相方のアメリカ赴任についてきてしまった、英語力ゼロ、収入ゼロのプー太郎の雑記です。カリフォルニア州サンマテオ郊外の田舎町在住。
by koguren
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
全体
一時帰国
運転免許、交通関係
WHOLE FOODS
ヨーグルト
英会話ESL@サンマテオアダルトスクール
TRADER JOE'S
歯医者
食材・食品等
お菓子・ジュース等
習い事・趣味
お出かけ・ショッピング・レストラン等
サンフランシスコ
サンマテオカレッジ
未分類
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
お気に入りブログ
shina_poohな日...
kiki*blog 
ひとりぼっちランチ
Santa Clara ...
最新のコメント
> JPNSFOさん ..
by koguren at 09:00
> ぴろりんさん やっ..
by koguren at 08:58
僕もサマータイムあまり好..
by JPNSFO at 23:57
サマータイムって本当にメ..
by ぴろりん at 03:16
> mily-tokyo..
by koguren at 14:27
サンディエゴまだ行った事..
by mily-tokyo at 06:28
> ももさん コメント..
by koguren at 16:27
こぐれんさん、こんにちは..
by もも at 12:39
> ぴろりんさん ウチ..
by koguren at 18:44
こぐれんさんのお住まいは..
by ぴろりん at 02:41
メモ帳
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusha..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
ライフログ
検索
タグ
人気ジャンル
ブログパーツ
最新の記事
collage→univer..
at 2017-03-27 16:27
中国語会話、Ⅱに突入
at 2017-03-26 16:50
サンフランシスコ ~ゴールデ..
at 2017-03-25 18:53
カレッジの授業もろもろ
at 2017-03-24 16:25
カレッジの授業の復習&思うこと
at 2017-03-23 12:20
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
つぶやき
海外生活
画像一覧

collage→universityへのトランスファー制度

トランスファー制度、日本でいうところの編入制度は、アメリカではとても一般的なことらしい。
collageカレッジは日本でいうと短大相当、そこを終了した後でuniversityユニバーシティに3年次編入して、4大相当の学士を取るというイメージ。

こっちのunivrsityはべらぼうに高くて、ある程度以上の家庭でしか行かせられないのだそうな。
日本よりは、奨学金制度や教育ローン制度が、格段に充実してるみたいだけど。
そこで、カレッジで2年過ごして学費を浮かせて、ユニバーシティへ移行するという。
パンフによると、$34000~$137000も浮くんだって、あ、ドルです、だから約300万から千万以上浮くってことらしい!

ボクがとってる授業がベーシックなクラスのためか、トランスファーを考えるための授業があって、今までに3人の講師が来ました。

前半の2回は、サンマテオカレッジ内のトランスファー関係の職員。
最初はこんなプリントの数々が配られて
e0351841_15141886.jpg
トランスファーのために利用できる制度の説明でした。
クラブ活動なるモノもあるらしく、そこに入ると情報が得られるよとか。

以前、ボクのように1年住むと、カレッジの学費が居住者扱いで安くなります、って書きましたけど、この居住者料金ってのは、州単位であるらしいってことがわかりました、広いなアメリカ。

ここはカリフォルニアなので、カリフォルニア内の公立大学に行く場合は居住者料金。
プラス、西海岸近辺で協定を組んでる5つの州にある公立大学に行く場合には、安いレートだそうな。
それをぶっとんでいく場合には、学費が高くなるらしい。

という事情から、当然カリフォルニア州立大学へのトランスファー率が高く、距離的に近いバークレー校、サンフランシスコ校を初め、南のアーバイン校、サンディエゴ校、ロサンゼルス校などには、キャンパスツアーが組まれています。
南の方は交通費もかなりかかると思われるのですが、数十ドルくらいでツアーに参加できるみたい。

こうしてみると、カリフォルニア州、エース級の大学目白押しだね、確かにわざわざ他に行くことないわ。
私立大学でもスタンフォードがあるし、どうしても他の州で行く価値がある大学なんて、ハーバードとイェール大くらいじゃないのかな、とか。

大学の得意分野があるから何とも言えませんけど。

トランスファーのために、サンマテオカレッジの場合だと60unitが必要だそうです。
さらに、いいところにトランスファーするためには、1unit当たりのポイントが高い方が有利なのだとか。

これの計算式とかも説明してて、
例えば
科目Aがunit5で、ポイント4で取った場合、持ち点は5×4=20
科目Bがunit3で、ポイント3で取った場合、持ち点は3×3=9
よって1unit当たりのポイントは、29ポイント÷8unit=3.6ポイント、だそうです。

ま、簡単に言えば、いい成績とっとけやってことで、やみくもにいっぱい科目取って、単位稼いでも意味ないらしい。

後日、日本人の詳しい方に聞いた話では、高いポイントを取りやすいカレッジというのは存在するらしく、留学斡旋業者というのはその手の情報を握っていたりするのだそう。
そこで、行きたいユニバーシティにトランスファーしやすいカレッジを目指したりするのだとか。

確かに、UCバークレーなんて名門、イチから入ったら大変そうだもんな。
留学生やノンネイティブにとっても、このトランスファー制度は意外といいのかもしれません。


ちなみに、カレッジ卒業だとどうなるのかというと
e0351841_15141712.jpg
Associate Degreeってことのようです。
これも主専攻によって、Associate in Arts とAssociate in Scienceと2種類あって、トランスファー先の主専攻に影響を与えるようです。
Artって日本ではあまりメジャーじゃない主専攻のような気がするのですが、確かにカレッジの講座としてはいっぱいあって、趣味の講座と見分けがつかない感じのものもあります。
実際にはテストもあるだろうし、気楽に取る感じじゃないのかもだけど。


最後の1回は、Palo Altoパロアルト大学の教授が来ました。
e0351841_15141805.jpg
パロアルト市は名門スタンフォード大学がある場所ですが、他にも私立大学あったんだね。
ここは心理に特化した単科大学みたいで、だからこそきめ細かな指導ができて、就職まで面倒見るし、学費もスタンフォードの半額だ、って宣伝してました。
なんとパロアルト大のトランスファー担当カウンセラーが、サンマテオカレッジに来て相談を受けたりするらしい。

この教授の話では、やりたい仕事につながるユニバーシティを選ぶのが大切とのこと。
心理でもたくさん分野があるわけで、clinical psychologistとして働きたいなら、そういう職場からリクルートに来るような大学にいるのが近道だと。

カレッジはユニバーシティを見据えて、ユニバーシティは就職を見据えて選ぶ、か、なるほどね。

日本でも、大学入学時点で学科が決まるところだとピンとこないけど、3年次に学科の振り分け試験がある大学では、重なる部分があるのかもしれない。


こーんなシステムの数々を、ウン年前に知ってたら、アメリカの大学なんて選択肢もあったのかな~
いやっ!ないない、絶対ない、大学入試でも英語足引っ張ったでしょ?
ってか、今も超困ってんじゃん…

ま、そんな世界もあるんだな、ってことで、トランスファーシステムのいろはでした😊

ご覧いただきありがとうございます!コメントお気軽にどうぞ。

[PR]
# by koguren | 2017-03-27 16:27 | サンマテオカレッジ | Comments(0)

中国語会話、Ⅱに突入

土曜日にのんびり通っていた中国語会話Ⅰが先週で終わり、今日からⅡに突入です。
一応別講座で再度申し込みがいるので、やめることもできたのですが、続けることにしました。
ティーチャーが漢字を書いてくれるようになったので楽になったし、便宜上Ⅱだけど続きだから大して変わらないってハナシだったので。

行ってびっくりしました。
人が倍くらいになってる(笑)。
初めて参加する人は1人しかいなくて、他の人は趣味の一環のような感じで、年単位で通っているみたいです。

で、その初めての1人ってのがすごくて、中国語ペラペラ‼
なんと中国に4年間住んでいたんだそうです。
何しに来たの?って感じですが、多分維持のために来たのでしょう。

その方は見た目が完全に欧米人なので、中国語がペラペラというのはちょっと違和感がありました。
アジア人の意地にかけて⁇、負けたくないんだけど(笑)。

そんなペラペラの方でも、漢字はびっくりするくらい読めませんでした、すっごい意外。
漢字を使わない言語を母国語とする人は、本当に音だけで中国語会話をマスターできちゃうんだ…
むしろそっちの方が難しいけど、ボクには。

だけど、その状態で中国に住むとなると、書いてあることはほとんど読めないってことだよね?
それでも暮らせるもんなんだね。

逆に、そこまでペラペラじゃなかったけど、台湾系の企業で働いているという方は漢字が読めてました。
多分仕事で書類を読まなきゃいけないんだろうね。

とまあ、ボク意外全員アメリカ人なのに、妙に多様な集まりです。
って、アメリカ住んでて全然英語喋れないくせに、中国語習いに来てる日本人のボクが、一番外れ値か(笑)。


このところ雨だったので、ひっさびさにぴーかん晴れたと思ったら
e0351841_16081293.jpg
カレッジの桜並木、ほぼ散っちゃってました。
日本のソメイヨシノではないらしくて、一概に比較はできないけど、やっぱりあったかいんだね。

あ、満開の頃見せろやって?
ちょこちょこ撮ったはず…さかのぼっていきましょう。
3月20日
e0351841_16081003.jpg
3月17日
e0351841_16081902.jpg
3月15日
e0351841_16142630.jpg
3月13日
e0351841_16135499.jpg
3月11日
e0351841_16081627.jpg
3月3日
e0351841_16081523.jpg

2月27日
e0351841_16183202.jpg
日本のソメイヨシノみたいに、短期間で一気に花開いて散る、って感じじゃなくて、ぼちぼち咲いて、遅れて葉も出てきて、それから散る、みたいな感じ。
さらに、個体差が大きいよね、条件ほぼ同じだと思うんだけど…やっぱアメリカ育ち⁈

さくらの春、ではなくて新緑の春、がんばっていきましょー、ってことで、ブログもイメチェンしてみました🙂


ご覧いただきありがとうございます!コメントお気軽にどうぞ。


More
[PR]
# by koguren | 2017-03-26 16:50 | 習い事・趣味 | Comments(0)

サンフランシスコ ~ゴールデンゲートブリッジ~

去年の今頃もゴールデンゲートブリッジ行ってるんですけど、この時は観光バスで行って、橋を渡った先にあるビューポイントから眺めました。
が、橋のたもとまでは、サンフランシスコの市内交通MUNIミュニバスでも行けるらしい。
ということで、今回はそちらでトライしたところ
e0351841_17461353.jpg
確かに、行けました。
近づいてみると、なかなかの眺め。
e0351841_17461259.jpg
去年みたいに写真撮ってくれるおじちゃんがいなかったので、自分でつまみ撮りしました(笑)。
e0351841_17481401.jpg
ここから橋まで階段で上れるので、橋を歩いて渡りたい方はどーぞ。
e0351841_17490263.jpg
こんな感じ。

ここは、創設75周年の記念事業でできたものらしく、観光案内所兼おみやげ処の建物があって
e0351841_17481371.jpg
店内もゴールデンゲートブリッジ色なんですが
e0351841_17500060.jpg
市内のドラッグストアやフィッシャーマンズワーフで見かけないおみやげもある気がします。

本棚で本が倒れてこないようにするやつだよね?
e0351841_17503836.jpg
絵はがきも見たことない写真のがあるし
e0351841_17503759.jpg
ワッペンとか三角のやつ、なんていうんだっけ、名前が出てこない
e0351841_17503505.jpg
何だろ、文鎮かな
e0351841_17504560.jpg
カフェもあってひと休みできます、ラウンド型。
e0351841_17510111.jpg
公共のお手洗いも外にありました、が、すごい行列でした。

こんな模型もありました。
e0351841_17464938.jpg
動きます、これ。

橋を渡らない観光バスは、ここに停車するんだ。
e0351841_18034660.jpg
が、ボク的には、せっかく2階建てバスなので、橋を渡る方がおススメです、寒いけどね。

MUNIミュニは28番のバスがここに止まります。
出発地点から路線図見て、28って書いてあるバスが通ってる道までたどり着けば何とかなります。

ボクは網の目のようなバス路線図を見るのが苦痛じゃないタチですが、サンフランシスコ市内のバス網はさすがに複雑。
とはいえ、京都市内よろしく、道が基本直角に交差しているので、バス路線も東西方向と南北方向しかない!と考えれば意外とシンプル。

ちなみに路線図は、地球の歩き方も悪くはないのですが、観光案内所で無料でもらえる地図やガイドの方が、路上で見るのに便利かなと思います。

28番のバスは
フォートメイソンという、サンフランシスコの北の海沿いの観光地の西端辺りから出発
基本東西に走り
橋のところで南北方向にスイッチして
デイリーシティというサンフランシスコの南の市まで抜けています。

なので、市の中心部、ユニオンスクエア辺りから行くと、とりあえず大きい通りのバス停で西に行くバスに乗って、しばらく行って大きい南北方向の通りとクロスしたら降りて、北に行くバスに乗り変えて、近くについたら微調整する、で何とかなるかと(笑)。

今回は
ユニオンスクエアの北から2番(3番でも可)のバスに乗る。
Van Ness Avenueで降りて、47番(49番でも可)のバスに乗り換えて北上。
本来だったらChestnut Streetで降りて30番のバスに乗り換えるつもりだったのに、乗り過ごして2本先まで行ってしまったけど、結局そこでも30番に乗れて
地図上で28番とクロスするポイントがイマイチわからなかったので、それっぽいところで降りて観光客っぽい人について歩いていったら乗れた

って感じでした(笑)。最短距離ではないと思いますが、そんなに間違ってもないと思います。

ついでに、西端のクリフハウスとシールロックスとやらも見に行ってやろうと思って
再び28番のバスに乗って南下
Geary Blverdで降りて38番のバスに乗ろうと思ってたのに
ぼーっとしてて再び乗り過ごしたので(←アホ)2本先のFultonで降りて5番のバスに乗って西に行き
終点?かな、折り返し地点で降りて、歩きました。

ちなみに、38番のバスで行った方がだいぶ近いです。
5番だと、南から歩いて北上することになって
e0351841_17514389.jpg
あの白い建物がクリフハウス、結構遠いな。
海と反対側の景色もよかったけどね
e0351841_17515537.jpg
着きました、レストランとお土産屋さんがあります。
e0351841_17523316.jpg
この岩がシールロックスというそうで、季節によってはアシカの群れが集まってくるのだとか
e0351841_17524853.jpg
ハイキングトレイルがあって、季節柄花もきれいだし気持ちよさそう。
e0351841_17524703.jpg
じゃ、今度は38番のバスに乗ろっと。
e0351841_17533479.jpg
この辺りまでくるとバスもガラガラで、普通は車で来るところみたいです。
e0351841_17531449.jpg
こんな感じで路駐がいっぱい、少し離れた場所なら空いていたので、サンフランシスコ市内とはいえ、駐車場プロブレムがあまりない場所なのでしょう。

さらにバス停目指して上ってくると途中にこんな建物があって
e0351841_17540718.jpg
中にカフェやお土産屋さん、お手洗いもありました。

意外とどころかかなり便利に使えました、市内交通MUNIバス。
ただーし、去年大人2.25ドルだったのに、また値上がりして2.5ドルになっててびっくり。
(クリッパーという電子カードを使うと、2.25ドル。)
どんだけ値上げするんだろう、ケーブルカーも、ボクが初めて来た時より既に2ドル上がってるし。
おそるべし物価高、サンフランシスコ・ベイエリア😝


人気ブログランキングへ
[PR]
# by koguren | 2017-03-25 18:53 | Comments(0)

カレッジの授業もろもろ

ついでなので、ボクがとってるカレッジの授業に関するもろもろつぶやきます。

一番びっくりしたこと。

プロフェッサーの格好&行動。

最初にボクが教室に入った時、前にいたのは、パーカーにハーフパンツのプロフェッサー。
さらに、椅子に座って、机の上に足を投げ出していました、もちろん足元はスニーカー。

服装はいいです、アメリカのこの手のスタイルには慣れて来たし、ボク的にはむしろ気楽で好きです。
だけど、机の上に足乗せる?一番前で、生徒に向かって。
ぺちんと親に一発叩かれてるやんちゃ坊主みたいだ(笑)。

アメリカのプロフェッサーは机に足を乗せてるもんなのだ、などとはさすがに思いません。
けど、机の上に足を乗せて生徒を待ってる日本の教授は一人もいないんじゃないかと…

初回が強烈すぎたので、プロフェッサーの服装には、毎回目が行ってしまいます。
寒かった時期は、パーカーかトレーナー、しかも紺とかグレーとかで、着回しの効率がかなりよさそうなラインナップ。
最近はTシャツです。

ハーフパンツはどうやら年中のようで、長さは全く変わりません。
よーく見ると、色が若干違うみたいなのと、サイドに作業着風のポケットがついてるのとついてないのとあるので、少なくとも3~4枚程度のバリエーションはありそうです。

意外に原始的だなと思うのは、超細かい字のプリントに、やっぱり細かい字で書き込みがしてあるのを、スクリーンに投射して進めるとこ。
e0351841_15541751.jpg
このスクリーン投射スタイル、20年前に消え失せたと思ってました、パワポの到来で。
残ってたのね。

一方的にプロフェッサーが話していくスタイル自体は日本とさほど変わりません。
アダルトスクールでは、生徒からの発言の勢いがすごかったので、これがアメリカのスタイルか~なんて思ってたけど、カレッジはそうでもありませんでした。
教室も広いしね。

ただ、「わかった?」みたいな問いかけには、生徒の方から反応があります。
それをきっかけに質問が飛ぶこともあります。

この「わかった?」が全然わかんなくて
ユーガーガッザッ?
としか聞こえません、未だに。

よく聞く「わかった?」の表現である
Got it?
から推測すると
You guys got that?
かなと最近思い始めてますが、わかりません。

あ、いろいろ書きましたけど、このプロフェッサーは気さくな人で、わけ隔てなく生徒と接しているところがいいなと思ってます。
コーヒースタンドに並びつつ、生徒と話している姿を何回か見かけました。
それに、授業中の緩急のつけ方、テンポはとてもよいです、英語わかんなくても、リズム感だけはわかります(笑)。


生徒の年齢は、普通の大学生年齢の子が8~9割って感じです。
ノンネイティブスピーカーの中には、アラサーくらいかなと思う人はちらほらいますが、全体見た感じは日本の大学と変わりません。
仕事をしている人は結構いるみたいですが、正社員ってよりは、アルバイトに近い感じなのかと思われます。
あと、授業中に飲み食いしている人は結構います。


総じて、ボクが以前聞かされていた、アメリカの大学はすごく自主的で、授業も発言が飛び交って、単位取るのも卒業するのも超大変で、みんな稼ぎながら来てるから授業は超真剣で、教授が遅れてくるとブーイングが出て…
などどいうことはなく、日本の大学に近い気がしてます。

が、ボクが行ってるのはあくまでカレッジ、ユニバーシティではないので、ゆるいのだろうと思います。
学科や教授によっても違うだろうから、もう一つくらいとってみたいかな…
いや、その前に、今の授業なんとかしないと、ホントにそのうち0点取っちゃいそうだよ😭


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]
# by koguren | 2017-03-24 16:25 | サンマテオカレッジ | Comments(0)

カレッジの授業の復習&思うこと

次回のテストの対策用プリントを見たら、なんか前回のテストともろもろ関連してるみたい。
やっぱこのプロフェッサーはずっとこの調子で行くんだろうな、ということで、昨日やりきれなかった方のテストの復習もすることにしました、今更だけど。
e0351841_12151199.jpg
えっと、問題文だけ参照してください、答えはほとんど間違ってます(汗)。

(2)factsとideaは(2)と呼ばれるカテゴリーに含まれる2つのサブセットの名前です
→knowledge

(3)studyとobservationは(3)を獲得するために利用されるメカニズムである
→knowledge

(4)(4a)と(4b)はすでに起こった外的な事象に関する知識を獲得するために利用されるメカニズム(プロセス)です
→(4a)study、(4b)observation

(5)exogenous(外因的な、外因性の)は、(5)で起こった出来事を参照します
→external

(6)inference推論、推測は(6)を生み出すために使われるメカニズム(プロセス)の例です
→ideas about facts

(7)endogenous(内因的な、内因性の)は、(7)で起こった出来事を参照します
→internal
 ※(5)と対ですね。

(8)ideasはどんなプロセスによって生み出されますか
→infer
 ※(6)の裏返しの問題ですね。

(9)understandingは(9a)のproduction(生産、産出?)によって生み出され、(9b)(9c)と呼ばれるknowledgeのサブセットに適用される。
→(9a)ideas、(9b)fact、(9c)idea
 ※ideaとideasは違うらしい。

(10)(10)はmatterから成るthingsに本来的に備わっている性質です
→information

(11)interactionは何が起こることを可能にしますか
→exchange of information

(13)learningのメカニズムは、(13)を獲得するために使われ、適用される
→infomation
 ※knowledge知識獲得のメカニズムはstudyとobserve、imformation情報獲得のメカニズムはlearning、なんとなくlearnよりstudyの方が深い理解を伴う学習を意味するように聞こえるのだが…

(14)subjectとskillは(14)というメカニズムの2つのカテゴリーです
→learning

(16)deprivation奪うことは、生物がどんなevent出来事?を始めなければならない状態ですか
→stress

(17)satiation満足とは、生物がどうなったときの状態ですか
→acquire

同じネタ元から出てるテストなので、昨日の話と被ってます。
我ながらgoogle翻訳レベルでお恥ずかしい限り。

もう、これが心理のどこにはまるのかなんて考えず、彼の理論を理解するってことだよな、とは思ってます。
全部訳してつき合わせてみると、繰り返し同じことが問われてるしね、点数が2極化するゆえんです。

が、「知識は、事実とアイデア(考え)から構成される」「推論とは、事実についてのアイデアを生み出すプロセスである」「相互作用は情報の交換を可能にする」といわれても、日本語でもピンとこないんだよね。
本でも書いてくれ、って思う。

一応プリントがメール配信されてますが、話している以上のことは書いてない、箇条書きで文脈がないのでよくわからないのです。
そうそう、青写真が描けないってやつ。
あと2か月で、どこに着地するのか見当もつかないんだもん。

でも、レポート書いて来い、みたいな課題って、今のとこないんだよね。
授業中に見たビデオをもとにレポートってのはあったけど、質問に答える形式だったから構成考えなくてよかったし、自分の考えを述べるエッセイに比べたら楽だと思う。
そのビデオが全然わかんなかったボクは、You Tubeでちゃっかり見つけて何回も見てやったしね、しかもスパニッシュ字幕付き(笑)。

さらにテキスト読んでオンラインテスト受ける課題も加算されるので、それなりにクレジット(単位)は取れるように配慮されてる気がする、自分は玉砕中だけど…
他の授業が分からないから何とも言えないけどね。

自分の大学時代を思うと、テストはほぼ記述式、それも用語説明程度ならともかく、具体例とセットで論ぜよみたいなのもあった気がする。
まぁ「スコラ哲学について論ぜよ」90分1本勝負、みたいなテストは、心理学科ではなかった気がするけど…
あと、テストなしでレポートで単位出す、なんて授業もあったし。

今思うと、留学生にとっては、かなりかなり厳しい状況だったんじゃないかな。
そもそも、周りに留学生いなかったし。

日本語って、英語や中国語に比べて、文を書くのが極端に難しい言語だと思うんだよね。
ネイティブのボクだって、ロクな日本語書けないもん。

今や日本の大学でも、英語で授業してるなんてとこもあるそうですが、大学生にはちゃんと日本語書かせた方がいい気がする、というのがボクの考え。
特に卒論、ボクの周りでもほとんどの人は心理とまーったく関係ない仕事してるけど、でも卒論は書いてよかったって言ってる人が多い、企画書作るときでも役に立つって。

残念ながら今は卒論が必須じゃないところが多く、必須じゃなきゃ誰も書かねーよってのはその通りだけど、卒論を選択できるなら、大変でも書くのがおススメかな。

ま、個人的な意見でした。

…って、そんなことはどうでもよくて、とりあえずこの2回分の復習を踏まえて、次回の対策用プリントに挑みます。
でも、テストいつなのかな?
未だにその辺りの指示が聞き取れないんだよね~😅


人気ブログランキングへ
[PR]
# by koguren | 2017-03-23 12:20 | サンマテオカレッジ | Comments(0)