相方のアメリカ赴任についてきてしまった、英語力ゼロ、収入ゼロのプー太郎の雑記です。カリフォルニア州サンマテオ郊外の田舎町在住。
by koguren
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
全体
一時帰国
運転免許、交通関係
WHOLE FOODS
ヨーグルト
英会話ESL@サンマテオアダルトスクール
TRADER JOE'S
歯医者
食材・食品等
お菓子・ジュース等
習い事・趣味
お出かけ・ショッピング・レストラン等
サンフランシスコ
サンマテオカレッジ
旅行
未分類
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
フォロー中のブログ
shina_poohな日...
ひとりぼっちランチ
Santa Clara ...
ベンチュラ郡の青い空
ひとりごと いん かりふ...
Yokohama Bay...
最新のコメント
> さわさん コメント..
by koguren at 04:49
しみじみ。 奥が深いな..
by さわ at 21:37
> Webleyさん ..
by koguren at 05:23
こぐれんさん、とりあえず..
by Webley at 04:10
> こうよしさん ホン..
by koguren at 03:05
ブログ2周年記念、おめで..
by こうよし at 22:57
> JPNSFOさん ..
by koguren at 14:15
ブログ2周年おめでとうご..
by JPNSFO at 13:24
> るいこりnさん あ..
by koguren at 11:25
ブログ2周年記念おめでと..
by るいこりn at 09:40
メモ帳
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusha..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ブログ引っ越します
at 2017-06-14 12:14
ブログ始めて約2年経ちました
at 2017-06-13 11:47
サンフランシスコ ~デ・ヤン..
at 2017-06-12 14:18
サムトランスバス SamTr..
at 2017-06-11 16:47
サムトランスバス SamTr..
at 2017-06-10 15:09
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
つぶやき
海外生活
画像一覧

セドナ旅行(7)ベルロック~レッドロッククロッシング

さて、丸一日セドナで過ごすのは今日が最後。
そして、夕方にはリーディング…と思って緊張したのか、朝早く目が覚めてしまいました…ったく、どんだけ意識しとんのや。

今日はホテルの朝ご飯はパスして、ル・オーベルジュ・レストラン・オン・オーククリークへ。

朝の光が川面に反射して、これぞ絶景。
e0351841_15393210.jpg
ボルテックスの壮大なマウンテンビューじゃなくて、小さな幸せ木漏れ日ビューって感じ。
e0351841_15463542.jpg
大地の男性的な眺めが続いたので、水の女性的な眺めにホッとさせられる気がしました。
e0351841_15393304.jpg
e0351841_15411239.jpg
さすがに月曜の朝とあってか人も少なく、サービスもさすがホテルのレベルでした。

朝食メニューもいろいろあって悩みましたが、やっぱりガイドの写真で一目惚れしたパンケーキに決定。
パンケーキもいくつか種類がありましたが、全粒粉のにしてみました。
e0351841_15393373.jpg
4枚もあって、ボリューム満点。
さすがに食べきれませんでした、家の近くだったらテイクアウトするのに…
上のクリームはそんなに甘くなくて、別にバターとシロップがついてきました。

友人が頼んだプレートのサーモンもうまかった。
e0351841_15393315.jpg
コーヒーを頼んだら、おかわり自由でしたよ。

目も耳もお腹もいっぱいになったところで、さ、今日、ど~しよっか。

当初の予定では、レッドロッククロッシングという、川の向こうにボルテックスが見える絵ハガキの定番ポイントとやらに行ってのんびり…だったのですが、こんなに食うたら動かにゃあかんでしょ!
というわけで、ベルロックに行くことに。

ベルロックは4大ボルテックスの1つですが、友人が、ここはなんか行かなくてもいっかな~、というので、予定には入ってませんでした。
ボクはというと、ガイドに「登ったものの下りられなくなって救助される人が多い」って書いてあるのにビビってたので、行かないの、賛成、賛成、みたいな(笑)。

でも、なんか勢いで、行く!みたいになりました。

案の定ウーバーは走ってなかったので、初日に頼んだ不思議なタクシーに再び電話して、やっぱり同じ人が来ました、もう1人企業確定です。

というわけで、ベルロック。
e0351841_16063280.jpg
一番形がわかりやすいね、あ、ガイドで見たあれだ、ってのがすぐわかりました。
e0351841_16094842.jpg
基本的に、トレイルは高い方へは続いておらず、周りをぐるっと回る道順になってました。
中には岩肌に張り付いて登っている人もいましたが、とても行こうという気は起こらず…

つまり、案内に従って普通にしていれば、救出される事態にはならないようで、恐れることはありませんでした。
逆にトレイル自体は大して高低差もなく、ハイキングには最適
…なんだけど、なんかすごーくすごーく疲れてかったるい。
あんまり歩く気になりません。

と思っていたら、パワーを感じまくるはずの友人が、なんか、ここは全然足が進まない、どうもエネルギーがマイナスな感じ、と言うではないか!

うーん、もしや、ネガティブ方向だけならボクも感じるってオチ??
はぁあ、ひねくれぼーな性質。

まぁボクの場合は、単に今日が昨日より暑いからとか、朝がっつり食べて胃に血がいってるからっていう可能性は十分にあるのですが…

このベルロックの隣にはコートハウスビュートなる岩があって
e0351841_16094875.jpg
こっちは登るように整備はされていないのですが、ベルロックとこれとの2つの間を通るようにトレイルがあって、そこを歩きながら眺めることができます。

友人は、こっちのコートハウスビュートの方からプラスのエネルギーを感じたようで、トレイルを歩いている時は、コートハウスビュート側から圧力というか、なんか迫りくるパワーをキャッチした様子。

トレイルからはカセドラルロックが見えました。
e0351841_16094956.jpg
なんか、雲が、いいね。
眺めは他のボルテックス同様、いいところなんだけど。
e0351841_16094919.jpg
2時間後のお迎えには、時間を持て余してしまって、駐車場で待ってました。

最初に友人が、行かなくてもいっかな、って感じたのは、多分偶然じゃないのでしょう。

リーディングまではまだ時間があるので、一旦ホテルに戻って、お昼代わりの補助食と水をチャージして、再びタクシーでレッドロッククロッシングに向かいました。

最初、駐車場から離れた場所に降ろされて、川は見つかったけど、一体どこに行けばいいの??
ってなって、仕方なく駐車場の方まで歩きました。
e0351841_16250701.jpg
ここでわかったのですが、駐車場から普通に地図をもらって入ると、歩きでも1人2ドルかかりました。
今だから、あそこに降ろされたのは運転手さんの好意だったのか、とわかったのですが、さすがに情報がなさすぎて最初はわかりませんでした。

さて、地図によれば、川に沿ってトレイルがあって、ブッダの岸までたどり着くらしい。
ゆるりと歩きますか。

駐車場で自販機発見。
e0351841_16403261.jpg
商品何売ってるのか、ぱっと見はわからないという。

途中のトレイル自体は、平坦な森の中を歩くという感じですが、一本道なので迷うことなく、ブッダらしき開けた場所につきました。
カセドラルロックチラ見え。
e0351841_16403356.jpg
水がきれいです。
e0351841_16403400.jpg
e0351841_16403263.jpg
e0351841_16474629.jpg
中州で天を仰いでいる方もいらっしゃいました。
e0351841_16403498.jpg
やっぱりあるね、この石の塔、ここではホントに三途の川のほとりにしか見えない。

さて、トレイルはここまでらしいのですが、どうも、ガイドや絵ハガキで見る光景とは違うような…
と思っていたら、日本人4人組の方に声をかけられました、彼女たちも、なんか光景が違う…と思っていたそうで。

とはいっても、ここから先行く場所もなさそうなので戻ることに。

来た道をずっと戻って、最初にタクシーから降ろしてもらった地点で、もう一度対岸を眺めてみました。
e0351841_16403523.jpg
うん、絵ハガキの光景って、これでしたね、返す返す、運転手さんはビンゴのとこに置き去りにしてくれたんだ(笑)。
真ん中、カセドラルロックだし。
e0351841_16403667.jpg
何がいけないって、天気だね。
ちょっと天気下り坂で曇っていて、涼しくてよかったんだけど、景色的にはイマヒトツ。
やっぱりセドナの赤土には、ずぎゅんと突き抜ける青空がお似合いです。

お迎えまで時間があるので、しばし靴脱いで休憩。
e0351841_16250723.jpg
川の水は、びっくりするほど冷たかった、全身つかってしまったらちょっとヤバいかもな冷たさ。
川底は結構つるつるしているので要注意です。

そんな水をものともせず、友人は膝までつかりながら対岸に渡って、景色を満喫しちょりました。

座ってぽひゃっとしてたら、すぐ近くの
e0351841_16403132.jpg
このちょっと平らに開けた場所に、スーツの男性と、カジュアルな装いの男女が来て、何やら儀式を始めました。

どうも、結婚式みたいでした。
多分、スーツの男性が牧師さん的な人で、カジュアルな2人は新郎新婦じゃなかろうかと。

こういう選択もあるんだねぇ。
末永く、お幸せに。

戻ってきた友人は、今度はワン子と意気投合してました。
e0351841_16250614.jpg
フレンドパワーも全開だねぇ。

飼い主さんは、三脚を立てて本格的に写真を撮ってました。
ホント、ここでは犬によく会います、そして、驚くほどによくしつけられてます、すごいね。

ここの川の水でパワーストーンを清めるとよいらしいのですが、ボクたちはこの後リーディングを受けて、勧められたパワーストーンを買う予定、なので、今回はできませんでした。

のーんびりしたところで、そろそろお迎えの時間。

まーったりした1日でした…じゃないっ、これから最大の難関が待ち受けてるんだよ、リーディング。

何聞こうか、聞くまいか、あーでもないこーでもないって思ってましたが、なんか川を眺めてたらどうでもよくなりました、流れに任せようって。
でも、タクシーに乗ったら、なんだかまた構えちゃう感じ。

とりあえず、ホテルに一度戻って、服も心も着替えて、受けに行くとしますか😆


人気ブログランキングへ


[PR]
by koguren | 2016-10-01 17:37 | 旅行 | Comments(2)
Commented by nag at 2016-10-01 23:38 x
このあとだねー、クライマックス。
楽しみ、続きが!
Commented by koguren at 2016-10-02 04:44
> nagさん
緊張させないでくださいよ~書くこと変わんないすよ。
コメントありがとです😅