相方のアメリカ赴任についてきてしまった、英語力ゼロ、収入ゼロのプー太郎の雑記です。カリフォルニア州サンマテオ郊外の田舎町在住。
by koguren
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
全体
一時帰国
運転免許、交通関係
WHOLE FOODS
ヨーグルト
英会話ESL@サンマテオアダルトスクール
TRADER JOE'S
歯医者
食材・食品等
お菓子・ジュース等
習い事・趣味
お出かけ・ショッピング・レストラン等
サンフランシスコ
サンマテオカレッジ
旅行
未分類
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
フォロー中のブログ
shina_poohな日...
kiki*blog 
ひとりぼっちランチ
Santa Clara ...
最新のコメント
> ぴろりんさん 衣紋..
by koguren at 13:04
英語をそのままカタカナ表..
by ぴろりん at 02:16
> 佐藤(み)さん 初..
by koguren at 10:59
初めまして。お言葉に甘え..
by 佐藤(み) at 01:44
> ぴろりんさん ホン..
by koguren at 07:46
ワァ~ォ、うわさには聞い..
by ぴろりん at 06:33
> SFガイドさん ど..
by koguren at 14:17
> mily-tokyo..
by koguren at 14:13
ははははは!!!やっちゃ..
by SFガイド at 20:24
わぁ~~~すごい泡だらけ..
by mily-tokyo at 04:04
メモ帳
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusha..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
カレッジの授業、小テスト2回目
at 2017-05-01 09:11
サンフランシスコ ~ミッショ..
at 2017-04-26 03:49
サンマテオ中央図書館地下駐車..
at 2017-04-24 16:39
サンフランシスコ ~ヘイトス..
at 2017-04-23 09:42
カタカナ単語と英語のニュアン..
at 2017-04-19 15:19
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
つぶやき
海外生活
画像一覧

カレッジの授業、小テスト2回目

告知があってからだいぶたって、2回目の小テスト実施&返却来ました。
2回目のは、予習プリント丸写しでした、でも予習プリントが穴だらけだから結局できないんだけど。
そして、3回目分の予習プリントが配られたよ…

3回目のプリントは、一気に遺伝子の話になってました、が、主体が遺伝子になっただけで、知識だの情報だのインタラクションだのって言ってるので、結局今までの話なのか…?

なーんとなくですが、どうも彼の言う心理学とは、主体と環境との間のインタラクション(behaviorを意味することもある?)および、その結果知識を獲得するという主体の内的プロセスを総称しているような気がする。

で、この主体が、広くは人間なんだろうけど、各論としてはこの間まで脳で、ここへきて遺伝子になった、っていう気がする。

そして、この総論めいたことで、どうも終わる気がする。

別に課されているテキストの方では、ちゃんと記憶の話やらフロイトやら、集団心理、発達心理等々、聞いたことある内容が淡々と出てくるのですが…


さて、2回目も返却後答え合わせしてくれましたが、やっぱり聞き取れなかったボクは今度は隣のお姉さんに泣きついて、答えを教えてもらいました、ホントにありがとう(涙)。
今回は枚数が多いので写真は省略っ。

1(1)はmatterから作られるすべてのthingsに本来備わっている属性である→imformation

1a matterの2つのカテゴリーとは→organic inorganic

2 何か(something)の中に生来存在していて、thingsと不可分な属性とは→inherent(生来の、固有の)

3 knowledgeを獲得するためのmindのapplication(適用、専心、力を注ぐこと)のプロセスを何という→study

4 人がstudyするときに何がapply(適用)されるか→mind(3の裏返し)

5 imfomationについてのknowledgeを獲得するとき、organismは環境となにをしなければならないか→interact

6 interactの最中に、organismと環境との間で何が交換されますか→imformation

7 interactの最中には、どんなメカニズムが関わっていますか→learning

8 learningするのはどの器官ですか→brain

9 脳を駆使してlearningを実行するorgnisumのどの部分に、ルールが含まれていますか→genes

(10)メンタルプロセスは、informationの複数の基準に対し、(10)と同等とみなされます?→critical thinking

11 (10)の結果決まる、informationの2つのカテゴリーとは→noble familier
(要は、imformationは、メンタルプロセスの働きによって、最初に知ってることfamilierか知らないことnobleかに分けられるよ、ということらしい)

(12)11で答えた2つのカテゴリーにおける、人の生理学の結果は何ですか??→stress

13 learningのメカニズムに関わっている間に、11の2つのカテゴリーでおこっていることは何ですか→cognition

13a cognitionを生体に引き起こす合図となっている状態とは→deprivation(奪うこと、はく奪)

(13b) deprivationの間に、生体内のどんな生理的指標が変化しますか→perception

(13c) どんな出来事がperceptionの変化のきっかけとなりますか→observation

(13d) organismは13a~13cの過程で何を生み出しますか→interaction

14 interactとcognitionに関わっている2つのカテゴリーは何ですか→subject skill(これはlearningの2つのカテゴリーでもある、よって、interactやcognitionするというのはlearningを使ってるってこと?)

15 14の2つのカテゴリーで起こることは、knowledgeと呼ばれるカテゴリーにも関わっている。knowledgeの定義によると、2つのサブセット、あるいはカテゴリーとは何か→idea fact

16 外界のすでに起こった出来事に関するknowledgeを獲得する際に用いられる手段は何か→ study observation

17 観察者の外界から起こるthingsに関する獲得された知識は、どこに蓄えられますか→facts

18 観察者の外界のthingsに関するinformationを含む、内的なサブセットの内容に関するknowledgeを獲得する際に適用されるプロセスは何か→infer

19 inferは何を生み出すか→ideas facts(knowledgeのサブカテゴリー)

20 ideasとfactsはknowledge内のinformationについて何を可能にしますか→understanding

21 studyとobservationは何を獲得するメカニズムですか→fact
(16の焼き直し)

22 すでに起こった外界の出来事に関するknowledgeを獲得する2つのメカニズム(プロセス)とは→study observaation
(21の焼き直し)

23 inferenceは(23a)に関する(23b)を生み出すプロセスである→a;facts b;ideas
(19の焼き直し)

24 ideasは何というプロセスによって生み出されますか→inference
(23の焼き直し)

25 understandingは(25a)の産物によって生み出され、(25b)(25c)と呼ばれるknowledgeのサブセットに適用される→a;ideas b;fact c;idea

(26)反応を引き起こす刺激の2つのカテゴリーとは→internal external

(27)behaviorの定義によれば、organismによって引き起こされるすべての反応とは→response?

(28)behaviorとはorganismのどんな活動のことですか→action that causes or change

(29)28の答えが正しくあるためには、organisumは何から構成されなければなりませんか→?

(30)メンタルプロセスはどこの器官に備わっていますか→brain
(心はハートじゃない、脳なのだ、とボクが学生時代にも習ったような。)

(31)メンタルプロセスの発動にはどんな出来事が先行しますか→observation/consciousness/attention?

(32)メンタルプロセスは刺激と反応の間で何をしますか→changes?

(33)メンタルプロセスは、明白な反応によってどうなりますか→determined/observed
(多分、メンタルプロセスは外から見えないから、反応を観察して定義づけするしかない、みたいな意味だと思われる)

※(数字)の問題は、教授はskipしているので、プリントを貸してくれた人の答え。 

以上、なんか前回の上に、ちょっと複雑になってる気がします、そして、次のプリントにイマイチ反映されないよーな。


そして、たった33問でもひーひーいってるボクに、追い打ちをかけるように最終試験の告知が来ました。

なんと、2時間300問だって~(笑)。

単純計算で2.5問で1分?ムーリ無理無理。
2時間でそんなに読めないって問題以前に、そもそも2時間読み続けられないって問題が発生するわ!

30の聞き間違いか?いや、13と30は聞き間違えても、ハンドレッドは聞き間違えんよな。

ただ、問題数がすごいかわり、多肢選択と穴埋めしかない模様。
ってことは、英作文しなくていいのか、それはそれでノンネイティブにはいいのかもしれない。

最初に配られたプリントに、時間ごとに試験日が指定してあって、変だなって思ったんだよね。
なんでどの時間帯のコマも月、水、金の授業なのに、8時からの人が月曜、9時からの人が水曜…って書いてあるのかなーって思ってたんよ。
どうも、最終週は授業ないんだね、テストだけじゃないのかな。

ガタガタ言っても始まらないので、とりあえず3回目の小テストのプリントに向き合いますか。
はぁ、今度は遺伝子が何するのかな…😝


にほんブログ村ご覧いただきありがとうございます!コメント、突っ込み、お気軽にどうぞ。
[PR]
# by koguren | 2017-05-01 09:11 | サンマテオカレッジ | Comments(0)

サンフランシスコ ~ミッションディストリクト(2)~

さてさて、去年の夏以来のミッション地区、今回は公園の方まで行ってみました。

33番のバスで18th St.とChurch St.がクロスする、ミッションドロレスパークの北端まで行かれます。
公園は南の方が高くなっていて、そこからの景色がいいってことだったので、そこからmuniメトロのJラインに乗って南端まで行きました。
1駅?だったかな、だけど緩い上りだし、すぐ来るので、乗っちゃうのがおススメ。
e0351841_01065061.jpg
デザインはバスと変わんないんだけど、メトロなので電車です、地下を走っている区間もあります。
雰囲気的には東急世田谷線か、都電荒川線とでもいったところでしょうか。

サンフランシスコ一望!
e0351841_01064999.jpg
素敵な眺めでした。
まさに地元民の憩いの場って感じ。
サンドイッチのテイクアウトでも持って、ここでランチしたりするのいいよ、ってのはわかります。

のんびりしてたら1日でも経っちゃいそうでしたが、今回は(も?)ミッションのおしゃれ通り、バレンシアストリートが目的なんで、再びmuniメトロのJラインに乗って、来た道を戻る形で北上し、16th St.まで行きました。

ここで降りて東に1ブロックほど歩いた角がミッションドロレス教会。
ここは現存するサンフランシスコの教会としては最も古くて、1700年代の終わりにスペインからの入植者が建てたのだとか。
e0351841_01072037.jpg
7ドルで中も見られるようです、小さな博物館もあるらしいのですが、今回は外から拝むだけ。

ここからさらに東に、大通りでいうと2ブロック歩いたところが、おしゃれ通りValencia St.バレンシアストリート。

名物の壁画を見に、Sycamore St.シカモアストリートという小道に再び迷い込みます。
前回来た時に時事的な内容もあったので、そこそこの頻度で書き換えられてるんだろうな、とは思ったのですが、案の定
e0351841_01072146.jpg
これは前回なかったですね、超時事ネタ。

ちょうど描いてる方がいらっしゃいました。
e0351841_01080709.jpg
あんな風に作業していくんだね…細かい絵とか大変だ。

こんなのも、前回はなかった気がする。
e0351841_01083697.jpg
なんか、妖艶だ…

これも政治的主張を感じるのですが…
e0351841_01072202.jpg
描かれているキャラクターの意味が、残念ながら僕にはわかりません…

これも、前回とはメッセージが変わってました。
e0351841_01083799.jpg
黄色に黒の文字で、人種差別に抗議する内容であるスタイルは同じでした。

あ、このZAPは前回もあった。
e0351841_01080616.jpg
芸細でインパクトあったのでよく覚えてました。

この後、18St.を大きく1ブロック西に行き、Guerrero St.とクロスする地点にある、いつも並んでいるという有名なTartine Bakeryタルティーン・ベーカリーに行きました。
前回からまた食べた~い!と思っていたパンプディングにありつくためです。
e0351841_01083805.jpg
ピンボケですんません。

悪くはなかったのですが、今回は少々くどかったかな。
というのも、季節のフルーツが今回はバナナ、さらにチョコチップが入ってました。
正直、全体がバナナチョコしすぎて、卵の風味とかが負けてる感じな上に、甘くなりすぎちゃってました。

前回はプラムやブラックベリーなど酸味の効いてる果物だったので、甘みと酸味のバランスに惚れたんだよね~
ちょっと残念、もう満足したからいいや、な気分になりました。

今回は持ち帰りでクロワッサンも買ってみました。
e0351841_02495642.jpg
写真じゃわかりづらいですが、こっちのクロワッサン、かなりデカいです。
多分日本のクロワッサンの倍くらい、まぁお値段も倍以上するけど…
e0351841_02252370.jpg
中もちゃんとパイ生地。

お味の方は…うーん、まぁ普通においしかった、という感じでした。
このパン屋さんを街でたまたま見つけて、何気なく入って買ったんだったら、おいしかった、ってなったかな(笑)。
つまり、ウチからだとかなり行きづらい場所で、さらにあれだけ並んでまで、また買いに行こうとはならないって感じでした、近所にあったら行くけど。

タルティーンベーカリのあったGuerrero St.から東のバレンシアストリートに戻って、前回も行った有名なFour Barrel Coffeeフォー・バレル・コーヒーにも行ってみましたが
e0351841_01084086.jpg
ん?看板取れちゃってる?!

南北に走るバレンシアストリートの通り沿いには、東西にクロスする14th. と15th.の間くらいにあるこのフォーバレルコーヒーと、21th.とクロスした少し南にあるRitual Coffee Roastersリチュアル・コーヒー・ロースターズという、サンフランシスコの有名コーヒーチェーンがあります。
支店は他の場所にもあるみたいだけど。

今回は歩きながら、この2店舗のコーヒーを飲み比べてみました。
(写真がなくてすんません)。

サンフランシスコのコーヒーって、全体的に酸味があるって話を聞いたことがあるのですが、この2店舗のレギュラーコーヒーだと、フォーバレルの方が酸味が強くて、リチュアルの方がマイルドな感じでした。
個人的にはリチュアルの方が好きですが、単に酸味がないコーヒーの方が好きなので、これがすごく好き、ってわけではボクはないです。

この界隈はおしゃれで活気があって、何回来ても発見があるな~と思った次第。
来ると、また来よう!って思うけど、さぁ、次来るのはいつかな~🙂



【公共交通機関での行き方】
本文で述べている行き方は、西のヘイトアシュベリー方面からの行き方です。

中心街からミッションドロレスの公園&教会へは、先ほど利用したmuniメトロのJライン1本で行かれます。

また、中心街からバレンシアストリートに行くなら、BARTバートって鉄道にPowelパウエル駅から乗って、16th St.で降りるのが便利です。
この駅は16th St.とMission St.ミッションストリートのクロスする地点にあり、ここから西に大きく1ブロック(小道は2本クロスします)歩いた通りがバレンシアストリートです。
駅周辺は微妙な雰囲気なので、明るい時間帯に着くように行って、サクサク歩きましょう。

このミッションストリートは、バートのパウエル駅のあるMarket St.マーケットストリートの南側まで続いているので、ここを走る14番のmuniバスで行くこともできます。
この通りは若干治安が微妙な地帯があるので、バス路線に沿って歩かない方が無難です←そんなこと考えるのお前くらいだって?!

ご覧いただきありがとうございます!コメント、突っ込み、お気軽にどうぞ。

[PR]
# by koguren | 2017-04-26 03:49 | サンフランシスコ | Comments(0)

サンマテオ中央図書館地下駐車場、2時間制になります!

最近、再び車運転してます。

理由はいろいろあって、ボランティアをもう1カ所始めたらバスではあまりにも遠かった、とか、引っ越そうと思ったら家賃の上げ幅が案外低かったので残留したくなった、とか、夏セメスターのスケジュールを考えるとバスはしんどい、とか、車で行く小旅行に目覚めた、とか…

まぁどうでもいいです(笑)、複合要因です。

3か月くらい運転してなくて、久々に運転した時は、思いっきりウインカーとワイパーを間違えました。
そう、日本の車と逆で、ウインカーは左手側の操作になります。

ショックでした、日本で乗っていた総時間より、アメリカで乗った総時間の方が上回っているんじゃないかと思うので。

これってもしかして、学習心理学でいう分散学習と集中学習の話?かも。

例えば同じ10時間勉強するにしても、10時間集中して勉強するより、1時間×10日の方が学習効果が高い、とされてます。
ただ、学習内容やその他いろんな状況に左右されるので、一概に言えない面もあったはず。

つまり、ボクは日本で免許を持っていた10年以上の期間、実家にいる時しか運転してないとはいえ、分散して長期間運転してたわけです。
アメリカでは毎日運転してたけど、たかだか1年半。
まだまだ、日本で運転していた時のクセの方が強いのも納得。

ちなみに、とある学習塾で、「心理学的な側面から、もっとも効率の良い勉強法を…」とか言って、単に1コマの時間を短くして、週当たりの日数が多い、ってやってるとこがあったよーな。

そんな単純じゃないと思うべよ、通うのだって時間かかるし、家で学習習慣つけた方が強いべよ。


だいぶ題名とずれたこと書きましたが(笑)、車乗るようになって久々にサンマテオの3rd avenueにある中央図書館に行って長居したら、車のフロンドガラスの上にこんな紙が!
e0351841_16233411.jpg
最初、切符でも切られたのかと思って超焦ったら、周りの車にもみんな置いてあります。

これによると、5月1日~、中央図書館の地下駐車場は、平日と土曜日の6時までは2時間制になるみたいです。
どうやってチェックするのかわかんないけど、時間オーバーすると違反チケットだとか。

以前通ってて停められなかったことなかったけど、人が増えてきたのかな、何かあったのかもしれないし。
ちょっと不便だけど、仕方がないです、6時以降に行くって手もあるけど。
長時間ご利用の際は、お気を付けくださいまし🙂

ご覧いただきありがとうございます!コメント、突っ込み、お気軽にどうぞ。

[PR]
# by koguren | 2017-04-24 16:39 | Comments(0)

サンフランシスコ ~ヘイトストリート~

ヘイトアシュベリーと呼ばれる、ゴールデンゲートパークの東側の一帯は、ヒッピーの発祥地と言われてるのだそうな。
今回は「独特なムードが漂う」と評されるヘイトストリートHaight St.をお散歩してみました。
e0351841_18032903.jpg
平日の午前中だったせいか、そんなに人居ませんでした。
e0351841_18033036.jpg
そんな中で異様に混んでいたのが
e0351841_18040308.jpg
Ben&Jerry'sってアイスクリーム屋さん。
ハーゲンダッツと同格のイメージ(あくまでボクの)なので、おいしいのだろうとは思います。
が、平日の午前からこんなに並ぶようなお店とは思えないのだが…チェーン店でしょ?

アジアっぽいお店もあって
e0351841_18032874.jpg
チベットっていうお店が何件もありました、そう、中国でも、インドでもなく、なぜかチベット。
e0351841_18033182.jpg
なんか、特殊ルートでもあるのだろうか。

靴下屋さん発見。
e0351841_18025325.jpg
おもしろそうなので、ちょっと寄ってみました。
e0351841_18000789.jpg
店の奥まで靴下だらけ。
e0351841_18000957.jpg
ふくらはぎ、この高さで見ることないと思うんだけど…
e0351841_18001006.jpg
サンフランシスコならではのモノも
e0351841_18000539.jpg
羽がついてる!
e0351841_18025655.jpg
富士山?
e0351841_18025522.jpg
芸術鑑賞もできます。
e0351841_18025168.jpg
e0351841_18025715.jpg
サイズ的にも靴下なら問題ないだろうから、おみやげに良いかも。


歩いていたら、窓からニョキッと!
e0351841_18044561.jpg
そういあばあの足、去年観光バスに乗ってた時、見たはず
e0351841_18121311.jpg
バスからは見えないアングルでどーぞ。

あ、やっぱ観光バス来た。
e0351841_18110011.jpg

ラスベガスに本店があるという帽子屋さんも発見。
e0351841_18112483.jpg
西部劇のような?店内。
e0351841_18121144.jpg
なかなかシックでした。
e0351841_18112177.jpg

この辺りも名物の壁画がところどころにあって
e0351841_18143710.jpg
たまたま描いているところに出会いました。
e0351841_18090091.jpg
行くたびに違う絵が見られそうな。


このお店、ボクはアラジンの魔法のランプを連想してしまいました。
e0351841_18112339.jpg
カフェらしい。

この通りのレストランは、見た感触としては、いいお店を選ぶ難易度が高そうな気がしました。
何となくだけど、味のレベルと、店のこぎれいさというかセンスの良さのレベルが、リンクしてない気がする。
友人が、ランチするならヘイズバレーの方が無難だよ、というアドバイスをくれたのは納得です。

寒いの?
e0351841_18121557.jpg
うさぎの頭部と腕のギャップが激しすぎ。


今回はヘイトストリートとStanyan St.のクロスする地点(ホールフーズが目印です、Stanyanから西はゴールデンゲートパーク)から東に歩いて
e0351841_18044305.jpg
右中央辺りの看板に書いてあるMasonicって通りとクロスするところまで散策しました。
ここから東は住宅街で、お店があるって感じじゃなさそう。

なんか、東の海岸線の観光地とは全然違う雰囲気のところに来たなって感じでした。
観光客もあんまりいなくて、観光バスで通っておしまい、の人が多いんじゃないかという通り。
各店舗も採算が取れてるのだろうか?とちょっと心配になる感じでしたが、日本でも代官山に平日の午前中行ったら同じことか、と勝手に納得。

一般的なお土産はありませんが、個性的なモノを探すならいいかも。
ただ、買い物の難易度は高め、という気がします、短時間でちゃっと買い物したい方にはお勧めできません。
街の雰囲気を楽しむ、という方がメインかな。

ボクのおススメは、突き出した足の下を通ること(笑)、ハイヒールがリアルに落ちてきそうですよ~😝


【公共交通機関での行き方】
中心部から行く場合:Powel駅からmuniバスの6番、7番、7R番(Rはrapid、快速)に乗って西へ向かい、ヘイトストリートとCole St.のクロスするところかその近辺で下車。
Powel駅周辺には停留所がいろいろあるので、自分の乗りたいバスの番号がちゃんと書いてあるか確認しましょう、はい、待ちぼうけしたのはボクです。

今回ボクは科学アカデミーから、東に戻る形で行きましたので
アカデミーから北に歩いてFulton St.まで出て、5番のバスで東に向かい
→Stanyan St.とクロスするところで下車したかったんだけどバス停がなくてShrader St.まで連れていかれ
→歩いて1ブロック戻り
→Stanyanを南下する33番のバスに乗って、ヘイトストリートとクロスするところで下車、ホールフーズ目印、でした。

サンフランシスコのバス停は、2ブロックごとにあることが多いので、多少ずれても簡単に戻れるのがよいところ。
バス停の名前も、基本的にはクロスする道の名前なので、地図とにらめっこしてると、自分がどこにいるかわかります。

先ほど乗ってた33番のバスは、この後ヘイトストリートを西に行って、Ashbury St.とクロスする地点で右に曲がって南下します。
再びこの33番に乗ると、ミッション地区に乗り換えなしでたどり着けるので便利です。

今回はヘイズストリートとAshbury St.アシュベリーストリート(先ほど歩いた東の端Masonic St.から1ブロック戻る)の交差するところから南に1ブロック歩き、アシュベリーストリートがWaller St.と交差する地点から33番のバスに再び乗ったのですが
e0351841_18143562.jpg
なにこの腐りかけた電柱に書いてあるバス停…

これでも、電柱表示があるだけマシなのですが、muniバスにお乗りの際は、時折バス停がたいそう発見しづらいですので、お気をつけてお出かけください。

ご覧いただきありがとうございます!コメント、突っ込み、お気軽にどうぞ。

[PR]
# by koguren | 2017-04-23 09:42 | サンフランシスコ | Comments(0)

カタカナ単語と英語のニュアンスの違い

日本人は近年つとに日本語に訳さなくなったなー、と思います。
特に、IT関係の人。

「まぁその手のことはアサインされたらやるけど」って友人が口走った時には、アサインってなんじゃい?スーパーフードか?(←それはアサイーだ!)とマジで思ったほど。
assign:割り当てること。
assignment:割り当て、課題。

「あそこの会社はよくオーガナイズされてるから」って、健康にいいってこと?(←それはオーガニックだ!)
organize:組織すること、計画すること。

ボクの英語のダメっぷりも露呈しまくりですが、カタカナ言葉が会話の中に増えてきてるのは事実だと思います。
そのおかげで、すべて漢字に当てはめる中国人より、英単語への導入がスムーズなのかも。

一長一短ありますが、時代の流れなのでしょう。

逆に、日本でなじみのあるカタカナ言葉と、英単語の元の意味との間に、ニュアンスの違いがあって戸惑うことも。

ボクが最初にあれっ?って思ったのは、ビューティフルだったと思います。
日本だと、女の人が美しいとか、景色が美しいとかだと思うのですが、こちらではもう少し広く使われているような。
例えば、授業中に答えが正解だったら「ビューティフル!」
いいアイデアが出ると「ビューティフル!」
字がきれいなのも「ビューティフル!」
いろんな場面で出てきました。

これと似た感じのがパーフェクト。
日本では、完璧!ってニュアンスだと思うのですが、こっちでは、わかったよ、いいね、程度のニュアンスでも使われてる気がします。
ボランティアに行って、来週これないから再来週来るね、と言ったら「パーフェクト」。
明日クラス分けテスト受けに行くんだ、と言ったら「パーフェクト」。
最初の頃は、えーなにが完璧なん?と思ったものでした。

あと、学校でよく出てくるクイズは、日本でいう小テストの意味みたいです。

日本ではハンドアウトを配る、と言ってる気がしますが、hand outで「配る」という動詞、なので直訳すると「配るという行為を配る」ということになる⁈

ジョブのクラスでレジュメを作成するって授業がありましたが、これは履歴書のこと。

おやつの時間に出てくるスナックは、日本でいうスナック菓子だけじゃなくて、こっちの人がよくかじってるリンゴやバナナ、チーズなどもまとめてスナックというらしい。

等々、長く使われているカタカナ言葉は、日本ナイズされているものもままあります。

先日のカレッジの課題も、この問題にぶち当たりました。

なにやら長々書かれたプリントが配られて、大事なところにアンダーライン(←これは日本語と同じニュアンスでOK)を引いて、裏に他人がわかるようにレシピを書け、というもの。

は?何のレシピ???
食べ物の話なんて出てきてないけど…

スルーしようとしたら、次回提出だっていうので、これまた迷惑かけまくりで後ろのお姉さんに聞いてみました。
何すんの?って、ひどい質問…

すごくいい人で、丁寧に説明してくれたのですが、やっぱりレシピの意味が分かんないんだよね。
で、何度も、レシピ?what?レシピ?って聞いてたら、ウルトラCな説明が飛び出しました。

他の人があなたのレシピを読んで、あなたが線を引いたのと同じところに線を引けるように、線を引く場所を選んだ理由を詳しく書けってことよ!

な~~~る!!レシピって、そういう意味だったのか。
改めてrecipiって辞書を引いたら、もちろん調理法って意味もあるのですが、他に「秘訣、秘伝」って意味も書いてありました。
まぁ秘伝ってよりは、手順書、覚書、みたいなニュアンスだと思うけど。

いーや、むずい、英語。
やっぱ中国語の方が、字のニュアンスはそんなに変わらないので、入りやすいと思うなぁ…

そんなんで課題の意味は分かったのですが、レシピの作文ができないよー(泣)。
提出できないのは申し訳ないので、がんばりまふ😆

P.S.
先日ブログ上でお伝えした4/19(水)12:10~のFBIプロファイラーの講演会ですが、場所がBuilding10 Room195に変更になっております。
また、ボクのような1科目受講者でも、Building 17の受付にてstudent IDを作れることが判明しました(情報提供ありがとうございます!)。すぐできますので、もし科目履修をされている方は是非どうぞ。

ご覧いただきありがとうございます!コメント、突っ込み、お気軽にどうぞ。

[PR]
# by koguren | 2017-04-19 15:19 | Comments(2)