相方のアメリカ赴任についてきてしまった、英語力ゼロ、収入ゼロのプー太郎の雑記です。カリフォルニア州サンマテオ郊外の田舎町在住。
by koguren
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
全体
一時帰国
運転免許、交通関係
WHOLE FOODS
ヨーグルト
英会話ESL@サンマテオアダルトスクール
TRADER JOE'S
歯医者
食材・食品等
お菓子・ジュース等
習い事・趣味
お出かけ・ショッピング・レストラン等
サンフランシスコ
サンマテオカレッジ
旅行
未分類
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
フォロー中のブログ
shina_poohな日...
ひとりぼっちランチ
Santa Clara ...
ベンチュラ郡の青い空
ひとりごと いん かりふ...
Yokohama Bay...
最新のコメント
> さわさん コメント..
by koguren at 04:49
しみじみ。 奥が深いな..
by さわ at 21:37
> Webleyさん ..
by koguren at 05:23
こぐれんさん、とりあえず..
by Webley at 04:10
> こうよしさん ホン..
by koguren at 03:05
ブログ2周年記念、おめで..
by こうよし at 22:57
> JPNSFOさん ..
by koguren at 14:15
ブログ2周年おめでとうご..
by JPNSFO at 13:24
> るいこりnさん あ..
by koguren at 11:25
ブログ2周年記念おめでと..
by るいこりn at 09:40
メモ帳
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusha..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ブログ引っ越します
at 2017-06-14 12:14
ブログ始めて約2年経ちました
at 2017-06-13 11:47
サンフランシスコ ~デ・ヤン..
at 2017-06-12 14:18
サムトランスバス SamTr..
at 2017-06-11 16:47
サムトランスバス SamTr..
at 2017-06-10 15:09
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
つぶやき
海外生活
画像一覧

カテゴリ:運転免許、交通関係( 17 )

事故った…

事故りました…泣

3日たってようやく諦めついてきました。

違反切符切られたときも書いたので、やっぱ書いとこうと思います。

結論から言うと、かすった程度で、車も修理しなくていいし、ケガもしてません、その点だけはご安心を。
記録上は事故など存在しなかったことになります。


結局ボクの判断の悪さで、そんな雨の夜に運転すんなよ…の一言に尽きます。

その日はずっと雨降ってました。
e0351841_14420657.jpg
※写真は別の日ですけど…

ボクもまだ時差ボケ残ってたので、動き出したのは夕方でした。
日本から帰ってきてあんまりストックもなかったので、買い物に行きたかったんだよね。

暗くなっちゃったんだけど、雨が止んだんだ、で、あ、今なら行けるかなって、家を出てしまった。

この時雨雲レーダーとか見れば、すぐまた降るだろうことは予測付いたと思うんだけど。

本当はWHOLE FOODSホールフーズに行きたかったけど、より近いSAFEWAYセーフウェイにしといた、のが逆に運の尽き。

SAFEWAYに行って気づいたのがさ、財布忘れた…アホかお前は、しかも初めてじゃないだろ、財布忘れ。

しゃーない、帰ろ、と思って外へ出たら、暴風雨になってた…


うわーこんな中運転したくないな、って思った、思ってしばらく待ったけど、回復する気配がなかった。
それに、結局買い物もできない自分にほとほと嫌気がさしてたので、早く帰りたかった。

結局車乗って、エンジンかけて、ライトつけたけど、全然見えない。
セーフウェイの駐車場って、こんなに暗かったっけ?って思った。

んで、自分としては、めっちゃ気を付けて、ホントにあっちみてこっちみて、ソローって出した…つもりだった。

でも、所詮は見てた「つもり」、結果的にぶつかったからさ、見えてなかったね。


セーフウェイの駐車場は、駐車スペースが斜めになっていて頭から突っ込んで止めるタイプの駐車場(日本ではあんまないからわかりづらいかな)、なので出すときはすべての車がバックで出すことになります。


発車してどうだろ、数秒後だね、ゴンッ、って鈍い音がした瞬間、あ…ぶつかった、ってわかった。

その瞬間、ものすごい勢いで後悔したね、だからさ、こんな時に出かけちゃダメに決まってるじゃん、なんで出かけたん?それにあんなに見回してなんで見えんかった?どこ見てたん?なんで待たんかった?

パニックしてるかどうかもわからないくらい、多分パニックしてました。

とりあえず車を少し前に戻して、止めて降りたら、相手のお兄ちゃんも降りてきました。

降りてビックリ、相手はすごいデカい車でした、そりゃ彼からボクの車は全く見えなかったろうね。
そして、自分の方から何も見えなかった理由も、何となくわかりました、真っ暗でした、車全体が。

で、ぶつかったところを見ると、これまた別の意味でびっくり、かすり傷はついてるけど、全く凹んでいません。
こんなデカい車とぶつかって、こんな程度の傷で済むわけないと思うけど…


お兄ちゃんは言いました。

「普通は保険会社に電話するけど、これだったらナッシング、何もしなくていいよ、バァイ。」

いやっ、ちょっと待て、確かにアメリカで走ってる車はかなり傷だらけなものも多いので、彼の言ってることはあながち間違いじゃないかなとは思うけど、暗いしホントにぶつかった場所ここであってるのかもわかんない。

とりあえず、ボクの車じゃないから、相方に電話させてくれって頼んだら、彼はOK!って言って、車の中に避難した、とボクは思った、すごい雨だったからね。

そしたら、次の瞬間、すごい勢いで車出して走り去った…

え~~、そんなぁぁぁ…

ボクはずぶぬれになりながら、多分人生で初めて、嵐の中を傘も差さずに走ったんじゃないかと思うけど、逃げられました…

ってかさ、最初にナンバープレート見ておけよ、一度は止まったんだから、ホントにバカ。

その後相方に電話つながったけど、どーしよーもないわな。

ずぶぬれのまま運転して帰りました、また事故ったら救いようがないと思ったので、全身全霊慎重に運転して帰りました。

こんな日に出かけたことは、お叱りを通り越して呆れられました…そりゃそうだわな、自分でもそう思う。



翌日は車を見られなくて、昨日になってやっとぶつかった車の傷跡を見ました、昼間に。

かすった傷はありましたが、やっぱり凹んではいませんでした、結果的に修理するレベルではなさそう。

傷跡は、バックした時にうっかり柱にこすってしまった感じに見えました。
つまり、ごっつんこしたというよりは、お互いにハンドルを切りながらバックして、かすったという感じだったのでしょう。

結果的に相手が逃げてくれたことで、面倒なことにならずに済んだのかもしれません。
そもそも相手も積極的に逃げたつもりではなかったのかも、めんどくさくなって立ち去っただけというか。

e0351841_14421223.jpg

ホールフーズじゃなくて、近いセーフウェイにしたのも2つの点で間違いでした。

ひとつは、ホールフーズの駐車場の方が、斜めじゃなくてまっすぐに駐車するタイプなので、通路が広いし頭から出られるように停めることができます。
ついでに、地下駐車場に入れれば、出すときだけは雨を回避することができます。

もうひとつ、ホールフーズだったら机も椅子もあるので、コーヒーでも飲みながら待つという選択肢がありました、が、この日は財布を忘れていたので(ホントにバカ)、これは機能しなかったでしょうけど…



ただ、それ以前に、出かけたこと自体が間違いです。

どーしてボクは、何となく悪い事態というのを直視して回避するってことができないんだろうか…
なんとなく予想はできてるだけにタチが悪い、わかってたのになんで??って自分でも思う。



じゃあ今後どうしようかってハナシなんですけど。

ひとつ約束があって、前回切符切られたときに、次回切符か事故ったら、車返納ね、ってことになってました。

忠実に従えば、車は返納です。

とはいえ、車がないとかなり苦しいし、今回のは記録上は事故でもなく実害なしといえなくもない。

今更苦手なところを克服するのは難しいので、雨の日は運転しないとか、暗くなる前に帰るとか、斜め頭からの駐車場を避けるとか、事故った時の手順を確認するとか、い~ろいろいろいろ話し合いましたが…

一旦、ボクの車はナシでやってみるか、という結論に至りました。

今なら一応バス事情もわかるし。

買い物や遠出の用事は相方が休みの日に、相方同乗のもと運転していくか、まぁ運転してもらうかで、まとめて済ませるってことで。



カレッジは無理かなと思ったけど、バス乗り継ぎで1時間半くらいで行けることがわかりました。
ボランティアへも、バスを乗り継げば2時間くらいで行けそうです。

ま、どっちも車なら20~30分なんだけど(泣)、素敵なバス事情。
こればっかりは身から出た錆なので仕方ありません。

アダルトスクールの英作文は続けたかったけど、アダルトスクールも乗り継ぎなしでは行けないので、今セメスターはあきらめることにしました、ティーチャーごめんなさい。

で、なんか悔しいので、カレッジの中国語会話でも取ろうかと思い始めました、同じトコ通う方が簡単だもん、ずっとやりたかったし、もうやけのやんぱち。

e0351841_14421145.jpg

ってか、オマエ反省してんのかって?

ホントにしてます、もう反省ってか後悔かな、反省しようにも、今後事故を回避する決定打が思い浮かばないのです、自分信用ならんし。

だからもう歩きます、バスります、しばらく。
そんで、他の人がどんな運転してんのか見てみます。

e0351841_14420878.jpg
車で5分のホールフーズも、45分歩けばちゃんと着きます、何とかなるよ、千里の道も一歩から←意味違う!


そんなわけで、皆さま、運転にはどうぞお気をつけて、ボクが言えた立場じゃありませんけど…ね😭

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by koguren | 2017-01-14 17:07 | 運転免許、交通関係 | Comments(10)

追突…された??

題名の通りです、追突された、とボクは思ったんだけど…車に傷がないんだよね、想像追突??

なんか今でも狐につままれたような気分です…病んでるのかな、ボク。


今日はこの辺りにしてはかなりの大雨で、風もすごくて視界も悪い。

スクールからの帰り道、まだ4時頃でしたが、もう薄暗くて。

信号が青に変わって、渋滞もしてたのでソロッと走り始めた瞬間、後ろからドーンって、あの、シートベルトで体止められる感じ?

あーむち打ちって、こうやってなるのか、って思った、首がぐきってなる。

交差点の真ん中でブレーキ踏んだら当然鳴らされまくったので、仕方なく交差点を越えて右に寄せました。

雨の中窓を開けて後ろを見たら、むしろ逆切れしてるのか?ってな勢いで怒った感じのドライバーが、ボクに左に曲がれって腕を出して合図して、自分は曲がって行っちゃった。

えー、この位置から曲がれないでしょ、そこは直進でボクの前後に停めてほしかった…

とりあえず一つ先を曲がって戻って、後ろのドライバーが曲がった道に入りました。

が…どうみても、いません、直後のことなので、色とナンバーの数字と文字1つずつだけ覚えてたけど、そもそもドライバーが乗って駐車してる車がないんだもん…

逃げられた…と思った。

日本だったら即通報だけど、アメリカではその手のは捕まらないって聞いたことがあったし、だいたい911してもどうしていいかわからないよなぁ…と途方に暮れて。

とりあえず、車見てみようか、と思って、雨の中降りました。

こういう時って危ないね、実は思わずドアを開けそうになって、後ろの車のライトに照らされて我に返りました。

かつて、お笑い芸人さんで高速で事故って、車から降りてしまい、別の車との事故にご自身が巻き込まれてしまった話、あったよね。

その芸人さんのネタ大好きだったので、すごく残念で、あぁパニックしちゃったんだろうなぁってご冥福をお祈りしましたが、自分がその立場になったら、やっちゃう、慌てて降りそうになる。

ホントに危なかった。

落ち着いて確認してから降りて、車を見てみました…

そしたら、大きな傷が、全くない

ぶつけられた車には全然見えません。

なんだかわけがわからなくなってきて、いったん車に乗って、スーパーの雨に濡れない地下駐車場に入れて、もう一度よーく見てみました。

暗くて見づらいけど、でもやっぱり、ぶつけられたって感じには見えない…

え~~、じゃあ、あのすごい後ろからの衝撃は何?
明らかに、道路の凸凹による縦方向の振動じゃなかったよ?

そして、あの後ろのドライバーの反応は何?
何もしてないのに、あんなサインをボクに送る理由なんてある?

状況的にはぶつかってると思うんだ、だけど、どう見てもぶつかってない…


もう、心底、わけがわからなくなってきました。

追突で、ごく軽いのだと、ほとんど傷が残らないなんてこと、ある??
さすがにないよねぇ、隣の車がドアをぶつけて来ただけでも、傷くらいつくのに。

車の状態的には何ら問題ないので、どうもボクのメンタルの問題のようなのですが…


まぁ事故じゃなかったのかな、だったとしたら、今日も平和でよかったね、ちゃんちゃん、でいいのかも。

うーん、でもやっぱり、どうにも腑に落ちないけど…

車の方は、とりあえず来月辺りメンテナンスなので、もし問題があればその時対処すればいいらしいのだが。


にしても、やっぱり車のトラブルの頻度、多いよね、今日のなんてもし事故だったとしても、どうやったら防げたのかわかりません。

車に対して恐怖心を持ってるから、引き寄せちゃうのかなぁ…

帰ってきたら、家の前に水たまりができてました、本当によく降ります、雨の日、車運転したくないよぉ。
e0351841_12390874.jpg
とはいえ今セメスターのスクールは明日で終わりなので、明日は張り切って、気を付けていこうと思いまふ☹


にほんブログ村
[PR]
by koguren | 2016-12-16 12:44 | 運転免許、交通関係 | Comments(2)

人身事故寸前…

今朝はもうダメかと思いました…

自宅アパートの路地から大通りに出るために左折するのですが、ここは毎朝鬼門。
こっちは左ハンドル右側通行なので、日本でいう路地から大通りへの右折を想像してもらうと同じパターン。

一旦停止して、左から来る車と右から来る車、そして正面から来る車、すべてのタイミングが合わないと曲がれません。
その上、本当は横断禁止の場所ですが、実際には小走りで渡る人がちょいちょいいます。
よって、自分側から渡る人と、正面から渡ってくる人。
人が渡れるタイミングと自分が曲がれるタイミングは同じになってしまうので、歩行者が最後の難関。

わかってました、だから毎朝鬼門だし、気を付けてました。

だけど、今朝はほんっとーに、全部切れて曲がれる!って曲がったその瞬間、助手席側に人がいました。

一瞬目を疑いましたが、全身全霊の急ブレーキで、なんとかぶつからずに済みました。

後ろの車からもメッチャ鳴らされましたが、追突されなかったので感謝しかありません。
歩行者の人は、怒ってたみたいで窓越しに何か言って去りましたが、残念ながら英語じゃなかったので全くわかりませんでした。
とにかく、ぶつからずに済んだので、もう感謝しかありません、自分の足で歩いて行ってくれて本当にありがとう。

あぁ、去年切符切られたときと同じだ、もう震えて落ち着いて運転できなんだよね。
危ないと思ったので、家に戻りました。

はぁ、なんで歩行者見えてなかったんだろう…

去年運転免許の試験で散々落ちて、ポリスに切符まで切られた話をここにも書いてから約1年、一応大過なく過ぎてきて、やっぱドライブ悪くないかもなんて思い始めてました。
でも、やっぱりボクはダメみたいです。
どうしても、車の運転はダメみたい。

ボクみたいな人、いないの?もしかして世界の最果てなのだろうか、ボクは。

(※もしカリフォルニア州の運転免許試験に落ちて凹んでる方がいらっしゃいましたら、運転免許・交通関係フォルダ内の路上試験関係記事をご参照ください、少しはお役に立てるかもしれません。)

原因はある程度分かっていて、車の運転に限らず、注意の分散がへたくそなんだよね。
目の前の、そこしか見えない、周りが見えてない。
わかっていても、上手に分散できないらしい。

他に今日特有の現象でいうと、
頭痛かった
いつも以上にタイミングが悪くて全然曲がれなくてイライラしてた
後ろの車にピッタリつかれて焦っていた

注意の総量は増えないので、分散カ所が多ければそれだけ1カ所への注意が減るんだけど、通常注意すべき車や人の動き以外にも、焦りや後ろの車、体調にまで分散されていたら、苦手なボクならどっか落ちるわな…

免許更新の講習で、体調が悪い時は運転を控えましょうって言われるじゃん。
ボクなんか頭痛持ちだからちょいちょい痛いし、それで運転せんで済んだら苦労しないって思ってたけど、やっぱり影響あるんだよね。

ホントは車運転しないのが一番なんだけど、そうすると今の暮らしはできません。

対策としては、とりあえず分散できるようにするって精神論はもう通用しないので、分散カ所を減らすしかない。

ひとつはアパートの裏側から出ることかな、そうすると大回りになりますが右折(日本でいう左折)で出られます。
体調は…まぁ気を配るしかないね。

あと、絶対的に必要なのは、多分焦らないこと、なんだよね、これは相方にも言われた。
ほんとにね、それができたら苦労しないんだけどなぁ…目下解決方法見当たらず。

もうスクールには全然間に合わない時間になってしまったので、今日はおサボりです、先週金曜も休みだったから、4連休になっちゃったな。

もう怖くて運転したくないんだけど、相方はドライブでも行ってこれば~とかいいおるし(怒)。

ただ、日本で事故った時(物損で済みました)も、ホントはその直後に運転したほうが、後々乗り越えるのにはよいって言われたので、多分そうなんでしょう。

明日も休むってのはな、って思ったので、昼間の交通量の少ない時間に、もう一度同じルートを走ってみました。

で、あることに気付きました。

路地から大通りに出る停止線のところで止まると、フロントガラスの窓枠の左のタテ部分が、歩行者が様子見に立つ反対側の歩道の角に、ちょうど重なるのです!

ん?これ、見えんじゃん!

この窓枠部分だけ、完全に死角になることがわかりました。
角度によっては、人ひとり完全に隠れました。

おそらくですが、普通はここまですっぽり死角に入っちゃうことはあんまりないのが、今朝は完全に入っていたのではないかと。
なので、人はいないって確認して、さらに焦っていたから一気に曲がったら、渡ってきた人に遭遇してあわやぶつかりそうになったのではなかろうか、という。

前からこの窓枠、ちょっと太い気がして気になってたんだよね。
横断歩道の歩行者、一瞬窓枠の中に完全に消えちゃうことあったんだ。
日本で別の車を運転してた時には、気にならなかったんだけど。

というわけで、これから確認の時は、いったん窓枠から顔を外して向こうを見る、ってことを意識的にやらないとダメっぽいね。

明日はスクールに行こうと思います。

それにしても、あ~今日も面白いことなかったなぁ、何もできずに終わっちゃったな~ってマンネリな日が最近結構あるけど、実はなんもなく今日を終われるってことは、素晴らしいことなんだね。
部屋も散らかったまま罰当たりなことばっか言ってるから、天の神様かご先祖様か大自然の何やらかに戒められたのかも。

って思って、今日頑張って片づけ始めた…けど、なんか朝より散らかってる気が…計画性ねーな。
もぅいいや、ゼロから出直しだ、とりあえず年内、どうか大過なく過ごせますように😐


人気ブログランキングへ
[PR]
by koguren | 2016-11-15 16:15 | 運転免許、交通関係 | Comments(2)

タイヤに爪がささった?!

クラスメートが、車のタイヤにネイルが刺さって修理に出してるという。

え?タイヤに刺さる爪ってどんなん?
しかもそれで空気が抜けるっていったい??

と思ったら、nailには爪って意味もあるけど、釘って意味もあるんだね。

ちょっと前に、相方の車にも釘が刺さって修理に行ったとこだったので、妙に納得。

それにしても、日本で車のタイヤに釘が刺さってパンクするって聞いたことある?
あんまないよね、きっと。
でも、こっちならわかる気がします。
だって、高速道路にいつもいろいろ落ちてるんだもん、紙とか部品みたいなものとか。
あれはマジで危ないと思うんだけど…

アダルトスクールの駐車場内で、タイヤがパンクした瞬間を見たことがあります。
すごい音で、事故ったと思ったらパンクだったらしい。
乗ってる距離が半端ないから、車のトラブルはつきものなんでしょうけど避けたいところ。

…って思ってた矢先にですね、はい、トラブりました~_~
まぁパンクじゃなかったんでよかったけど。

赤信号で止まったら、後ろの車が隣に寄せてきて、

あんたの車のブレーキランプ、1個しかワークしてないよっ!!

えっ、まじ?わーご親切にありがとう、うるうる。
って感激してる場合じゃないよ、いや、感謝は感謝なのですが、相方昨日から出張でいないんだよ、しかも2週間。

あのさー、相方出張行くとトラブル起こす癖やめてくれる?
だいたい、ブレーキランプって自分で見えないから、どっちが切れてんのかさえわかんない。
3か月前、免許の試験が受けられなかったのもブレーキランプ切れが原因なので、多分切れたのは反対だろうけど…

あの時行ったディーラーに行けば何とかなるかなぁ。

というわけで行ってみました、レッドウッドシティのTOYOTA101。

陽気なおっちゃんが出てきて、今日修理終わりだよ、でもチェックだけしてあげるって。
案の定、反対側切れてました。

さらにそのおっちゃん、これイージーだからちょっと待ってな、って言って、どっかから電球持ってきて、ぱぱぱって変えてくれました。
おまけに、フリー、つまり、タダだって。

え?この前は電球代6ドル?位かかかったのに、ホントにいいの?

何かよくわかんないけど、オーケーオーケーっていうから、ありがたーく頂戴しました、電球。
チップでも渡すべきだったのかなぁと思いつつ、そんな展開予想してなかったのでその場では思い至らず。

とにかく感謝感謝の1日でした。

トラブルは避けたいけど、トラブルから学ぶことも人の恩を感じることも多いわけで。
じゃ、トラブルウェルカムかって?いや、勘弁してなり、せめてこの先2週間は頼むわ。
今日窓にひっかけられた鳥の糞、明日ちゃんと掃除するからさ、ね😆

[PR]
by koguren | 2016-03-17 16:51 | 運転免許、交通関係 | Comments(0)

トラフィックスクール@カリフォルニア州

さてさて、悪戦苦闘の電話で予約したトラフィックスクール、行ってまいりました。

なんせ開催場所は海辺のホテル
e0351841_11411522.jpg
e0351841_11415168.jpg
サンフランシスコ国際空港からもほど近いので、
e0351841_11430328.jpg
わー飛行機落ちる!って思ったら、そっか、あそこ空港かってオチ。

最初はあきらめもつくような曇り空だったのに、昼休みのころにはいい天気で、午後戻らずに遊びに行きたくなりました。
e0351841_11420853.jpg
e0351841_11422723.jpg
講習会場はホテルのカンファレンスルーム
e0351841_11413479.jpg
小さなホワイトボードと、PCとつながっているディスプレイ。
さすがホテル、コーヒー飲み放題、テーブルの上にはメモ用紙とペン、至れり尽くせりです。
e0351841_11435714.jpg

さて、肝心の授業ですけどね…
正直に白状します。

ずえーんずぇんわかりませんでした

笑いのツボ云々以前に、ティーチャー(コメディアン?)の英語がほっとんどわかりませんでした。
さすがに凹みました。
アダルトスクールで少しは英語わかるようになったと思っても、外に出たら全然わかんないんだと。
スクールのティーチャーたちが、どれほどわかりやすく話してくれていることか思い知りました、思えば尊しわが師の恩…

最後にテストがあるらしいと聞いていたので、冷や汗もの。

授業の前半は、ホワイトボードを使って交通ルールの説明、その後You Tubeを見るという流れ。
日本の運転免許試験場でも見るような、危険な場面や事故の動画、取り締まり場面の動画などがYou Tubeにいっぱい!
ホワイトボードの図、動画、そしてわかりやすい受講生の発言を拾って類推、これで前半しのぎました。

問題は後半戦。
受講生を2グループにわけて、ティーチャーの出すクイズに答えるゲーム。
そのクイズが、交通ルールのクイズらしいのですが、答えがシェークスピアだったりチキンだったりしてるっぽい。

なんで???

かなりの時間がたってから、やっとルールがわかりました。

このゲーム、最初は交通ルールのクイズ、正解すると200ポイント、続いてボーナスクイズ、これは1000ポイントとか。
で、このボーナスクイズ、交通ルールとまったく関係ナシ

ボーナスポイントが加算された後は、また交通のクイズ。

どうもこれが延々と繰り返されているようです。

それなのに、シェークスピアとかしか聞きとれないということは、ボクは交通のクイズはほとんど聞き取れていないということです。

逆に言えば、ティーチャーも受講生も交通のクイズはさらっと流し、ボーナスクイズばっかりマジに議論して、大爆笑してるってことです、多分。

これさ、ネイティブでも、交通ルールのクイズの答え、覚えてないよね、きっと。
だとしたら最後のテストは、比較的最近免許取ったボクなら、なんとかなるんじゃないの?

そんなこんなで午後3時。
クイズが終わって、ポイントの多かったチームがガッツポーズで本気で喜ぶ中、今後の手続きの説明があって、完全に終わりモードです。

あれ?午前9時から午後5時まで、8時間の受講が法で義務付けられてるんじゃないの?

隣のおじちゃんに、午後5時までって書いてあるのを指さして、終わりなの?って聞いたら、
今日はとっても早く終わったんだ!ラッキーなんだよ!わっはっは!
そしたらそれに呼応して数人が、イエス、ラッキーだ、わっはっは!
みんなクイズで笑いすぎて、明らかにテンションが変です。

そんなこんなで、3時過ぎには終わりました、そして、これはどうも平均的な終了時間らしい。
結局テストなんてなくて、受講終了の届け出もトラフィックスクール側でやってくれるとのことで、ボクの今回すべきことはすべて終了。
不安になってティーチャーに、ほんとーにボクのすべきこと終わりなの?って確認したら
All finished!!
って言われたから、まぁそうなんだろうと思いました。

結果的には、行って座っていれば受講終了手続きまで終わっちゃうので、ネットで受講するよりラクで確実だったと思います。

わからなかったとはいえ、多少は笑えました。
ティーチャーが奇妙なダンスをするところとか、変な物まねするところとか。
You Tubeの酔っぱらいの取り締まり動画や、運転手同士の喧嘩のオチとか。
あと、ボーナスクイズ、1ポンドのポテトチップを作るのに、何ポンドの生のポテトがいりますか?ってのがありました。
選択肢が、4ポンドと4.5ポンドと5ポンドの3択、で、答えが歓声にかき消されて聞き取れませんでした…

とまあ、ボクにとっては大騒動だった違反切符の結末に、なんともふさわしいスクールでした。
もう二度と、違反切符は切られません、事故も起こしません
ここに誓います。
ほんと、事故だけは起こすまいと思ってましたけど、受講生の中には罰金が500ドル近い人、結構いました。
なので、やっぱり違反もダメです、もう二度と…😤





[PR]
by koguren | 2016-02-03 18:13 | 運転免許、交通関係 | Comments(2)

アメリカで電話に悪戦苦闘の巻

明日、テストなんだって
今期のアダルトスクールの文法クラスのティーチャーは、テストが多い!
テストって言われると、掃除したくなったり、ほかのことしたくなるよね
というわけで、ブログ書いてます、電話の巻(爆)

電話って、対面より難しいのです。
今まで、歯医者に予約の電話をしたことがあったけど、日本人の患者が多かったためか受付の人も忍耐強く、何とか予約は取れてました。

でも、今度はトラフィックスクールです、辛抱してもらえるかしらん…

ホームページには、授業は朝の9時から5時まで、または平日の夜、開催場所はシティの名前が複数羅列、詳しくは電話かメールで聞いてちょ、としか書いてありません。
予約とかどうやってするのか全然わかんない。

メールとも思ったのですが、メール書くのにとーっても時間がかかりそうな予感がしたので、電話しちゃいました。

いろいろ頭で考えて電話しても、相手が出ると言葉が出てきません

えっと、I want to go to…school…んと、えと…予約するってなんだっけ…
向こうは容赦なく、は?何?って感じで聞き返してきます。
ってか、トラフィックスクールに用事がある人しか電話してこないんじゃないのぉ~?

あーもう、だからさ、ボク、違反切符持ってんだよ、スクール行かなきゃいけないの!
I have a citation. I have to go to school!!
でかい声で言ったら通じました(笑)

いつがいいの?
→今度の月曜。
月曜はクラスないよ。
→じゃ、土曜か日曜。
どこ住んでんの?
→フォスターシティ
日曜のどことかシティは遠いよ。
→じゃ土曜。
バーリンゲームだよ。
→じゃそれでいいよ。

もう、何の買い物だよ(O.O)

分かったことは、ここのスクールは毎日開かれているわけではなく、この日はこのシティ、この日はこのシティって転々と開かれていて、その詳細は電話かメールで聞くしかないらしい、ということ。

日本だったら一覧でHPに載ってるんだろうけど。

見方によっては、日程が載っていないというのは、HPをマメに更新しなくてよいってことで、効率的なのかもしれないけど。

結局名前も聞かれず、携帯の番号だけ聞かれ、開催場所の住所と持ち物がショートメッセージで送られてきました。
これは助かったね、全部書き取りだったら無理でした、はい。

ちなみに、開催場所はホリデーインってメジャーなホテル。
しかも、9時までに来て、フロントでトラフィックスクールだって聞けって、思いっきり命令形で書いてありました。
要はホテル内のどこで開催されているかを聞きなさいってことなんでしょうけど…

ぶつくさ言ってますが、ボクのsorry連発の電話に耐えて説明してくれたおにーさんには感謝感謝です。
何回言っただろ…

やっぱ、もちょっと英語できたほうがいいよね、って永遠に思い続けるんだろうけど。
ま、千里の道も一歩から。また明日からがんばろ…あ、明日テストじゃん!今からがんばりましゅ…😆

にほんブログ村 海外生活ブログへ


[PR]
by koguren | 2016-01-28 17:13 | 運転免許、交通関係 | Comments(0)

トラフィックスクール選び@カリフォルニア州

さて、裁判所でトラフィックスクールに行くと宣言して罰金を支払ったら、スクールリストがもらえました。
が…
e0351841_18412173.jpg
こんなにいっぱいあってどーやって決めんだよ
話には聞いていましたが、いざリストを見ると心底困ってしまいます。
1日缶詰で講習かインターネットで自習するかですが、インターネットの方が安くて手軽。

前回相談したティーチャーに、結果報告に行きました。
そしたら、罰金も安いし、トラフィックスクールに行けるのはグッドニュースだ、とか言われて。
スクールは違反の回数や種類によっては行く許可が出ないので、行けてラッキーという捉え方のようです。

ちなみに、罰金がバカ高いのはカリフォルニア州だからで、全米ではないそうな。
アリゾナだと100ドルくらいだとかいう話でした、州が違えばあらゆることが違うのね。

スクールについてティーチャーのおススメは、ネットよりは高いけれど1日缶詰タイプ。
せっかくだからアメリカで、トラフィックスクールという名のコメディを観るのもいい経験じゃない?って。

なんじゃそりゃ(X_X)

車社会アメリカでは、この手のスクールは一大ビジネスだとか。
そう、日本と違って民間なのです、免許試験場の講習とはシステムが違います。
そんだけ大量に違反切符が出回ってるってことよね、油断も隙もありゃしない。

ティーチャーのワイフが行って面白かったというスクールのHPを教えてもらったのですが

http://ijoke4u.com/

だいたいさ、URLが、ジョーク 4(for) u(you)って…
違反切符切られて落ち込まないわけ?この国の人々は。

話はそれますが、この「4U」とかは時々見ます。
SAFE WAYのネットクーポンもjust for Uってあって、最初はびっくりしました。
あとHow R U?(How are you?)とかも見ます。
w/oはwithoutらしいです、これは発音とも違うのでよくわからないのですが。

そんなこんなで、場所もさほど遠くないし、もう探すのめんどくさいからここにしよ。
ここでホッとして受講期限が切れるとかやりかねないんで、早めに行っちゃいたいと思いまふ😅




[PR]
by koguren | 2016-01-22 18:48 | 運転免許、交通関係 | Comments(2)

Redwood City レッドウッドシティの裁判所リベンジ

前回closeの時間に行ってしまったので出直しだす。

ちなみに、場所はレッドウッドシティですが、サンマテオカウンティの裁判所。
サンマテオカウンティとは、サンマテオを中心都市とする行政区分みたいなもので、サンフランシスコの少し南のあたりから、パロアルトというスタンフォード大学がある都市の北のあたりまでらしい。

わざわざ書いたのは、ボク自身が、レッドウッドシティで切符切られたからレッドウッドシティの裁判所に行くのだと勘違いしてたから(汗)

裁判所にやたら近い場所で切符を切られていたのは、しょーもない偶然ということでした。

さて、出直して朝の9時半頃に行ったのですが、駐車場満杯
10分くらい粘ってやっと止めて、手荷物検査を通ります。
空港と同じで、金属探知機も通って中に入りました。
…ら、すごい列、ずらっと並んでます。
そして、窓口は10個くらい並んでるのに、カーテン空いてるのが1つだけ。

おいっ!この人の列が目に入らんのか?!

アメリカの公共機関は万事こんな調子らしく、みんな並んで待っています、たった1つの窓口に。
駐車場が1時間しか止められないのに、1時間近く並んで、やっと順番が来ました。

窓口のおじちゃんの説明によると、罰金は238ドル。
これを払って運転免許のマイナスポイント1点で終了。
但し、罰金+トラフィックスクールの受講許可料?的なので287ドル払って、その後トラフィックスクールに行って、マイナスポイントはチャラって選択肢もあると。

この辺は下調べしておいたのでわかりました。

迷ったのは、厳密には切符切られたときは国際免許なので、トラフィックスクールに行く必要性があるのかということ。

ただ、違反切符、所有車、カリフォルニア州の免許は関連づいているので、違反の事実が後々どう引っかかってくるのかよくわかりません。

おじちゃんが、現時点でカリフォルニア州の免許を持っているならトラフィックスクールに行く資格があると断言したので、まあここは素直に行くべしと腹を決めました。

1年半以内に次の違反をすると、確実にマイナスポイントになって車の保険料が上がるらしいので、もうアメリカにいる間は違反と事故は起こすまいと固く誓いつつ。
いや、日本でもダメだけどさ…

罰金はクレジットでもよいので、その場で支払っておしまい。
トラフィックスクール自体は別料金なのに、なんで裁判所でお金とられるのかちょっと納得いかなかったけど。
罰金が下調べの想定より安かったのが、せめてもの救い。

あ、大事なこと忘れてた、名前間違ってたんだよ!!

そのことを言ったら、おじちゃん、違反切符と免許を並べて、なんと大ウケ
え~そこ笑うとこ??ボクまじ心配してたのに。

あっさり訂正されました。

というわけで、残るはトラフィックスクール受講なり。
いよいよ最後の一山です😖

にほんブログ村 海外生活ブログへ

[PR]
by koguren | 2016-01-21 17:32 | 運転免許、交通関係 | Comments(0)

Redwood City レッドウッドシティの裁判所へ

年末に歩行者妨害で交通切符を切られたボクは、裁判所に行かねばなりません。
切符を切られたときに、ポリスオフィサーに電話しろと言われた番号に電話をしてみたら…
単なるインフォメーションセンターらしい。

ボクは、この番号に電話してアポイントメントをとれ、と言われた気がしていましたが、この電話で説明を聞け、ということだったのかしらん。

しかも違反切符、よく見たら重大な間違いが。
この時まだ国際免許で運転していたので、国際免許の住所欄が、名前と間違えられて転記されてました。
冷静に気付ける状況ではありませんでした、情けない限り…

一応出頭場所と日時らしきものが書いてあって、on or beforeとあります。
文字通り読むと、この日時より前でもよいわけですが、この時間に来いと書いてあるようにも見えます。

しかも調べてみると、不服申し立てをしない限りは裁判所に出頭することなく、罰金を払って終わりという説が有力。

なんだかわからなくなってきたので、アダルトスクールのティーチャーに切符を見せて聞いてみました。

ティーチャーの話では、通常の免許の場合は罰金を振り込んで、あとトラフィックスクールなるものを受講して終わりとのこと。
ただ、国際免許はよくわからないのと、名前も違っているのであれば、この日付まで待たなくてよいので裁判所に行ったほうがいい。
朝の9時から4時まで、昼休みの12時から1時半を外していけばよい、とのことでした。

というわけで、やってきました裁判所。

e0351841_18114677.jpg
e0351841_18120877.jpg
すぐ目の前に駐車場がある、ラッキーと思ったら、1時間75セント、しかもコインのみ。
まぁちょうどコインがあったので良しとして、止めて払ってドアの前に行ったら
e0351841_18131125.jpg
がびーん、2時まで?!今3時です、はい。
まじかよー、ちゃんと調べなきゃいけなかったね。
ボクが立ち尽くしている間にも、何人もやってきて、Oh my got!と言って去っていきました。
というわけで、ティーチャー同様、4時までだと思っている人が多いらしい、そもそも、裁判所に来る人がいっぱいいることもわかりました。
もう、ボクは最初で最後にしたい、ホントに。
ここ来るときに、切符切られた交差点を通らなきゃいけなかったのも、心臓に悪かったし。

ちなみに、ティーチャーの話と調べた結果から、罰金はおよそ500ドルくらいの模様。
ということは、日本円にすると6万くらいってこと(涙)
日本の罰金って1万ちょっと?だよね、アメリカの値段はクレイジーとしか言いようがありません。
もうショックというか、とにかく事故起こさないための授業料にしようって、言い聞かせる日々です。

さて、そんな罰金を前に、75セントの駐車料金がもったいないと嘆くのもアホみたいですが、5分で出すのはなんだかなーと思ってちょっと散策することに。

まず裁判所の中をガラス越しに覗いてみると
e0351841_18132906.jpg
こんな感じ、空港の手荷物検査みたい。奥に行くと
e0351841_18135060.jpg
こんな感じで、窓口があります。その奥に法廷があるのかな。

この一帯は法廷やら行政施設やらが固まってあるみたいです
e0351841_18144075.jpg

ちょっとお隣りへ足を延ばすと
e0351841_18174982.jpg
何かと思ったら

e0351841_18180805.jpg
へー、法律専門の図書館なんだ、さすがだね。
e0351841_18184010.jpg
中はこんな感じで、ボクみたいなのがのこのこ入っても特に呼び止められません。
e0351841_18190572.jpg
すごい蔵書、これ全部判例なのかな、不文法の国だよね、確か
e0351841_18194779.jpg
立派な机。
すごい資料の宝庫なんでしょうが、全然人がいなくてもったいないみたいな気がしました。

外に出て振り返ると、何やら気になる建物が
e0351841_18205052.jpg
正面に回ってみると
e0351841_18213568.jpg

e0351841_18220371.jpg

歴史博物館なんだ、知らなかった。
e0351841_18224458.jpg

4時まで、ということなので今日はあと10分しかないから無理だな…
って、あと10分で4時なわけ?!駐車場4時までだよ~早く戻らなきゃ。

まったく、何やってんだか…来週また来るざんす😣




[PR]
by koguren | 2016-01-18 19:38 | 運転免許、交通関係 | Comments(0)

カリフォルニア州運転免許路上試験について思うこと

前回レポしたように、ボクは3回目で運よく路上試験に受かりました。
3回落ちると、また筆記試験から受けなおしなのでラッキーでした。

が、そもそも最初はまさかのブレーキランプ切れで試験さえ受けられず、2回目と3回目の間の練習中に、ポリスにキップを切られるというしょーもないことしてますんで、気分的には5回目で受かったような感じです。

そんな経験から、路上試験を振り返って、ボクなりに気づいたことをまとめておきたいと思います。

なお、ボクが受けたのは2015年ですので、情報はこの時点のものとなります。

まず、最初のブレーキランプ切れ。
これはもう確認しておくしかありませんが、ボクは2日前にチェック済でも切れたので、まあこーゆーこともあるんだなって感じです。

路上試験は1回目は無料ですが、2回目以降は1回7ドルかかります。
但し、この手の装備不良に関してはノーカウントとなり、次の試験が1回目となってお金はかかりません。

次、どこの試験会場=DMVで受験するか、これは選べます。
早い話、どこでもよいのです。

ボクは、1回目はサンマテオ、2回目と3回目は隣町のレッドウッドシティで受けました。

1回目は走り慣れてるサンマテオが良いと思って受けました。
しかし、道は狭い、歩行者は多い、路駐で全然見えない、と走りにくいところがたくさんありました。
サンマテオのメリットは、ダウンタウンと呼ばれる、ごみごみした中心街を走らなくてよいことです。

落ちたのをきっかけに、相方が受かったレッドウッドシティに変えました。
ネット上の口コミが悪くて避けていたのですが、走ってみるとレッドウッドシティの道の方が広く、歩行者も路駐も少なかったので、ボクにはベターでした。
ネックは、ダウンタウンが試験コースに入ってくることです。

後から聞いた話では、最近はサンマテオよりレッドウッドシティの方が受かりやすいという噂があって、地元の学生たちがレッドウッドシティに受けに行ったりしてるそうです。

それと、アダルトスクールの仲間の間では、デイリーシティーというサンフランシスコ寄りのDMVが人気でした。
予約が取りやすく、走りやすいとか。

あと、試験の時間帯。
1回目に午後3時過ぎの予約で、1時間以上待たされてラッシュアワーに突入してしまったので、2回目からは午前9時半にしました。
待ち時間まで読むのは困難ですが、午前の方が全般的に走りやすいと思いました。

正直、自分でコントロールできるのはここまでです。
あと、練習することくらい。
自分の受けるDMVで受けた人に、道を案内してもらえるのがベストだと思います。

練習のポイントは、基本的には日本の教習所と同じ、ルールブック通りです。
ミラー確認に加えて、肩越しに振り返って目視確認
やりすぎると、ボクみたいにロボットとか言われますが、ある程度はやらないとダメみたいです。
停止地点では、キッチリ止まる。
あと、不必要な停止をしないことも大事で、自分が優先なのに下手に止まると減点されます、ボク、されました(笑)
決定的に日本と違うのは、禁止されていなければ赤信号で右折してよいこと、というか、右折しないとルールを理解していないと見なされます。
もうひとつは、踏切を渡る前に一旦停止せずに突っ切ること
但し、レッドウッドシティではコースに入ってきません。
サンマテオでは踏切を渡ることがあるようです。

ある程度練習したら、相性のよい試験官に当たるまで、めげずに受け続ける、それだけです。
ボクの場合は、2回同じ試験官に当たりそうになりましたが、試験官の方で同じ人は2回見られないと言って、交代になりました。
もちろん、誰に当たっても落ちないだけの技術があるに越したことはないのですが…

試験官によって(あるいは、試験官自身でも変えてるのかもしれませんが)、試験コースは異なります。
大まかには同じなのですが、レッドウッドシティの場合、同じ道でも右回りと左回りで走りやすさが全然違ってビックリしました。

あと、試験官が道順の指示を出すタイミング。
ボクの場合、3回目の試験官は機械的ではなく、試験官自身がある程度状況を見た上で、車の切れ目で指示しているように感じられました、偶然かもですが。
前の試験官の時と異なり、毎回毎回、車線変更等がとてもしやすい。
同じ週のほぼ同じ時間のため、交通量自体はさして変わりません。

採点が甘いとかではなく、採点はきちんとするけれど、受かりやすい試験の構成というものが存在するように思います。

あとは、試験中にシャカシャカ紙を走るボールペンの音とかも、正直、気になる人と気にならない人がいます。
これも、常に自分の運転に集中できれば問題ないんですけどね。

そんなこんななので、なかなか受からない場合は、試験会場や時間を変えて、気に入りポイントを見つけたらそこで運が向くまで粘る、という作戦でよいのではないかと。

まあ、今だから思う話です。
落ちてる最中は、なかなかそうは思えませんでした。

次に事務的なお話。

路上試験は、カリフォルニア州の運転免許を持っている人と行かなければいけません
昨年以前のブログ等を見ますと、実質チェックはないので大丈夫等々の記載が見受けられますが、2015年の6月頃に改正があったらしく、厳しくなっています。

サンマテオのDMVでは、相方も免許チェックされました、ご注意下さい。
レッドウッドシティではチェックされませんでしたが、皆さん2人で来ているように見えました。

ボクはもう10年以上前に日本で免許を取ったわけですが、思い返せばビックリするほどシステム違うよなって思いまふ。

そもそも、こちらは自動車教習所に通うって文化がないもんね。

一応ドライビングスクールなるものはあるようですが、多くの人は親と練習して、独学で筆記勉強して、うりゃって受けに来るらしい。
だいたい、自分の車で受けるって日本じゃ考えらんないしね。

それだけ、車が日常ってことなんでしょう。

日本の運転免許取得システムは、かなりきっちりしてるといえそうですし、日本で受かってれば基本的にはアメリカでは受かりそうな気がします、難易度的には。

まあ、ボクはなかなか受かんなかったけど。

これから試験を受けられる皆様、幸運を祈ります。

さてさて、年明けたら、違反の手続きについて調べねは。
あ~またしても英語の壁☹

にほんブログ村 海外生活ブログへ

[PR]
by koguren | 2015-12-20 10:24 | 運転免許、交通関係 | Comments(0)