその通り、匂いだけはシナモンです。
というか、ボク的には生八つ橋のオレンジ色のニッキの香り、という感じなんだけど。
e0351841_15285498.jpg
こーれはですね、なんか草の味がします、笹の味?のような。
パンダの気分だ(笑)。


ひたすら飲んでみたけど、総じて、わざわざこれらを飲んで寝ようとか、ストレス解消しようとか思わないかな、ボクは。
最初のうちは効くと思って飲んでて、体にいいことしてる満足感?みたいなのもあるけど、毎日飲んでると飽きてきちゃう。
そこまでハーブティーラブじゃないんだろうな、今更だけど(笑)。

風邪対策のハーブティーのように、狙っている効果がある程度実感できたり、良薬口に苦しでデトックスになるならと信じて飲む場合と違って、リラックス効果なんてプラセボ(偽薬)効果みたいなもんだと思ってて。
だったら飲みなれないハーブティーより、ほうじ茶の方がよくない?って思ってるオシャレ感ゼロの自分にがっかりだけど。

せっかくなんで、試験前にパニックになった時のためにCalmでも温存しといて、落ち着け落ち着け―って飲んでみようかと思いまふ😋

関連記事


ご覧いただきありがとうございます!コメント、突っ込み、お気軽にどうぞ。

[PR]
by koguren | 2017-05-18 15:33 | お菓子・ジュース等 | Comments(0)

ハーブティー ~デトックス編~

以前、ハーブティーの風邪対策編をやりましたが
今度はデトックス編です。
e0351841_00001063.jpg
毎日デトックス、なんて、日本で流行ってそうな名前だ…

ノーマルなのから
e0351841_00100101.jpg
健康な肝臓の機能を助けるってことらしい
e0351841_00062645.jpg
わっ、なにこれ、にがっ!
そして飲み込むと、舌の奥で甘い。
しばらく飲むと、苦みは慣れてきますが、返って甘みが気になるかも…
ちょっとボクはこれ、苦手かなぁ。

お次、レモン
e0351841_15245422.jpg
カフェインフリーって箱には書いてあります、そして、肝臓だけじゃなくお肌にもよいとか
e0351841_15245581.jpg
うーん、これ、レモンか?
いわれれば、ほんの少し酸味があるかなぁ。
そして、色も薄いのですが、味も薄い、甘みもあまりないので、よく言えば普通のお茶のように飲めます。
悪く言うと、出がらしのお茶みたい。

最後、ダンデライオン=タンポポ
e0351841_02340652.jpg
これは肝臓+腎臓にいいらしいのだが
e0351841_02341295.jpg
ちょっと苦くて、ちょっと甘くて、独特の香りがちょっとだけします。
このシリーズの中ではボクは一番飲みやすいかな。
とはいえ、いかにもこちらのハーブティー、とボクが思っているようなクセはあるので、毎日デトックス!って気にはならないかも…

風邪対策編が、比較的何の症状をターゲットにしているかわかりやすいのに対し、デトックス編は、おーデトックッた!ってのがわからないのが、比べようのないところ。
それぞれを1か月とか飲み続ければ、体に変化でもあるのだろうか…

とりあえず、肝臓にはいいみたいなので、酒飲んだ後や翌日にデトックス!習慣にでもしてみよーかと思いまふ😋

ご覧いただきありがとうございます!コメント、突っ込み、お気軽にどうぞ。

[PR]
by koguren | 2017-04-16 02:37 | お菓子・ジュース等 | Comments(0)

ハーブティー ~風邪対策編~

ハーブティーって、最近日本でも流行ってきてるけど、こっちはホントに種類が豊富。

以前アダルトスクールの授業で、ティーチャーが庭に生えているというハーブを持ってきて、頭痛に効くとか、風のひき始めに良いとか、いろいろ説明してくれました。

それまで、ちょっと洒落たアフタヌーンティーのお供的な目で見ていたハーブティーの印象が、劇的に変わりました。
民間療法の代表格だったんだ…って。

西洋=薬で症状を抑えて治す、東洋=漢方薬や古くからの手法を使った自然治癒力の増強で治す、みたいに言われてるイメージってない?
ボクの思い込みかな。

西洋にも、漢方薬的なモノあるんじゃん、って思った次第。

いろいろ試してみたいと思いつつ、結構クセが強いのもあるし、どっから攻めようかなーと思ってましたが、欲しい効能を持つハーブティーから攻めるのがいいかと。

で、冬シーズンにとっておきのこちらのシリーズから行ってみました。
e0351841_16125516.jpg
風邪対策シリーズ。
右の箱は4種類の詰め合わせという、飲み比べ隊にはおいしい商品(笑)。

じゃ、順番に。

Breath Easy
e0351841_16350822.jpg
息しやすくする、ってことで、鼻詰まりの時とか、咳が止まらない時とかを想定してるのかな。
封を切った途端に、ミントガムの匂いがしました。
e0351841_17020584.jpg
ほのかな甘みとハーブの苦みが舌に残ります、いや、ほのかなというより、薄い、と言った方が近いかな、ボクはあんまり好きじゃないかも。

Crispy Cold Care
e0351841_16373699.jpg
こちらもミントのかなり強い匂い、加えて甘い匂いもします。
e0351841_16374388.jpg
味は以外にも甘くなくて、むしろやや苦く、味も濃い。
飲み終えた後に、舌の奥にちょっと甘みが感じられました。
飲むほどにミントのスーッとした感じが鼻に抜けてきて、確かに風邪の症状のケアになってる感じ。

Echinacea Plus
e0351841_16410909.jpg
エキナセアって、風邪対策サプリにも入っているけど、こちらは袋にも書いてあるようにImmune System、つまり免疫強化を狙ったもので、風邪の症状をケアするものではなさそう。
封を開けたら、ニッキの香りが一瞬したように感じました。
e0351841_17033590.jpg
飲んでみると至極普通、ボクが一般的なハーブティーだと認識している味です、って、そもそもハーブティーの平均味なんて本来存在しないけど…
普段使いで飲める感じなので、免疫力アップという目的にもかなっています。

Throat Coat
e0351841_16453197.jpg
喉のケア
e0351841_16512895.jpg
ニッキ臭くない冷やしアメ(の温かいの)って感じ、って言っても全然伝わらないか…
甘みが割と舌に残ります、ボクのイメージでは甜茶(花粉症に効くと言われて一時期ブームになった)に近い味わいです。
お茶の味より甘みの方が印象に残ります。

喉が痛い時って、こういう甘いものを喉に通すといいんだろうね。
のど飴も、最近はシュガーレスでさっぱりしちゃってるけど、昔からのロングセラーのって、結構甘いよね。

これにはレモン風味というのもあって
e0351841_16514424.jpg

e0351841_16520364.jpg
レモン?レモンかな、まぁいいや、系統は同じ気がします。
ボクは普通の方でいいかな、お好みで。


飲み比べてみると、ターゲットに合うように調整されてんなーと思って、ちょっとびっくりしました。
まぁいろいろブレンドしてこうしてるんだろうけど、庭に生えてるの抜いてきて入れてるわけじゃないので。

あと、ハーブの香りが効いてるってのは、やっぱり西洋っぽいなーと。
一口に「苦み」と言っても、西洋の苦みと東洋の苦みと違うような。
唐辛子とからしとわさびの「辛さ」って違うじゃん、それに通ずるものを感じた。


このメーカーは、WHOLE FOODSでもSAFWAYでもすごーいたくさんの種類を見るし、サイズもお手ごろなので見るとつい買ってしまい…箱がゴロゴロ(笑)。
風邪のシーズンも終わりなので、他の効能を狙ったものも、順次試していきま~す😋

ご覧いただきありがとうございます!コメント、突っ込み、お気軽にどうぞ。

[PR]
by koguren | 2017-03-31 17:07 | お菓子・ジュース等 | Comments(0)

豆腐のおやつ

おやつと言っても、豆腐ババロアとか、そんなんじゃないっす、ホントに豆腐。
行け!うまみ、って、うまみ君レッツゴーみたいなイメージなのだろうか。
e0351841_16575556.jpg
e0351841_17015760.jpg
中華系スーパーで見つけました。

スティックタイプのチーズは時々食べてますが、豆腐なんてのも悪くないかなと思って、置いてあったフレーバー3つとも買ってみました。

SAVORYセイバリーからいってみます。
e0351841_16575677.jpg
セイバリーって何?
調べたら、シソ科トウバナ属の芳香性の草の総称…って、ハーブってこと?

正直、微妙すぎて書き表せません…
特に香りがいいわけでもなく、味もあるんだかないんだか、固く水切りした豆腐状態です。

うーん、これはあとの2つもどうかな…

オレンジ照り焼き…ってフレーバー自体がどうなのかな。
e0351841_16575728.jpg
確かにオレンジの香りします、酸っぱいし、やや甘い。
照り焼きの味はよくわかりません。
はっきりいって、マズイのレベルでした、ボク的には…

ヒッコリースモーク
e0351841_16575488.jpg
一番マシそうなのを最後に残しました。
…が、匂いは超スモーク、味は醤油、固くて味となじまない、もうなんかばらばら。

3人まとめて却下!ですよ(好きな人いたらごめんなさい、人の好みはそれぞれなので…)。


豆腐自体も固くてうまみが抜けちゃってる感じですが、それ以上にフレーバーの選択が間違ってる気がします。
何故オレンジ照り焼き⁇
オレンジと照り焼きのコンビも、オレンジと豆腐のコンビも、どっちもいけてないでしょ。

もう一つ、開けてみて気づいたのですが、意外と食べにくい。
汁気もあるし、ひらぺったいので、棒状のチーズみたいに手軽に食べられません。
かといって、ご飯のおかずになるモノでもないし、家呑みつまみなら個包装である必要ないし。

そういえば、以前SAFEWAYで、似たような感じで、ゴマ味のついている豆腐を買ってみたことがあります。
真空パックみたいになってて、水分が抜かれた固い豆腐で、サラダなどに混ぜてそのまま食べられます、みたいなふれこみで売ってました。

これも微妙でした、胡麻ドレッシング風味なので、味の選択自体はアリだと思うのですが、やっぱり豆腐がおいしくないのと、味がついているにしては薄いし、他の味を足そうとすると邪魔をする。
使い勝手の悪いシロモノでした。

今回のは、その時以上にこりゃないわ~な豆腐でした。
いや、豆腐というカテゴリーを越えて、こりゃないわ~な買い物でした(笑)。
これ、買う人いるのだろうか…
ベジタリアン用としてなら、需要があるのかな。
だったらむしろ、大豆を肉の感じに加工してある方がまだいいような。

もう2度と食べることはないであろう記念として記録しておきます😝


ご覧いただきありがとうございます!コメント、突っ込み、お気軽にどうぞ。

[PR]
by koguren | 2017-03-30 17:28 | お菓子・ジュース等 | Comments(2)

日本のチョコ菓子

日本に一時帰国した時に持ってきたチョコレート菓子。

ちょうどバレンタインも近いので、よろしければこんなのどーぞ。
e0351841_17291935.jpg
ベルンのミルフィユの酒バージョン。

成田空港では、海外出発ロビー限定品って触れ込みで売ってますが、パッケージを見るとバレンタインって書いてあるんだよね。

試食を配っていたお姉さんに聞いてみたところ、成田空港では年中売っていて、他のデパ地下などのベルンの売り場では、バレンタイン期間限定商品として売っているという。

ってことで、コンセプトがイマイチ謎ですが、今の時期ならデパ地下で買えるはず。

ラム
e0351841_17293074.jpg
うーん、ラム、ラムかなぁ、普通のミルクチョコのミルフィユだけど。

ブランデー
e0351841_17292964.jpg
これは結構香りがします、ビターチョココーティングにしてあるのも、マッチしてよい感じ。

バーボン
e0351841_17295089.jpg
特にお酒っぽい匂いもせず、味もなんとなく薄い?感じでイマイチ。
そもそもバーボンを飲んだことがない(と思う)のでよくわからないけど…

梅酒
e0351841_17294876.jpg
ほのかに梅酒の香りします、甘い匂いのせいか、チョコとも意外とマッチします。

日本酒
e0351841_17295790.jpg
実際、紹介した順に食べてます、つまり、一番手が伸びなかったのがこの日本酒…

で、一番撃沈しました、だって、食パンの匂いするんだもん、なしてーな!
もしかして、日本酒の麹と食パンのイーストが似たような香りに行きつくのでは?という仮説、だけど不明。


というわけで、それぞれのお酒の香りや雰囲気に合わせて、チョコの味も変えてあってなかなか手が込んでます。

といいつつ、これを言っちゃ元も子もないのだが…普通のミルフィユでいい気がするな(笑)。
ま、だから限定品にしてるのかもね、よく考えてますマーケティング。


これもいつも空港でつい買ってしまうチョコ。
e0351841_17294995.jpg
ロイズの板チョコラムレーズン。

これも気付けば酒なのだが(笑)、実際しっかりアルコール感じますが、結構おいしい。
ラムレーズンがぎっちりつまってて、いつもきれいに割れないほど。
他にも普通のミルクチョコ、抹茶とあるみたいですが、成功体験のあるこれをつい買ってしまいます。

北海道限定品とはいえ、今や物産展やアンテナショップにも出るようになって、一般的になった感じのあるロイズの生チョコですが、板チョコは意外と見ないような。

実はこれ、サンノゼにある日系スーパーミツワでも売ってます、ちょっと高かったけどね。


もひとつ酒がらみで、今回空港で山積みになってたこんなのを衝動買いしてしまいました。
e0351841_17293872.jpg
キットカット日本酒!
e0351841_17293851.jpg
これは、ボクはもういいです、好きな方ごめんなさい。
確かに日本酒の匂いはします、まぁ味も頑張って反映させてるのかな、要は日本酒とチョコって合わないんですよ、きっと。


まぁ日本のお菓子を買い込んできたというよりは、空港で暇つぶしに買うとこんな感じのラインナップになるってだけです。


空港で買ったモノ以外では、頂きもののこんなお菓子を担いできました。
e0351841_17543706.jpg
東京玉子本舗のN.Y.リッチスカッチサンド&Wチョコレート、ニューヨークトラディショナルスタイルらしい。
これ、大評判で並ばないと買えないとか。
e0351841_17563415.jpg
個放送で型崩れ防止のケースにまで入っている辺りは、ジャパニーズスタイルのような気がするけど。

断面はかなり凝っていて
e0351841_18051644.jpg
一番上はチョコレートの板、あとは何とも言えないサクッとくずれるクッキーと、ナッツ入りキャラメルクランチと、チョコレートとが何層にもなっているという。

パリ、サク、コリポリ…と名前の通りリッチ。

だけど、甘さだけはニューヨーク、というかアメリカンかも、日本のお菓子にしては甘い部類だと思う、こっちの甘味に慣れた舌に違和感なく甘い(笑)。

クッキーの食感がお初な感じで、物珍しさもあるので、ヒットしそうな気はします。

が、後は好みかな。
確かに美味しかったけど、ボクはちょっと飽きが来る味だな、ってのと、どうしても層が分離するのでこぼさず食べるのに技術がいる、という点で、定番化は厳しいかもってのが本音です。

ベルンのミルフィユだってポロポロこぼしてんじゃないか、って話ですが。
ただ、あれは細長くて、口に入りやすいってアドバンテージがあるんだよね。
円形で、さらに型崩れ防止のプラケースとか入れられちゃうと、どう攻めていいかわからない。
これは皿に出せということなのか、プラケースを外して袋に戻してかじっていいのか…

なんか和牛の漫才みたいになってきた、理屈なんかええからおいしく食べて~って言われそうやわ。


以上、なぜか日本の人にも珍しい?!日本のチョコ菓子成田空港編でした。
あ、ニューヨークスタイルの円盤は銀座ですけど…😋

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by koguren | 2017-02-07 18:36 | お菓子・ジュース等 | Comments(0)

OREO オレオ アメリカ版

日本のオレオって、ライセンス契約が切れて、日本国内での製造って8月で終わっちゃったんだってね。

その後は中国で日本向けに製造されたものが輸入されるって話だけど、既に入ってきてるのかな?
多少味変わりそうだよね…

といっても、ボクは日本でオレオなんて、最後に食べたのいつだろう?なレベルなので、違いさえわからなさそう。
アメリカみたいにフレーバーがいっぱいになったりするのだろうか。

こっちはホントにオレオいっぱいあります。
というわけで、題して、オレオ図鑑(笑)

とりあえず、基本形。
e0351841_13304992.jpg
基本形の兄弟、クリームが倍
e0351841_13343971.jpg
倍でもしつこいと思うのに、さらにクリームがメガ
e0351841_13343818.jpg
そんなにクリームなめたい?

かと思えば、脂肪分カット
e0351841_14515212.jpg
そんなに変わる?
と思ったら、3枚で10kcal程度しか変わらないみたい…

お次は、オレオのクッキーが黒くなかったら、オレオじゃない気がするこちら
e0351841_13305018.jpg
去年、アダルトスクールの差し入れで頂いたらしく、意外とオレオっぽいと思って食べたみたい。

これもクリームが倍バージョンあり
e0351841_14545171.jpg
この2つの基本形?オレオの混合型
e0351841_13343881.jpg
正直、何がしたいのかよくわからない。

後はクリームのフレーバー七変化。

コントラストが微妙なチョコレート
e0351841_13402068.jpg
こっちではチョコとの合わせ技でよく出てくるミント
e0351841_13402079.jpg
同じくチョコによくくるまってるピーナッツバター
e0351841_14545077.jpg
誕生日ケーキのイメージらしいのだが…
e0351841_13401708.jpg
ホワイトの生地と合わせているレモン
e0351841_13401952.jpg
同じくホワイト×シナモン
e0351841_13401777.jpg
これは生地の色がnewだね
e0351841_13401894.jpg
でも黒い生地に着色料なのではと…

あれ、なんかデザインが?
e0351841_14503487.jpg
SAFE WAYプライベートブランドの、コピー商品でした…

ホントは全部試食して書きたいところですが、そこまでオレオ好きじゃないのと、1つ買ってもかなりの量なので、さすがに断念。
季節限定品みたいなのもあるから、フレーバーも出たり入ったりするしね。

でも、このオレオは気になって試しました。

Thin、つまり、薄いオレオ
e0351841_15024097.jpg
これは黒い生地にチョコクリームの薄いバージョン。
e0351841_15024249.jpg
e0351841_15024319.jpg
これがねー、なんかおいしい気がするんだよ、普通のオレオより。
チョコクリームって、意外と白クリームより甘さが控えめな感じってのもあるかな。
だけど、オレオとは縁遠いこの軽さ?が妙に後を引く、パリって感じだし。

不思議だよね、ただ薄いだけなのに、この違い。
味ってさ、においとかも関係するじゃん、当然歯ざわりとかも関係するからかなとか。

普通のオレオの薄いのもあって
e0351841_15102026.jpg
これは4枚ずつ個包装になってる箱入りもあるので
e0351841_15102388.jpg
個包装のお菓子が少ないアメリカから、チョコが買えない夏に、日本に持ち帰るお土産にしたことがあります。

黒い生地のバージョンでは、ミントクリームも薄いのが出てました。
e0351841_15102148.jpg
白い生地バージョンの方も試してみることに。
レモンクリーム
e0351841_15115445.jpg
e0351841_15024132.jpg
これはねー、ちょっとボクには甘すぎた。
やっぱり黒い生地の方がビターめだなって上に、レモンクリームがやたら甘し。
ボク的にはあんまおススメしません。

白い生地に定番クリームの薄いタイプもあります。
e0351841_15102113.jpg
薄いタイプは日本でも受け入れられると思うけどな~
中国生産を機に入ってきてくれるといいんだけど。

最後に、これはオレオなのか?というオレオ。
e0351841_15101819.jpg
つけて食べるタイプ。
中は個包装になってて
e0351841_15135656.jpg
クリームとビスケットが分かれて入ってます。
e0351841_15101959.jpg
このビスケットを真ん中でぱきっと割ってやって
e0351841_15101990.jpg
召し上がれ、と。

クリームが、つける想定なので柔らかめ、モノによっては若干分離してました、脂分が多いのかな。
クリームをビスケットにはさんで食べようとすると、押し出されてはみ出しちゃいます。
甘さはしっかり、まさにオレオのクリーム。

ただね、なんかオレオじゃない、オレオの味だけど、なんか違うよー。
はぁ、ボクって柔軟性ないよな~、しみじみ。

こっちでは、同じ形の容器で、柔らかめのチーズと棒状のクラッカーって組み合わせが売ってるので、そっから出て来た食べ方かなぁ、とか。

とゆーわけで、いつか日本に上陸?するかもしれないアメリカ版オレオたちでした。

もし、幻の日本産オレオ!がお手元にある方は、大事に保管してください。
そして、中国産オレオが出回り始めたら、並べて食べ比べてA41枚分の比較レポートを提出してください(笑)。
ウソです、だけど、ホントにやった人いたら、違い教えてくださ~い😋

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by koguren | 2016-10-15 15:37 | お菓子・ジュース等 | Comments(0)

牛乳の脂肪率@アメリカの巻

昔、祖父母宅には小岩井の瓶入り牛乳が宅配で来ていて、たまに飲んでました。
あるときに瓶をよく見たら、加工乳って書いてあって、目を疑いました。
え?牛乳じゃないの?みたいな。

小岩井ともあろうところが(笑)、こんなまがい物売っていいの…?って幼心(幼くもなかったか)に思ったのですが、結局何が加工乳だったのかは今もって知りません。

当時のボクは加工乳=品質が悪いモノ、みたいなイメージだった気がする。

厳密には低脂肪乳や無脂肪乳も加工乳の一種でしょうから、粗悪品ってことじゃなかったんでしょう。

アメリカでは、その手の低脂肪系もまとめてMILKって表示はされてますが、いわゆる牛乳はWHOLE MILKと言ったりもするそうな。
e0351841_17424652.jpg
ビタミンDが付加されているものが多いかな。
ボクは日本でもさほど牛乳を飲んでいなかったので気になりませんでしたが、日本のより薄いって声も聞きます。
言われてみれば、こぼして雑巾で拭いたときに、日本みたく牛乳特有のにおいがしないなぁ、とは思いました。
なので、確かに薄いのかもね。

日本でいう低脂肪乳に相当するものは2種類あって、
Reduced Fatと呼ばれる脂肪分2%のものと
e0351841_17422146.jpg
Low Fatと呼ばれる1%のもの
e0351841_17430163.jpg
たった1%の違いって意味あんの?って思ったけど、もともとの牛乳が3~4%程度だって話なので、そこそこな違いらしい。

飲み比べてみると、2%の方が確かに普通のミルクに近くて、多少甘みやコクが少ないかな?って程度なのに対して、1%の方は、むしろ人工的な甘み?みたいな印象。

以前自宅でヨーグルトを手作りしているパキスタン人のおばさまが、2%ミルクがいいのよ~って言ってたけど、確かにカロリー控えめ味変わらずを目指すなら2%がいいかも。

ただ、コップ1杯当たりで150kcalか130kcalか120kcalかって程度の違いって、そんなに大きい?
飲む量が違うのかな…

そこへ行くと無脂肪乳は80kcalと優秀ですが
e0351841_17431944.jpg
薄い、さらっと、乳飲料(笑)。
別の意味で、これが好きな人はいるのかも…
でも、日本の無脂肪乳よりはよくできているような気もしなくもない。

ちなみに、アメリカではコーヒー専用のハーフ&ハーフって代物があります。
e0351841_17461494.jpg
最初これは低脂肪乳(ハーフ=半分と勝手に解釈)かと思って、コクあるな~とおバカな勘違いをしてました。
むしろ逆で、生クリームと牛乳が半分ずつブレンドされているもの。
日本の小さいポーションのクリームよりはたっぷり入れる感じですが、牛乳をたっぷり入れたカフェオレ的な使い方もしない感じかな、見てると。

以前日本から来た人が、これは牛乳っぽい味を残しつつコーヒーが薄くならなくていいって言ってました。

スタバのようなコーヒーショップに行くと、店舗にもよりますが、たいていこのハーフ&ハーフは必ずあって、後は無脂肪乳があったり、普通の牛乳があったり、フルメンバー揃ってたりとまちまち。

ボクが最近気に入ってるコーヒーの飲み方は、このハーフ&ハーフと普通の牛乳を半々ずつ入れるというめんどくさいやり方。
スタバを覗いて、その2種類があることを確認してから入る始末…
要は、ハーフじゃなくて3:1を作ってくれって話なのですが。

ウチはこの500mlサイズくらいがありがたいのですが、ハーフ&ハーフを除いてこのサイズはなかなか売ってない。
本当はこのメーカーからオーガニックのラインナップもあるんだけど、そっちは1Lサイズしか見たことないし。
そもそも標準が2Lか1ガロン(約4L)なのかな、もう1ガロンのはパックじゃなくてペットボトルみたいなやつだったりするし。
そんなの2つもカートに入れて、何人家族なんだろう、何日分なんだろう…と、いと不思議なことこの上なし。

それにしても日本のスタバ、なぜハーフ&ハーフを取り入れないんだ?
メーカーが作ってないから?別に店で半々ずつ混ぜりゃよくない?
むしろウリポイントみたいになりそうだけどな、アメリカ直伝、ハーフ&ハーフ常備!みたいな。
そのくらい、アメリカでは日常的なハーフ&ハーフ、これは日本に帰ったら懐かしくなるかもなぁと思う次第でした…って、自分で3:1作ってるから関係ないやん😜

[PR]
by koguren | 2016-10-10 19:00 | お菓子・ジュース等 | Comments(2)

m&m's

m&m'sって日本にもあるし、ってか、日本でも食べないし(笑)。
なんだけど、去年のハロウィンの時かな、もらって食べたら、何となく糖衣の部分が日本より甘くて、色もビビッドなような…

ってことで、一層体に悪そうな気がして、こっちでも食べてなかったのですが、こんなフレーバーを見つけて、つい買ってしまった。
e0351841_16050752.jpg
ピーナッツバター。
日本にもあった?覚えてないんだけど。
こっちでは、ピーナッツクリームが中に入ってるチョコって結構見るので、その一味かな。
断面図アップ
e0351841_16051861.jpg
これはね、ホントにピーナッツバター部分が、単独でピーナッツバターとして成立するなって感じの、ちゃんとした味わいでした、バター部分だけなら甘すぎず。

1つ食べたら他のも試してみたくなるってもんで。
e0351841_16052835.jpg
プレッツェル。
e0351841_16082823.jpg
これは、しっかり塩味のプレッチェルが入ってます、丸型の。
食べごたえもしっかりあって、むしろ塩味勝ちすぎでしょって感じ、ボリボリ食べるm&m's。

ちょっと似てるんだけど、
e0351841_16084108.jpg
こちらはクリスピー。
e0351841_16084866.jpg
クリスピーって、もっと小さいパフがチョコに混ざりこんでるイメージだけどね。
だけど、確かにネタは同じかも、パフパフしてて、こっちはチョコに負けすぎ。

これも、見覚えないんだけど。
e0351841_16123798.jpg
メガサイズ。
e0351841_16124873.jpg
これを食べた時に気づいちゃったんだけど。
m&m'sって、糖衣と一緒にパリポリ食べるから、食べられるんだね。
このくらいデカくなると、なめたくなるわけ、そーすると、チョコの味がもろにわかって…
まぁ好みはあります、人それぞれ、だけど、おいしいチョコとはいい難い…
もそっと甘いだけ?カカオの含有量低そうだなぁと。

ってか、なめんなよ!って?いや、そのなめるじゃなくて、物理的になめるの方ね。

ところで、ホントに3倍なのかなぁ。
e0351841_16130528.jpg
ノーマルなのね。
e0351841_16131694.jpg
3倍と並べろやって、確かに。
e0351841_16132341.jpg
どお?
いちおね、1グラムと2~3グラムでした、まぁ秤も1グラム単位だから誤差のうち、嘘じゃないらしい。
それにしても、真ん中のmの字が、小さい方が大きく見えない?
これぞ、実験心理学の教科書に載ってた錯覚(錯視)ってやつじゃろね。
生活の中に生きてますよ、そう、小さいお皿に盛りつけたほうが、多く見えるんよ、上品じゃないけどね(笑)。

乗りかかった船なので、日本でも食べたピーナッツ。
e0351841_16260898.jpg
e0351841_16262024.jpg
日本でもこんなに凸凹してたっけ、もちょっと滑らかな楕円だった気がするのは幻想かな。

これも日本にあったかな。
e0351841_16272833.jpg
ミント、あんま好きじゃないんだけど。
やっぱジャンクチョコは甘くないとね。
e0351841_16273490.jpg
これ、チョコが2層になってて、外側はビターなんだよね、ちゃんとミントと合わせてある。
そして、カラフルがウリのm&m'sなのに、ミントは緑系統しかないんだ、気付いてなかった。

メガがあったらミニもあって
e0351841_16294179.jpg
e0351841_16294793.jpg
なんかね、最初に食べたらよかったかもだけど、ここまで来て食べたら超物足りない。
こうして舌がアメリカ慣れして、甘みにニブくなっちまってるよーな。

今年は75周年なんだって、復刻版みたいなパッケージのも売り出されてました。
e0351841_16312404.jpg
なんかキャラクターが若干歴史を感じさせる表情かね?
これは箱入りのなんだけど、こっちでよくあるパターンで
e0351841_16313420.jpg
箱の中に袋も何にもなくて、いきなりざざって入ってるんだよね。
日本だったら、なんかの間違いかと思っちゃいそうな。

ま、この近辺の気候なら溶けることもないのでいいんだろうけど、アメリカでも南の方だとベタベタしちゃうんじゃないかなぁ。

というわけで、いつものごとく散々食べてから言うのもなんですけど…
多分ね、多分だけどね、ボク、マーブルチョコの方が好きだ😂
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村


[PR]
by koguren | 2016-08-25 16:44 | お菓子・ジュース等 | Comments(0)

スニッカーズの親戚?紹介

スニッカーズの親戚たちを紹介します。

まずは親玉
e0351841_15223337.jpg
サイズ2種類ありました、ファンサイズの定義ってなんじゃろとか思いつつ。
e0351841_15230192.jpg
ま、日本のスニッカーズと同じです。

これもネスレから出てるモノで、スニッカーズによく似てます
e0351841_15212458.jpg
キャラメルの比率が高し。

これも日本にあるかな、ミルキーウェイ、でも、種類がいろいろ
e0351841_15253479.jpg
これがフツーのかな、日本のより甘いような気が。
e0351841_15241066.jpg
これはミッドナイト、ダークチョコです。
e0351841_15251509.jpg
シンプリーキャラメルの名の通り、キャラメルのみ。
これは何だか味が単調で、チョコが柔らかキャラメルに巻き込まれて味が消えて、ボクはイマイチ。

似ている感じですが初対面なのがこちら
e0351841_15234849.jpg
中のもわっとした甘~い柔らか~いのがボクはビミョー。

これも日本にあったかなぁ
e0351841_15243097.jpg
中はビスケットなんだね。
e0351841_15245147.jpg
キャラメルが柔らかいので潰れちゃってます。
妙に甘い気がするのは、ビスケットの効果?!

これは根強いファンがいるという、いかにもバターな色のシロモノ
e0351841_15221064.jpg
中はキャラメル味なのですが、サクサクカラメルの感じなので、確かに他のモノと雰囲気が異なります。
好きな人は好きかも。

こちらではいろんなメーカーから出ている、ピーナッツバター入りチョコ。
e0351841_15202700.jpg
このオレンジのメーカーのが一番メジャーかな。
これはひらぺったいタイプですが、も少し小さくて深みのあるタイプもあります。
何度食べても、その時は美味しいとは思えないのですが、ボクは何となくまた食べたくなってしまう味。

こちらは変わり種
e0351841_15210669.jpg
アーモンドとココナッツのチョココーティング。
ココナッツラブの人には良さそうですが、ボクはあんまり。

アメとかもあるのですが、こんなん初めて
e0351841_15232786.jpg
半分キャラメル、半分アップルのアメ。
別々に食べさせてください…まったく混ざりません、はい。

これもアメ?
e0351841_15215115.jpg
かと思いきや、ガムでした。溶けないわけだ。

そして、王道ハーシー
e0351841_15194577.jpg
このサイズは可愛くて便利、普通サイズのとちゃんと同じ味です。

キットカット
e0351841_15184267.jpg
おいしー、けど日本と同じ味。
包装のデザインがちと違うかな。

クランチも日本で見ますが
e0351841_15180356.jpg
ん?なんだか角ばっていて厚みがあります。パフは下の方に沈んでました。
e0351841_15182227.jpg
味自体は同じような気がしますか、チョコがしっかりしている感じ。

今の時期になると、季節限定物も多いのですが、お気に入りキスチョコにも冬バージョンが。
e0351841_15354704.jpg
左の従来のキスチョコよりふたまわりくらい大きく、中にヘーゼルナッツ、チョコ部分にはパフが入ってます。
e0351841_15355921.jpg
普通のキスチョコの方がボクは好き。
何とも言えないハーシーの舌触りが、パフで消えてしまうからかもしれません。
ただ、ナッツの香ばしさ、大きいアポロみたいな嬉しさはあるので、キスチョコではなく単にチョコとしては悪くないかも。

てなわけで、だいぶスニッカーズからそれちゃいました。
美味しかったらおみやげにネスレ詰め合わせ大袋でもと思ってましたが、日本に入ってきてるものが日本人の口には合う気がして、わざわざ買っていくほどでもないよーな。

そして、やっぱりボクは、ハーシーのシンプルな製品が好きらしい。
ま、ロングセラーというのは、それなりの理由があるのでしょう😆




[PR]
by koguren | 2015-12-28 11:22 | お菓子・ジュース等 | Comments(6)

のし梅ならぬのしフルーツ

むかしむかし、あるところに、カード食品なる学研の付録がありました…
という記憶がうすぼんやりとあるのですが、ご存知の方いませんかね。
のし梅みたいにひらぺったくなってて、イチゴとか果物の味で。
宇宙食にもなって、これから流行るのだ!的な話だった気がするのですが、その後目にすることはありませんでした。

が、どーもそのカード食品を思い出させるようなお菓子を、TRADER JOE'Sことトレジョで見つけました。
e0351841_04244031.jpg
中身は板状で、食感はゼリーとチューイングキャンディの中間くらいでしょうか。
e0351841_04301458.jpg
フレーバーはいろいろありますが、全部アップルがベースなので、ちょっと匂いが変わるかなぁという程度の違いでした。
まずくはないのですが、ボクはそんなに好きではないかも。
グミの方がいいな、と思ったのに、他でも見つけて何となく買ってしまいました。
e0351841_04351096.jpg
こちらもベースはアップルで、フルーツが1/4カップも取れる、みたいなのを売りにしてるようです。それで買っちゃったんだけど。
e0351841_04360116.jpg
見た目はトレジョのとあまり変わりませんが、こちらの方が甘さ控えめで、より自然な感じ。
でもこれならドライフルーツの方がおいしいなぁ(笑)

こちらではこの手の手軽な食品で栄養がとれる、バー食品?みたいなのがわんさとあります。
聞くところでは、ホテルの無料朝食代わりに置いてあることもあるとか。
日本でも最近はプロテインバーとか見かけますが、こちらの種類の豊富さにはとてもかないません。
e0351841_04192362.jpg
見てると、結構筋肉質な人が、ガサガサっと買って行ったり。
運動の後に食べるのかなぁ?
おもしろそうなので、ボクもいくつか試してみました。

これはトレジョブランド、フルーツ100%
e0351841_01074869.jpg
厚みはありますが、のしフルーツの親戚です。
いろいろフレーバーはあるものの、やっぱり全てベースがアップル、なので、あまり味は変わりません。
で、何ともいえない空気のふにゃカス感と、フルーツが特定出来ないけどなんか甘い感じとで、また食べたいとはお世辞にも思わない味。

この手のだったら、ちょっと甘めにふってある方が食べやすいのでは?というわけで、お次はこちら。
e0351841_01091424.jpg
ピーナッツバター風味。
コレがですねー、なんとももそもそしていて、よくいえば甘さ控えめですが、悪く言えばナニ味かわからん。
フレーバーはいくつかありますが、大して変わらないだろーなーと思うと、ちょっと手が出ません。

もっと甘そうなのにしてみる?
e0351841_01095332.jpg
これだと、ちゃんとチョコレート風味、さすがに甘め。
ただ、もう用途がわかりません
ご飯がわりには甘い、お菓子には重い。
だいたい、こんなチビ1個で200キロカロリーもあるなら、チョコ食べます(笑)
これも、kidサイズなんでこの程度ですが、普通サイズは倍くらいのデカさ。
山登りとか、非常食にはいいかもしれません。

あと、アーモンドにココナッツ、絶対失敗ナシな組み合わせを固めたバーも。
e0351841_01110282.jpg
と思ったのだが、しかし!
固めたせいで、ナッツが湿っている
別々に食べなさい、サボるな!
これさー、クランベリー入りも買ってもーた。
食べる気しないな…

そういえば前にも、ナッツ&ドライフルーツで、しょっぱくて失敗したんだっけ。
この国では、美味しそうだと思っても、ひとつづつ試すのが吉のようです😆

にほんブログ村 海外生活ブログへ



[PR]
by koguren | 2015-10-12 01:50 | お菓子・ジュース等 | Comments(0)